Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

よみがえれ!シーボルトの日本博物館@国立民族学博物館

20170819_2


行ってきました。暑かった。
目的は昨年の丁度今頃に書いたシーボルト事件の切欠になった地図の写し。
思っていたよりも小さかったです。
「カナ書き伊能特別小図」だけに。100×80cmくらいしかなかったと思う。

会場にあった解説から総合して 察 す る に

書物奉行兼天文方であった高橋景保がシーボルトに渡すために「カナ書き伊能特別小図」という小地図を作ったようです。
そしてこれはシーボルト事件に際して幕府に没収され、現在国会図書館が所蔵している。
今回展示のものはシーボルト子孫宅から発見されたもの。
この地図がシーボルト側から見つかったことによりシーボルト事件を起こすことになった伊能図が「カナ書き伊能特別小図」であったことが実証された

…ということらしい。

解説が分かりにくくて、何回か読み直したのだけれどイマイチ意味が…。
没収された地図が国会図にあるのは分かるけど、いきなりシーボルト子孫に話が飛んでいるので繋がりが分からんのだが。
没収される前に写しを取っていて海外に送り出した、とか、
国会図書館所蔵の地図と酷似している、とかの一文がいるだろう。
解説を書いた人は勿論分かっていて飛ばしているのだろうけど、ちょっと不親切だなと思いました…

ただ来ていた展示物は結構面白かったです。
展覧会名の通りで、シーボルトの”日本博物館”の再現がテーマでした。
よくここまで保存状態良く残してきたな、というのが大きな驚き。
本当にきれいで驚いた。

うわ、と思ったのはシーボルトの娘いねちゃんの螺鈿合子の絵の原画と思われるものが来ていたこと!
螺鈿合子の方は長崎のシーボルト記念館で見たので、色々感慨がわくものでありました。
しかもドイツから来ている…
シーボルトが瀧とイネに宛てた日本語の直筆と考えられる書簡も展示されており、離日時は本当に言葉に尽くし難かったろうと思います。

あと川原慶賀の絵が結構展示されておりました。
先日神戸でも高嶋秋帆の徳丸ヶ原の絵を見たところで、なんか長崎づいてるな(笑

しかしシーボルトが収集した博物学と言うに相応しい資料の広範さには驚きました。
これに鳴滝塾でも超優秀な塾生たちがかなりあくどいな…と思われる方法で協力させられていたのねw(こらこら




民博は万博記念公園の敷地内にありますん。


20170819_1 


まあぼちぼち太陽の塔なんかも見つつ…


20170819_3


裏も見つつ…

ここにに来るのはあと何年後だろう(今回が10年以上振り位だったもので)とも思ったので、昨年出来たばかりのニフレルにも立寄りました。
水族館にひとりで行くなんて(爆笑
だってシーボルトとか幣原喜重郎の史跡見に行くのに付き合ってくれる人いない。笑


20170819_4


水族館だけどホワイトタイガーがいるん。


20170819_5


ワニがボンヤリ立ってたり。
そんなに混んでもいなかったので、ふらふら魚見ていい感じに涼んでエキスポシティでパフェ食べて帰ってきた。笑

幣原喜重郎関係はまた後日書きます。

「開国への潮流-開港前夜の兵庫と神戸」展@神戸市立博物館

20170812


神戸市立博物館に行ってきました。
今年が神戸開港150年ということでの記念行事の一貫。

長崎海軍伝習所絵図が見たくて、ほぼそれが目的であったのですが、思いの外色々なものが展示されていました。
天保の改革に関係する資料なんかも結構来ていて驚いた。

林子平(string#2-3)の『海国兵談』と『三国通覧図説』が来ていました。
後者は見るの初めてかな?前者は江田島の教育参考館で見た覚えがある。
砲術家高島秋帆関係の資料も6・7点来ていました。
うわー!徳丸原の演習図が来ている!
臼砲と野戦砲のミニチュアも来ていて、これ重要文化財だったのですね。

見ていると韮山と佐賀から結構色々と来ていたようです。
韮山=韮山代官であった江川太郎左衛門(英龍)の史料ですね。
関西で見ることはまずないのでこれは嬉しい。

韮山反射炉(先年世界遺産になりました)の古写真や反射炉が作成されていた際の日記が出ていました。
「反射炉御取建日記」というもので、さらっと見ただけですが、解説には
江川急逝後、佐賀藩に頼んで反射炉建造の専門家を派遣してもらった
とあり、そうだったんだと。

あの辺りの開明派の人々が早く亡くなるのは、見ていて悲しくなる。
江川太郎左衛門、阿部正弘、島津斉彬辺りが長生きして、また天保の改革の軍事部門だけでも順調に進んでいたら、その後の日本史は大分変っていたのではないかと思います。
たらればで歴史を語ることは禁物ですが、やっぱりそう思うよねえ…

