Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

ふりさけ見れば春日なる

去年12月に向井弥一のご子孫様から更に写真を頂いてしまった。
向井弥一のポートレートと、艤装中の戦艦三笠、三笠上甲板での回航員たちの集合写真。
去年はクリスマスプレゼントを頂きまくったような気がします。
後半は毎月が12月でした .:*・゜ ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 (こんな感じだった。笑)
誕生月なのですごく嬉しかった。

回航員の集合写真はどこかで見たことがるような気がするんだなあ。
どこで見たんだろう。
似た写真をそう勘違いしているだけなのか、よく分からない。山梨勝之進の遺芳録かなあ…
しかしひとりで写っている礼服姿のピシッとした向井が大変カッコ良い。
明治32年とか3年とか4年とかその辺りなので32歳とか3歳とか4歳なのだけれど、結構な髭が貯えられていても全然不自然じゃない不思議…
様になっていて格好いいんだよね。うん。カッコいい。カッコいいぞ向井^^


三笠での写真と言えば2葉探している写真がありまして。
探しているというか持っているのですが。
『坂の上の雲』がドラマ放映されていた頃に記念艦みかさでその関連で特別展が開かれた際に出ていた写真なので、ご覧になった方も多くいると思います。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141218.jpg


一部だけ。
秋山真之と広瀬武夫がワンフレームにいる写真。
広瀬がロシアにいた頃、軍事視察のため英仏独3ヶ国を旅行しますが、途中イギリスで秋山と合流しています。
これはイギリス、建造中の三笠を見学した時の写真で、上村彦之丞(朝日回航委員長)や釜屋忠道(11期)、臼井兼太郎(15期)、黒井悌次郎(12期)等も写っています。
同時に撮られた写真の一部がこちら。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141218_2.jpg


広瀬と秋山が一緒に写っているのが嬉しくて、写真用紙に印刷して部屋に張っている。笑
写真の持ち主が白井頼吉という造船士官で(多分他の人にも配られてるだろうけど)、この方の遺品に含まれているということは分かっているのだけれど何を見たらこの写真を確認できるのかが分からない。
数年前からちょこちょこ気が付いた時に調べてはいるのだけれど、どうも分からないんだよねえ。
記念艦みかさに聞いたら教えてくれるんだろうか。


広瀬の当時の行動を見ると、明治33年、

4/23 ロンドンから北イギリス(ニューカッスル)ヘ出発
    ・上村彦之丞、黒井悌次郎とアームストロング社来訪。初瀬、出雲、磐手を見学
    ・ニューカッスルで秋山真之、釜屋忠道と合流、エジンバラ、グラスゴー、バロー・イン・ファーネス等を共に視察
4/28 グレンジ(湯治場)止宿(ヴィッカース・アームストロング社バロー造船所へ向かう途中)
    ・白井頼吉、臼井兼太郎も一向に参加

出てくる名前と写っている人、合致してますね。
戦艦三笠はバロー・イン・ファーネス市にあるヴィッカース・アームストロング社のバロー造船所で製造されました。
5月2日にはロンドンに戻ってきているので、撮影時期は4月29日~5月1日の間だと思います。
4月末だろう。

そこから秋山と一緒にフランスに渡り、ドイツに出かけて別れています。
当時はフランスにもこのブログで名前が出てくる人が滞在していまして、駐在武官であった伊東義五郎、駐在員であった森山慶三郎、またイギリス駐在員であった山本英輔も旅行中でフランスにいた。
そういった人たちと一緒に視察に出て、みんなで寄せ書きして広瀬勝比古に葉書を送っています。
「将来は皆アドミラルになる豪傑たちの自筆なので大切にしてください」
という広瀬のコメント付き。


広瀬武夫、秋山真之


この葉書は去年末に放送されていた「滝廉太郎と廣瀬武夫」でも紹介されていました。


続きます


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっと。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました!
関連記事

堀悌吉、山本五十六、マリる。

(題w)

前回上げた系図ですが、あれを作るために借りた四竈孝輔の『侍従武官日記』。
中を見てみると向井弥一と侍従武官であった時期がほぼ重なっていることに気付き、とりあえず初めから読むことに。
結果としては結構面白かった。
堀悌吉と山本五十六の出現率半端ない。笑

堀と山本の仲人が四竈孝輔になります。
堀は初婚も再婚も四竈の世話になっている。


//blog-imgs-63-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20140809.jpg


大正7年5月25日条。


堀悌吉君、山口千代子嬢と目出度結婚の式を挙ぐ。
正媒酌人として式に列す。(<略>)

