Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

ダイバーシティ こぼれ話(3)

え?3?
という感じですが、3ですん。
2は昨日までの昭和天皇の周辺の話です(と言い張る)。

「ダイバーシティ」を書き終えてから『昭和天皇の時代』(文芸春秋編・出版/1989)という本を見つけてしまったのだった…
オムニバスで、昭和天皇に関する回顧などが掲載されている書籍。
前に紹介した足立たかの回想もこちらから引用したのですが、後藤武男の「天皇外遊と三人男」が収録されていて、これもう少し早く知りたかった…
あーあ…(笑

後藤については、「ダイバーシティ(4)-3」で名前を出しました。
時事新報の記者で大正10年の皇太子御外遊の際、その殆どの行程に随伴している人物です。


昭和天皇、竹下勇、沢田節蔵 
エッフェル塔からパリを見下ろす。
左端から設計者のエッフェルさん、竹下君、殿下、殿下にチョコレートの食べ過ぎを注意した沢田さん。


皇太子がエッフェル塔を見学に行った際、山本信次郎にお土産を買っておいてと頼む場面があります。
しかしながら山本も傍にいた人も手持ちが足りず、財布を持っておらず…
困り果てた時に後藤が持っていた(会社の)お金を借りている。

皇太子が買い物に出掛ける時に一緒に車に乗せてもらったり、名前も覚えられていて、
「新聞記者は大変だね」
と何度か声を懸けられたそうです。

皇太子外遊の話については、サイトで掲載した所なので詳細はここでは触れません。
そっち読んで(丸投げー
サイトの方は外遊の行路、皇太子のテーブルマナーが非常にまずかった旨を書きましたが、その辺りの話が出ていました。


この無格好のマンナーをながめて、びっくりしたのが、御用掛として供奉してきた海軍大佐山本信次郎であった。
彼は断然皇太子の無作法を改めさせようと決心したのである。
彼はこの午餐会(※土原註:御召艦香取での高級士官とのランチ)が終わってから、早速皇太子を別室におよびして、ヨーロッパ・マンナーを教え込むことにした。
<略>

皇太子は「アア、ソウ」と喜んで学んだ。
山本大佐はそれから食事のたびに、皇太子の様子を傍にいてながめていた。そして、もう少しでもマンナーに反するような節があったら、食後必ず厳重に注意してあげた。


山本信次郎 


山本大佐は艦内でフランス語を教える役だった。
皇太子はフランス語の発音が下手だったので、皇太子が泣顔をされるまで叱った。
「そんなフランス語は通じません」
と無遠慮に申上げた。

山本大佐は今まで皇太子にはれ物にさわるようにしていた宮内省の役人と反対に、ビシビシと仕込むことに決心したのである。


マンナーを教えていたそうです。マンナー(しつこい
迪宮裕仁親王、川村家に里子に出された時は「自分の孫と思え、遠慮するな」と言われ、乃木希典にも生活態度からして甘やかされないよう教育されてきました。
この時位までは迪宮の立場を忖度して特別視しないように、と配慮されていたようです。

ただ東宮御学問所の辺りからか、皇太子に勝ってはならない、皇太子に1番は譲る、という様になっていた様子。
周囲の御学友はそう言い含められていた。

またこの後藤の回顧を見ると、東郷平八郎と珍田捨巳は、皇太子の日常生活については極めて無指導だったという意見を書いていて、これはひとつの意見としてありだな、と思いました。
ただ珍田が皇太子と関わったのは外遊の時からなので、その前任者、浜尾新だろう。
というか皇太子の日常生活云々は、御学問所総裁の東郷でなくて、東宮大夫の浜尾新の管轄だろう。



シンガポールにつくまで、軍艦の甲板ではデッキゴルフをされた。
多くの宮内省や高級士官たちは、皇太子のためにわざと負けてやっていた。
皇太子は自分はいつも勝つものだと思うていた。
これは皇太子を誤まらしめるものだと、御用掛西園寺八郎と山本大佐は感じたのである。


西園寺八郎は西園寺公望の養嗣子です。
実父は長州藩最後の藩主である毛利元徳。
皇太子外遊を推進した若手式部官で、外遊直前に外遊に反対する人間に襲撃されております。


デッキゴルフをするとき、西園寺と山本は、皇太子をどしどし攻め立てた。
皇太子は二人に向ってとても勝てなかった。
西園寺は皇太子に柔道の相手をしていた。
宮内省の他の人々は、皇太子を投げるものが一人もいなかった。
皆で負けてやっていたのである。

西園寺は皇太子をドシンドシンと投げつけてしまった。
若い皇太子は
「もう、西園寺御免だよ」
と悲鳴をあげたのである。


西園寺八郎、小松輝久、山本信次郎、漢那憲和
@香取甲板。漢那憲和(兵27)は御召観香取の艦長


ビリヤードでも西園寺、山本のふたりは、皇太子を容赦なくやっつけた。
ポーカーやトランプには二荒芳徳伯も加わったが、この人もお座なりに負けて上げるということを決してしない人物である。
どうかして、皇太子に、自己を発見させ、自己の信念を強めるようにさせ、自己の創意を生かすように努めさせるのに苦心した。


山本信次郎、西園寺八郎、二荒芳徳、竹下勇、奈良武次


軍艦生活の中に、皇太子の個性の発展に、非常に苦心したのは、実に西園寺、山本、二荒の人々であった。
彼等は皇太子の真の補導役になり、友になり、父親のようにもなって導いたのである。
皇太子もこの三人を尊敬もし、師事もし、よく言うことをきかれた。

私は帰国してからも、これらの人々を、「皇太子の三人男」と呼んだのであった。


当時20歳の皇太子にとって、この軍艦生活は結構なカルチャーショックであったのではないかと思います。
人を見る目や、価値観なんかが色々と変りそう…
ただ若い頃にこういう人達が傍にいたというのは、非常に幸せなことだと思います。
そして後年の昭和天皇のこの回顧に繋がるのですね。


昭和十二、三年頃までに、外遊の三人男は、ことごとく死んだり、宮内省を去ってしまった。
天皇と膝詰めで話をしたり、戯談(じょうだん)を言って腹から笑わしたりするものもなくなってしまった。
三人男に代わるのに、近衛文麿や木戸幸一などが君側の臣となったが、近衛、木戸でも西園寺八郎や山本信次郎ほどの親しみは、天皇にはなかったのではないかと思う。

私は天皇にとって西園寺や山本がいかに大切な男であるかを痛感したのであったが、惜しいかな、彼らは早く世を去ってしまった。


官の側からでない、多少関わりのあった民間人の意見として、興味深い見方だと思います。


***


これにてダイバーシティのこぼれ話は終了です。
ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。
疲れたー(笑
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)