この辺りの話は「string」の連載でかなり書いていますので、よろしければ参考までに。


そして並行して「絵画と古地図で読み解く日欧交流」展も開かれていたのですが、織田信長像が出ていました。久々かな?
修理後初公開とありました。修復されとったんか。
またこの展示場では、三脚を使ったりフラッシュを焚かなければ写真OKって。


20170812_3 


国から重要文化財指定されている信長像。
死後1年位の作だそうで、一番似てるのこれじゃね?という感じらしい。

そしてこれまた久々に見たのは、


20170812_2


ザビエルー。
教科書に載っているあれって、神戸市の所蔵なんだぞう。
神戸は南蛮美術(紅毛美術)品をかなり持っています。すごいのよ。
さくっと教科書に載っているようなものが結構ある。
(興味がある方は昔のブログをどうぞ)

ザビエルは、いつもはレプリカ展示ですが、今回は今月20日まで実物が出ています。
昔のブログを見たら前回展示が2012年だったので5年ぶりか。
大体このぐらいのスパンでしか出てこないので、興味のある方は見に行ったらいいかも。
意外と大きいよ。

そして私はドリフターズのおかげでほぼ徹夜でもう倒れそうに眠い。(21時40分
今日のブログ書きながらもう意識が飛んで朦朧としております。
という訳でもう寝る。笑

つれづれ

2017514


皇国の興廃なうって見えて思わず笑ったんだけどよく見たら皇国の興廃を担うだった加藤友三郎の伝記小説。


東郷吉太郎が蔚山沖海戦の批判じみたことを上村彦之丞に面と向かって言って(何たるつわもの)めっちゃ怒鳴られた話があるのだけれど、それをどこで見たのかがどうしても思い出せんのだー
今書いてる事に関係あるかと言ったら別にないのだけど(ないんか)、気になって気になってしょうがない。探しても探しても出てこない。
誰か分かる人おる…? (´;ω;`)


しかし久しぶりにあれこれ見るものが多くて楽しいです。
忘れている事が大変多いのが我ながら残念過ぎる。笑
あー…ごんべさん好きやわー…(上村どうした
改めて伝記類を読んでいてふと思ったのだけれど山本権兵衛ってとても几帳面な人なのだけど、几帳面というより一種の潔癖症やったんと違うかな。
剃刀か鉈かでいうと鉈の方だと思うのだけれど、両刃で鉈と剃刀ではという感じがする。
分かりにくい例えだな。


昨日天満の古書店を覗いたら『残花一輪』を見つけて驚いた。
熱血秘史のシリーズではない元の本。おー…
『残花一輪』と書いてすぐ分かるのはMVさんおひとりのような気がしますが、「海軍の本より~『追悼山本五十六』と『残花一輪』より」で触れています。
著者は山本五十六の1期先輩にあたる人物です。
500円と安かったし写真版もあったので買おうかどうしようか迷ったのだけれど、あっても読まないだろうなあと。
というか本を買う前に積読を消化しろという話ですわ…

山路一善の本

梅田に行ってきた。
キタの方はここ数年で本当に激変しましたな。
古本屋街が以前より便利な所に移動しており、更に駅チカになったので私にとっては大変キケンな場所に…
吸い込まれるように入ってしまう^^;


20170505_3


そして吸い込まれるように店に入った結果がこれである。
山路一善だーと思って手に取る。
『禅の応用』しか知らんかったわー

山路は秋山真之と同郷で同期17期、山本権兵衛の娘婿になります。
私としては山路は皮肉屋の印象が強い人物。
そしてこの人は何故山本の次女と結婚したのか、昔からの謎だったりする。

見ている限りでは山本に対してはそうでもないが(書き方からすると恐らく尊敬していたと思われる)、財部彪に対しては酷い。笑
この人の財部への風当たりの強さは知っていたのだけれど、やっぱりすごい…^^;
合う合わないで言ったら合わない人だったんだろうとしか言いようが。


山路、財部日記にも名前が見えているのですね。
親戚だしね(財部妻の妹が山路の妻)。
財部の悪口を言うけど、財部日記見とったらあーた酒乱の如く酔っ払って来客中の財部宅に押し掛けた挙句来客にまで迷惑掛けるとかしとるやんか。
海軍に長州人台頭の動きがとか、あれは薩摩の妨げになりそうとか、そんな話を財部にしに来とるやんか。笑

本の出版は昭和34年。
え?と思ったけれど、没年は更に4年後の38年。
うわーうわー。山路明治2年の生まれよ!(94才)