午後三時半堀君幷に夫婦にて自宅出発。水交社に赴き百般の準備を為す。
中庭にて新夫婦の撮影(<略>)、


//blog-imgs-63-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_08090204.jpg


午後五時挙式。
副媒酌細川源三郎君夫婦と共に媒酌の大役を務む。但し何等の面倒なく万事水嶋氏斡旋に従ふのみ。

午後六時半より小食堂に披露の宴あり。
来会者主客合わせて三十四名なり。
正媒酌の故を以て着席後直に本日の祝辞を述べ、山口与三郎氏続て主人側として挨拶を為す。
三鞭酒に及んで広瀬海軍少将、本日の来賓総代として立って礼辞幷祝辞を述ぶ。

食事終り別席に於て余興長唄(<略>)の演奏あり。極めて座興に適す。
午後九時解散。

客人其の他全部を見送りたる後、堀夫婦と共に自動車にて堀邸(青山高樹町十二番地寓居)に赴き、新郎新婦の更衣を見届け、午後十一時帰宅す。
首尾能く本日の式典を結了す。



文中、三鞭酒とあるのはシャンパンの事です。
広瀬海軍少将…
もしかして勝比古さんか!と息巻いたのだけど(笑)、当時既に予備役。
広瀬姓で少将の方を調べたら広瀬勝比古の他に広瀬順太郎、広瀬弘毅のふたりがいたのだけれど、彼らも既に予備役である…
誰か分からん。


そして堀が式を挙げた直後の同年6月10日条の日記に山本に縁談が出てきます。


横須賀武田君夫人より三橋礼子嬢の写真を送り来る。
礼子嬢は水野礼司君の従妹にて、山本五十六君の配偶に如何ならんとの話起こりたればなり。<略>
夜に入り山本、堀両君の来遊を需め、朝到来の写真に就いて相談を為す。
進捗の模様あり。


薦めてきたのが堀であったから山本は話を受けたみたい。
本当に大親友である。
15日に堀が山本の釣書きを届けてきたので会津若松の三橋家に送付を水野氏に頼み、30日に山本が会津行き。話本決まり。
で、翌7月28日に山本が郡山まで新婦を迎えに行き、翌月8月31日に挙式。
早い…この時代はこんなもんだったのか。



山本五十六君の婚儀幷に披露宴を築地水交社にて挙ぐ。
午後三時より三橋夫人、礼子嬢及び夫婦にて水交社に赴き、三時半前庭にて新婚夫婦幷に式典列席親族一同の写真撮影。


//blog-imgs-63-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_08090205.jpg


午後四時五十分永嶋式にて挙式。
約四十分にて本日の慶典を終る。
午後六時半より披露宴あり。
山本君は昨年旧長岡藩の名家山本家(<略>)を相続したるの故を以て、本日山本家側の来賓としては牧野子爵及び山本帯刀氏戦没当時其の従者たりし渡辺法学士等を始め高野家の主なる一族出席。
三橋家よりは湯野川、音川、宮嶋、黒井等出席す。


ここで前作った系図が活躍する。笑

//blog-imgs-63-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/kakeizu_kaigun.jpg


黒井って黒井悌次郎じゃないの?


山本五十六は新居を青山高樹町に構える訳ですが、堀悌吉の新居も青山高樹町な訳です。
更に四竈孝輔の家も近所だったようです。

『父山本五十六』(山本義正/恒文社/2001)には、会津から出てきた礼子さんを気遣って仲人の四竈家の側に、とあります。
四竈の家も、堀の家も近かったからだろうと思われます。
奥さん同士もすごく仲良かったみたい。

四竈の日記を見ていると、堀、山本はこの当時頻繁に四竈家に出入りしています。
四竈は当時侍従武官で、基本的には宮城勤務、東京勤務なのですが、天皇の代理として出張が多い。
東京から遠方の地方に出かけることもあり、また数か月海外に出かけることもあり。

見ていると当時まだ揺籃期であった飛行機の墜落事故の状況確認等に行くという話が頻繁に出てくる。
主の留守宅は用心が悪いと、堀と山本が用心棒がてら四竈の家に顔を出していたということもあったみたいですな。
(当時海軍軍人の留守宅を狙った窃盗が流行っていたそうです)


で、そんなこんなの時に四竈さんちで
「今度海軍でボーナスが出る」
と堀と山本が話したのですが、前例がなかった為四竈の奥さん・竹子さんが信用せず、
「本当に出たら1割上げる」
と返した所本当にボーナスが出てしまい(…)、その1割を渡す結果となった。

