Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

意外感

先日パインこと横須賀の料亭「小松」の初代女将の自伝を読みまして(『山本小松刀自伝』)。
パインに関しては「海軍料亭小松」のキーワードでググっておくれ。
びっくりやけど2番目ぐらいに私の作ったページ出てくるわ。
(もしご覧になっていたらobjectさん、あの扁額の字、米内光政でした。口絵に写真が載ってた…)

パインに遊びに来た海軍士官の話なんかが出てきていて面白く読んでいたのですが、その中に野元綱明の話が出ていました。
この名前、もう結構出てきているのでそろそろ御馴染みかも?
海兵7期、同期に加藤友三郎、島村速雄、坂本一、伊地知彦次郎等がいます。





一条という海軍士官とパインによく遊びに来ていたそうです。
一条実輝で合っていると思うのだけど(※本にはちゃんと名前は出ていました)、今調べたら一条は14期なのですよ。
同期もしくは期が近いのかと思っていたのだけど、は、離れすぎている気が…
急に記憶に自信がなくなってきた^^;
やんごとない生まれで品があったと書かれていたので多分合ってると思うのですが。
(分かる人突っ込んでw)

ふたりともお酒に強くて、コマツさん、話し相手飲み相手として付き合っていて付き合いきれず寝てしまったりすることもあったらしい。
びっくりしたのだけれど、
「少しの間でいいのでお蒲団の裾に入れてください」
とか言って。
え、そんなんあり?いいの?(笑)
一緒の布団に寝かせてくれとかそういう事ですよねえ(笑)

そんな感じで3人で雑魚寝的なこともしていたようで、ある時コマツさんが起きたら野元綱明が妙に神妙な顔をして
「女将お前は昨夜大変な寝言を言った」
とか言ってさー
中々教えてくれなくてヤキモキしていたら、一条さんが助け船を出してくれ、
「芸者の○○○(文言忘れた)とはどういうことか、スイカが80銭とは1個の代金かそれとも半分か」
そういうことを聞かれた。

とにかくお商売に関することを寝言(大声)で言っていたらしい。
それはこうこうと説明して笑いあったという他愛もない話ですが、何という明治の長閑さ。

個人的に野元は余りいい印象がないのです。
広瀬武夫や米内光政の上司であったことがあり、しかもふたりともウマが合わなかったようで。
米内に関しては関係者の伝記にさえ米内が嫌われていたことがはっきり書かれているしなあ…
そんな感じであったので、少しでもいい感じの印象が持てて良かったです。
そりゃあ嫌な面ばっかりである筈ないわな。


広瀬武夫の兄広瀬勝比古の話なども出ていましてね。
曰く、酒も強ければ遊びもする。
至って気軽な人で小唄も歌えば藤八拳も達者なので中々粋な話があったそうです。
そうなんだ。

勝比古兄ちゃんが藤八拳とかめっちゃ意外。
或る年には元旦から七草まで飲み通しで飲んでは寝、起きては飲みということもあったそうで。
うわーこれも意外やわー
どうしても弟の陰に隠れてしまい、温厚で静かな人という印象が強いのです。
実際海軍の中でも敵のいない人として知られていたそうですし。
誰と来ていたんだろう…
同期かな?やっぱり同期かな?(笑)(海兵10期、山下源太郎、石橋甫、名和又八郎等)

この方については家庭から見た話が多い感じなので、こういう話を見るとちょっと嬉しくなってしまう。笑
やっぱり海軍さんやったわー(笑)(当然ながら)


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

広瀬武夫の話、色々(6)

サイト移行の為下ろします


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)