財部は昭和24年に亡くなっています。
というか、この出版当時、山路の先輩と同世代の多くは亡くなっているだろうよ。
明治10年生まれの山梨勝之進(海兵25期)なんかは昭和42年90才で亡くなっていますが、まあこの世代では長生きしてギリギリこれぐらいじゃないかなあ。

要するにだな、ちょっと死人に口なしじゃね?と思う所も、後からなら何とでも言えるわな…と思う所もあるんですん。笑


久々に行った古本屋だったのですが、上から下までなめる様にして見たわ(笑)
昭和8年出版の『秋山真之』なんかもありましたが、日露戦争・大正辺りの人物の伝記はネットで読めるものも結構あるの昔ほどの食い付きはない。
あ、でもこれ欲しいなと思うものはちらほらあり、その都度今必要?図書館にあるんじゃない?の反復である。笑
水野広徳の伝記や『此の一戦』『次の一戦』あたりもあり、こういうのを見ると誰か纏めて処分したのかと。纏めて入って纏めて出て行く感じか(笑)

「芳年」展@京都

食あたりの記事のままですが生きております。
ちょっとあれこれ落ち着いてきた。


IMG_3906_R.jpg 


今日は朝一で京都へ行ってきました。


IMG_3916_R.jpg


京都駅と繋がっている伊勢丹の中に美術館がありまして、そこで月岡芳年展が開催されていることを昨日知ったのであった…(会期明日まで)
130点程が展示されていたようなのですが、これだけの数を一度に見るのが初めてだったのでこれは嬉しかった。
わーい、全部芳年だー…

あ、これ芳年だったんだと思うものが結構ありました。


IMG_3913.jpg


これとか。
前列右から東伏見宮、三好重臣、西郷隆盛、山縣有朋。
後列右から福原和勝、鳥尾小弥太、川路利良。


「英名二十八衆句」という「無惨絵」といわれる流血ものがあるのですが、それも数が出ていて驚きだった。
美術品と言っても展示しづらい物が多いと思うんですわ。
人の顔面の皮を剥いでいる真っ最中の血みどろになっている姿とか、切腹して腸が出ているとか。
私、芳年の入り口になったのがこのシリーズと安達ケ原の鬼婆なんですよ。
これはちょっと子供には見せられん…
(流石に注意書きがあり、コーナーには仕切りがされておりました)

特に後者は余りにリアルで宜しくないとして、明治政府から発禁処分を受けている。
そこで「明治で浮世絵かあ」と思ったのが始まり。
いや、西南、日清、日露戦争物も浮世絵には沢山あるのですけどね…
広瀬武夫さんのもあるのですけどね…
何となく江戸時代で終わってしまう印象が強かったのだよ明智くん。

気になる方は「奥州安達がはらひとつ家の図」でググれば出てきますのでどうぞ。
これはそこまでエキセントリックではないと思うのですが、苦手な方もいると思うので自己責任でお願いします。

あと面白いなと思ったのは、芳年の鉛筆画の素描が出ていたこと!
すごいなあ、よく残ってたなあ…
大変見応えのある展覧会でした。行って良かった。


IMG_3914.jpg
京都駅~伊勢丹の大階段


そして京都まで行って京都駅から一歩も出ずに、帰途の大阪をぶらぶらしてきたのですよ。
あらま。
京都、人多くてしんどい。


IMG_3900_R.jpg


今年は桜を長く楽しめました。
天気があまり良くなかったのが残念だったな~

ブログ不在は6連勤が続いていて流石にしんどいというのもあったのですが、新年度会という名のご飯会があったり、あと部屋の片付けをしていたり。

新年度会はフレンチだったのですが、大変おいしかったです。
某世界的時計ブランド創業者来日の際のご指名オーナーシェフのお店でフレンチ…しかも芦屋…
お財布的に怖すぎる。笑
しかしお支払の準備をしていたのにご馳走になってしまったのでした。
おいしかった…

片付けの方はあれを処分しこれを処分し。


IMG_3879_R.jpg


あまり触らない本をベッド下に仕舞うためにベッド下の掃除から始めなければならないという。
この際なので不要の本や漫画も処分したのですが、やっぱり捨てられないものが結構あるのだよー
そして漫画は片付けている最中に読んでしまう。終わるかい。笑

撓んでいた本棚の板も新調して、ついでに仕切り数も増やして…
とあれこれしてしたら、本棚周りが思いの外きれいになって私は大変満足です(感想文か
周囲が綺麗だと気持ちもシャンとします。
環境って大事ですね。

ぼちぼちこれから更新していくつもりでおりますので、どうぞ宜しくお付き合いくださいませ。
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)