ただふたりが帰った後に、頼んでもいない茶箪笥が送られてきたそうで。
運んできた人に仔細を尋ねると
「今しがた男性ふたりが茶箪笥を買い上げて、こちらにお届けしろと」
渡したボーナスが茶箪笥になって帰ってきたという話があります。

この話が四竈の日記にあってちょっと驚いたんだ…


夜堀、山本両君来遊につき兼て約束の年末賞与の内一割五分を提出す。
両君午後打揃い辞去されしが暫くありて立派なる茶箪笥一台霞町の道具屋より届け来る。
兼て我が家の茶箪笥破損し居りたるを知られたればなり。

年末賞与として海軍高等武官一般に一ヶ月分俸給を給与せらる。
物価騰貴の此際有難き仕合なり。

(大正7年12月17日条)


別に作り話だとか、そういうことは思ってなかったけど、実際に史料で見つけると嬉しくなってしまう。笑


***

台風、なんだかエラいことに…
今日帰ってくる筈だった人が途中で帰ってこれずに三重(よりによって三重…)のどこかの体育館でお泊りになったのだけれど、
私の地元は昼過ぎに雨が上がってそのままである(※大雨洪水暴風高潮警報出たまんま)。
こういう時、神戸と大阪でじゃんじゃん雨降ってても地元晴れとか曇り空とかがざらにあるので、いつもの通りと言えばいつもの通り。

でも地元、避難準備しなさいっていうのがでかでかとヤフーに出てるんだけど…^^;
大分北部で、やっぱり地元はあまり関係ない。
というか雨すら降ってないという地元クオリティ。
皆さんお気を付け下さい。


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 


ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございます!
拍手してくださった方もありがとうございました。
関連記事

Naval Tribe

(誰も待ってない気がするけど)お待たせしました。

頑張りました。


以前分からなかった所と間違いを修正しました。
兄弟姉妹については最低限しか記していません。

http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/kakeizu_kaigun.jpg


参考文献は『海軍王国の誕生』(松野良寅/我妻榮記念館/1997)と『侍従武官日記』(四竃孝輔/芙蓉書房/1980)。
主として前者。

前者と後者で系図に違いがありまして。
前者は上から3段目忠直と4段目のやよ女が親子だけど、後者では兄弟になっている。
私ではちょっと分からんなあ…
山形県米沢出身の人々が主になっている系図で、前者は出版が地元米沢の記念館なのでこちらを採用。


『海軍王国の誕生』を読んでて驚いたのだけれど、山下源太郎と平田東助が親戚だった。
そして平田東助の甥が伊東忠太。
平安神宮、明治神宮、築地本願寺の設計をした建築家。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/201489.jpg


山縣有朋の小田原の別荘・古稀庵の設計もしている。
古稀庵の建物は関東大震災後に茨城県矢板に移されてます。(上写真)

平田東助の妻が山縣有朋の姪なんだよね。
平田とはあまり仲がいい訳ではなかったみたいですが、そういう関係もあったのかしら…
(※平田はばりばり山縣派。このブログでも名前だけは既出。伊東巳代治3


あとよく分からなかった黒井悌次郎のラインが繋がりました。
こう見たら山本五十六、妻・礼子の親族からの広がりが半端ない^^;

妻の従兄弟の父が山下源太郎、その義兄弟に上泉徳弥、山中柴吉、四竃孝輔。
その四竃の義甥に山口多聞、奥宮正武。
妻の伯父の義兄が黒井悌次郎。

う~ん。
綺羅星の如き親族ですなあ…^^;

短いけど今日はここまで~
眠い!

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
励みになります!
関連記事

Here I am(5) 日露戦争直前集合写真


内容はサイトに移行しました

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございます!
関連記事

海軍兵学校15期!(8) 海軍的華麗なる一族

*****

この話は8回シリーズです。
追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。
題は 「We are!」 に変えています。

*****


題(笑)

海軍兵学校15期、続き!

石川寿次郎


長兄が石川伍一、弟に石川漣平陸軍中将、甥に石川達三がいます。
石川達三、あの作家の石川達三です。
『生きてゐる兵隊』で国語の便覧に載ってますな。

作家か。
何か書き残していないかと自伝を読んだのだけれど、達三が生まれて間もなく石川寿次郎が亡くなっているので、全然面識はなかった。
達三の父が教師であちこち転勤していまして、その一時的な家として石川寿次郎の家に住んだという記述だけがありました。
その時にはすでに寿次郎は亡くなっており、空き家になっていたとのこと。(『私ひとりの私』)
石川寿次郎の没年は明治39年、公務中に乗り組んでいた厳島で亡くなっている。

