Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

固め修めし大八洲(9)

戦艦八島の話、続き。

八島と初瀬が沈んだのは明治37年5月15日。
実はこの日、この2艦に先だって春日に衝突された巡洋艦吉野が沈んでいる。

前日14日には通報艦宮古が触雷で、翌日16日には赤城に衝突された砲艦大島が沈没。
翌々日17日には駆逐艦暁が触雷で沈没。
顔色を失うどころの騒ぎではなく、連合艦隊にとっては文字通り魔の5月、呪われた5月でした。


根拠地に着くと第1戦隊司令官であった梨羽時起、初瀬艦長中尾雄、八島艦長坂本一、敷島艦長寺垣猪三、龍田艦長釜屋忠道、笠置艦長井出麟六ら各艦長が東郷平八郎司令長官に報告をしに行っている。

三笠に行ったら舷門まで東郷長官が迎えに来てくれて、坂本は互いに手を握ってただ涙が出るばかりだったと回想しています。
長官室で報告に向かった艦長全員が号泣した。
泣くよりほか何も言葉がなかったと寺内猪三が言っていたけれど、本当にそうだったのだと思います。
連合艦隊は 5月15日だけで戦力の33%を失った。


全戦力の3割って。
こんなことになってしまって、これからどう戦えばいいのか。
そう思って泣く艦長たちに東郷は、御苦労だったねと一言、お茶を勧めたといいます。
すごいなこの人。素直にそう思う。
流石に薩英戦争からの猛者は違う。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0558.jpg


この東郷の態度が虚勢でも何でもなかったというのは、朝日に観戦武官として乗っていたイギリス海軍のペケナム大佐の言葉からもよく分かる。
全く平素のまま。
それを見た将卒たちがどれほど心を安んじたか。

伊藤正徳が「日本海軍は良い司令長官をもった」と書いているけれど、本当にそうだったのだと思います。
肝っ玉座り過ぎ。
総大将というのは本当に全軍の要なんですね…



初瀬は乗員の半数以上が亡くなりましたが、八島は幸いにもひとりの死者も怪我人もいなかった。
不要人員の退艦処置が早かったのと、艦の沈み方がゆっくりであったため。
ロシア海軍にも八島の沈没は認識されていなかったようで、とりあえず八島喪失は隠匿された。

日本国内の士気の事もあるし、公表して敵の士気を上げることもない。
それに公表は外債の募集にも大きく影響するだろうし。
3割減はやっぱり大きいわー 


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0514.jpg


ただそれで困ったのが八島の乗組員でした。
沈没が公表されたのが翌明治38(1905)年。
日本海海戦直後の5月31日だったので、その時まで八島は存在していることになっている。
勿論八島沈没は極秘事項なので、”八島”乗員は士官も兵員も全員内地との連絡を完全にシャットアウト。

そんな状態なので、内地から何にも取り寄せることもできない。
誰彼の私物もほぼ全部が海の藻屑になっており、必要なものは友人から分けてもらうとか、そういう事をしていたそうです。
兵員達が特に不便をしたそうで、誠に気の毒だったと坂本が話していた。



八島最後の艦長であった坂本一が八島の副長をしていた頃の話をこの連載の一番初めに書きました。
その次の次の副長が八代六郎。
山梨勝之進が八島で甲板士官をしていた頃、ハンモックから落ちたことがあったそうです。


八代六郎  山梨勝之進


その時に真っ先に駆けつけてきたのが八代副長。
そうして自分の子供を抱きかかえるようにして「大丈夫か」と気遣ってくれた。

ある時は買ってきた長靴を、
「履いたらサイズが合わないので君に上げるよ。捨てることもできないから」
初めから山梨に上げるつもりで買ってきている。
八代六郎はそういう人だったそうです。
情熱い、部下を可愛がる人だったみたい。
(ロシアであれだけ広瀬武夫の親身になって世話をしてやった様子が分かる気がします)


坂本と次の副長はやかまし型、八代は全幅の信頼を置いて何も聞かない副長。
八島の副長をひいて、人には色々ないき方がある、と山梨の漏らした感想が非常に印象に残っています。

