Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

阿南惟幾像@広瀬神社

8月22日、大分県竹田市の広瀬神社に建立されたばかりの阿南惟幾像。
7月の産経新聞(夕刊)にも結構大きな記事となって出ていました。

阿南自身は東京出身ですが父が竹田出身、阿南の本籍地も竹田にあったということで、竹田ゆかりの人物という扱いのようです。
細かい所はサイトの系図をご覧頂いたらいいのですが、広瀬神社の初代宮司を勤めた広瀬末人海軍中将の親戚でもある。
恐らくそうしたこともあり、阿南の顕彰碑も広瀬神社の境内にあったのだと思う。


阿南惟幾像


今年が戦後70年ということでの銅像建立であったようです。
阿南を顕彰するというのはこの方の立場からして、このご時世では中々難しい所があると思うのですよ。
といっても10年、15年ぐらい前と比べると隔世の感があるように思いますが(良くなっている)。
近現代は時代が近いだけあってまだ歴史的評価が揺れている所もあり、人物の評価が難しいからなあ…
ただ歴史や人物像を見直す切欠になったり、そういう風潮が強くなってきているというのは、歓迎すべきかな流れかなと。

そう言えば去年だったか、ちらと見たのですが、広瀬の銅像も移転問題が出ているというか…
その話が今どうなっているのかは知らないのですが。
要するに軍国主義の象徴を公共の場に云々とか、そういう声もあるということで。
まあ…色んな感じ方というか見方はあると思うのですが。
軍人というだけでそういう見方をされるのはちょっと切ないなあ。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)