兄弟の中で一番有名なのは恐らく石川伍一で、この人は日清戦争の前から清国で海軍の諜報活動をしていた。
戦争が始まると周囲から帰国を勧められたのだけれどそれを断り活動を続行、その内清国側に捕まりまして、銃殺されています。



あと面白いな~と思ったのは、平原文三郎という人物。
ハンモックナンバーは79!(笑)
分かっている段階では最終ランクが中佐、大正6年には南洋、オランダ領のとある島に移住しています。
中佐だったら、日露戦争終わってすぐ位に海軍辞めたのかな…

移住して何をしていたかと言うと、フルーツと天然ゴムの栽培をしていた。
農場経営をしていたんじゃないかと思う。
いやー…一体どういう経緯だったんでしょうね。笑
小杉辰三の方なら、まだ納得するんですけど、平原の場合は海軍と隔たり過ぎてる気が…^^;
ゴムだけならそうかなと思わん気もないけどフルーツて。


小杉辰三の兄が、北海道開拓に関わった後台湾に移住してるんですよ。
その後厦門に移り、そこから家族に「1・2週間程出かけてくる」と言ったきり帰ってこなかった。
東南アジアを転々として、最終的にはパプアニューギニアに住んでいたようです。
待てども帰ってこないので家族は日本に引き上げてしまった。
で、結局小杉兄が帰ってきたのがン十年後…。

南方興進の為に活動していたようで、その援助を募るための帰国だった。
その時に弟が財部彪や竹下勇と同期であった誼から力添えをしてもらって、古い軍艦を貰うという所まで話が発展したらしい。(昭和7・8年)
ただこの兄が帰国中に風邪に罹って亡くなってしまい、その話はなくなったようです。
当時の新聞にそういうことが載っていた。
これってもしかして平原と面識あったんじゃないの?と思う訳です…^^;



華麗なる?一族というか、華麗なる?親族。海軍編。

山中柴吉


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_0709.gif

これは以前このブログで触れたことがありますね。
山下友彦は山下源太郎の養嗣子です。書き忘れました。

黒井悌次郎と山下源太郎のラインがどう繋がるのかがよく分からないのよ…
あと、どういう繋がりかが分からないけれど、山本五十六の妻方の親戚に南雲忠一がいるとのこと。
山本五十六のお孫さんがネット上のインタビューで仰っていました。

ちなみに山下源太郎は海兵10期、広瀬武夫の兄広瀬勝比古の同期で、仲が良かったそうですん。
一緒に写ってる写真が手元にある。

(訂正:山口多聞と奥宮正武の妻は四竈の兄の子です)
(加筆修正版はこちら



岡田啓介、向井弥一


系図的に更に難易度が上がるのがこちら!
ごめんね!これ以上小さく作れなかったの!

http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_0709_03.gif


個人的には

 こんな感じ。


日露戦争の際中堅以上で有名な方の名前に色を付けました。
立見尚文、鈴木貫太郎、岡田啓介、佐藤鉄太郎、小笠原長生、東郷平八郎、向井弥一、正木義太が親戚である!

訳分からん。


『佐藤鉄太郎海軍中将伝』(石川泰志/原書房/2000)の系図を参考にしました。
多分合ってると思うのだけど、ここまで入り組んで来ると正直自信がない!^^;
どっ、努力は認めてよね!(笑)
というか、佐藤伝も2か所、ケアレスミスがあるんよ…

向井弥一が繋がるというのは、数日前にご子孫様から教えて頂いたホットな情報です。
流石に驚きました…
藤江兄弟の姉妹が、向井の後妻さんだそうで。

兄の藤江逸志は機関科の将校で、栗田富太郎の同期になります。



今のところはこんな感じかな~…
他には旅順閉塞に参加した人(実施部隊・掩護部隊)も複数いますし、唐津の町長になった人もいる。
日本海海戦時、信濃丸の副長で金鵄勲章をもらった人もいます。
公家じゃないかと思う人がいるのだけど、ちょっとよく分からなかったり。

あともうひとり、なにー!と思った人がいるのだけれど、その人の事はついでではなくきちんと書きたいので、また後日ということで。
個人的には竹田市に寄稿してもいいネタだと思う。笑


とりあえず海兵15期!はこれでおしまい!
もう少し書きたいこともあるけれど、そんなに掘り下げても…という感じかな、と思わんでもない(笑)
そういう感じなので、折を見ておいおい書いて行こうかと思います。
個人的にほっこりするような話も、広瀬が絡んでいる話も結構あるんだぜ…

また15期関連で何か情報があったら教えてください。ぜひ。
広瀬絡みならなお歓迎(笑)

ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました^^


秋山の連載からほぼ連日更新で疲れたわ~


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

拍手&ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございます!
励みになります^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)