八島と聞くと、雑多ながらばらばらっとこういう事を思い出す。


基本的に沈没した艦の名は縁起が悪いということで継承されません。
八島も初代艦のみ。
多くの人の思いと、多くの人の思い出と共に八島の名前も海に沈んでいった。



これにておしまい。

と書きたいところですが余滴があります。
(びっくりするほどいつも通りだな)


ブログランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

ふりさけ見れば春日なる

去年12月に向井弥一のご子孫様から更に写真を頂いてしまった。
向井弥一のポートレートと、艤装中の戦艦三笠、三笠上甲板での回航員たちの集合写真。
去年はクリスマスプレゼントを頂きまくったような気がします。
後半は毎月が12月でした .:*・゜ ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 (こんな感じだった。笑)
誕生月なのですごく嬉しかった。

回航員の集合写真はどこかで見たことがるような気がするんだなあ。
どこで見たんだろう。
似た写真をそう勘違いしているだけなのか、よく分からない。山梨勝之進の遺芳録かなあ…
しかしひとりで写っている礼服姿のピシッとした向井が大変カッコ良い。
明治32年とか3年とか4年とかその辺りなので32歳とか3歳とか4歳なのだけれど、結構な髭が貯えられていても全然不自然じゃない不思議…
様になっていて格好いいんだよね。うん。カッコいい。カッコいいぞ向井^^


三笠での写真と言えば2葉探している写真がありまして。
探しているというか持っているのですが。
『坂の上の雲』がドラマ放映されていた頃に記念艦みかさでその関連で特別展が開かれた際に出ていた写真なので、ご覧になった方も多くいると思います。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141218.jpg


一部だけ。
秋山真之と広瀬武夫がワンフレームにいる写真。
広瀬がロシアにいた頃、軍事視察のため英仏独3ヶ国を旅行しますが、途中イギリスで秋山と合流しています。
これはイギリス、建造中の三笠を見学した時の写真で、上村彦之丞(朝日回航委員長)や釜屋忠道(11期)、臼井兼太郎(15期)、黒井悌次郎(12期)等も写っています。
同時に撮られた写真の一部がこちら。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141218_2.jpg


広瀬と秋山が一緒に写っているのが嬉しくて、写真用紙に印刷して部屋に張っている。笑
写真の持ち主が白井頼吉という造船士官で(多分他の人にも配られてるだろうけど)、この方の遺品に含まれているということは分かっているのだけれど何を見たらこの写真を確認できるのかが分からない。
数年前からちょこちょこ気が付いた時に調べてはいるのだけれど、どうも分からないんだよねえ。
記念艦みかさに聞いたら教えてくれるんだろうか。


広瀬の当時の行動を見ると、明治33年、

4/23 ロンドンから北イギリス(ニューカッスル)ヘ出発
    ・上村彦之丞、黒井悌次郎とアームストロング社来訪。初瀬、出雲、磐手を見学
    ・ニューカッスルで秋山真之、釜屋忠道と合流、エジンバラ、グラスゴー、バロー・イン・ファーネス等を共に視察
4/28 グレンジ(湯治場)止宿(ヴィッカース・アームストロング社バロー造船所へ向かう途中)
    ・白井頼吉、臼井兼太郎も一向に参加

出てくる名前と写っている人、合致してますね。
戦艦三笠はバロー・イン・ファーネス市にあるヴィッカース・アームストロング社のバロー造船所で製造されました。
5月2日にはロンドンに戻ってきているので、撮影時期は4月29日~5月1日の間だと思います。
4月末だろう。

そこから秋山と一緒にフランスに渡り、ドイツに出かけて別れています。
当時はフランスにもこのブログで名前が出てくる人が滞在していまして、駐在武官であった伊東義五郎、駐在員であった森山慶三郎、またイギリス駐在員であった山本英輔も旅行中でフランスにいた。
そういった人たちと一緒に視察に出て、みんなで寄せ書きして広瀬勝比古に葉書を送っています。
「将来は皆アドミラルになる豪傑たちの自筆なので大切にしてください」
という広瀬のコメント付き。


広瀬武夫、秋山真之


この葉書は去年末に放送されていた「滝廉太郎と廣瀬武夫」でも紹介されていました。


続きます


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっと。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました!
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)