Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(3)

迪宮裕仁親王が学習院初等科を修了する前年頃より、卒業後の教育をどうするかの模索を乃木希典は始めます。
小笠原長生なんかに相談しつつ陸軍士官学校と海軍兵学校を足して2で割ったような、そして文武両道の帝王教育を構想していたらしい。
ただ宮内省を説いて回るも中々理解も協力も得られなかったようで、しかもその途中で乃木が自刃してしまう。
ただ教育構想の骨子枠組みは引き継がれたようです。


乃木希典 東郷平八郎


そして大正3(1914)年4月1日に開設された東宮御学問所の総裁として就任したのが東郷平八郎になります。

この御学問所開設当初の職員は、
総裁 東郷平八郎(海軍)
副総裁 波多野敬直
幹事 小笠原長生(海軍)
評議員 大迫尚敏(陸軍)、山川健次郎、河合操(陸軍)、竹下勇(海軍)。
軍人が多いですなあ。

御学問所の学生は皇太子と御学友、合せて6人。
授業の時は東郷総裁と副総裁、小笠原に加えて評議員の誰かが、学生らの後ろに座って毎日参観していた。
御進講する先生も大変だわ。
授業の準備に何か月も前から掛かり切りになったというので、そらー大変だっただろう。

後にフランス語の御進講をすることになる山本信次郎も、1時間の授業の為に4時間を費やしていたと云います。
その為にマメにしていた諸氏との書簡のやり取りをふっつりと止めてしまったそうで、準備4時間とはいうものの、恐らくそれでは間に合わなかったのではなかろうか。

この御学問所時代に皇太子と東郷の間に何かしらのエピソード…
はあると思うのだけれど、正直影が薄い^^;
乃木程の強烈なインパクトのある話は、あまりないような感じがします。


ちなみに、東宮御学問所が開設されていた期間、海軍の軍事学の御進講を担当したのは、前半が竹下勇、後半が安保清種。
陸軍の方は3人。(端折ったー。笑

海外経験豊富な竹下が海外旅行の話なんかを交えて授業をしていたそうで、軍事学の中では一番人気であったそうです。
先日サイトで更新した大正10年の皇太子御外遊時の供奉員に竹下が加わっていますが、それはこの時の縁、御学問所で御進講をしていたということも考慮されていたようです。


鈴木貫太郎


そして更に時代は下って昭和4年。
侍従長珍田捨巳の死去に伴い、その跡を襲ったのが鈴木貫太郎でした。

鈴木は当時軍令部長を務めていたのだけれど、この時を以って現役を引退します。
侍従長を8年間勤めておりまして、細かいことは部下に任せ、要所は自分が舵を取るというスタイルで、「大侍従長」と言われていたそうです。
この侍従長在職中に2・26事件が起こったものの、先日紹介した妻・たかの助けにより九死に一生を得ている。

また昭和20年に昭和天皇たっての願いということで、総理大臣に就任しています。
当時の総理大臣職は「大命降下」といって、天皇の命令によって臣下が首相となり組閣するものでした。
天皇が”頼む”のは異例中の異例で、恐らくこの、鈴木の時だけだと思います。


全然話違うのですが、『タイムスリップ 竜馬と五十六』っつー小説があってだなー…
この本の中で東条英機が首相に立候補してたんですよ。
私電車でこの本読んでて女子にあるまじき吹き出し方をした(笑)

立  補 て。

著者w
幾らなんでもやっつけ仕事すぎるww
ファンタジーとは言えもっときちんと調べんかいwww

続くー
関連記事

ダイバーシティ こぼれ話

ダイバーシティ関連で本編には書かなかったけれど、面白かった話。


①『竹下勇日記』

山口多聞、山本信次郎を通じて竹下勇の長女香ちゃんとの縁談を申し込んでいた。
断られた。
竹下は自身の考えを述べた上で先方に再考を促していたけれど、こういう場合ってどういう風に断りを入れるのだろう…

そして香ちゃん、聖心女子学院に通っていた。
そう言えば山路一善の娘たちも聖心女子学院だったなあ…何かあるの?


②『沢田節蔵回顧録』

沢田節蔵は外交官。
大正10年の皇太子御外遊の供奉員のひとりで、昨日更新したサイトでも名前を何度か出したのだけれど、回顧録にあった外交官の先輩の話が面白かったです。

井上馨の養嗣子勝之助の話が出ていて、この方外交官でイギリス大使(大正2~5年)を勤めていたのだけれど、その夫人・末子さんが大変な才媛であったそうです。
勝之助と結婚する3・4年程前に英国留学し、リバプール大学の教授宅にホームステイ。
英語を英国のハイソ同様に駆使し、話にしても手紙にしても社交に、外交官であった沢田らが到底及びもつかない程練達されていたそうです。
イギリス海軍司令長官夫人がイギリス人秘書を使っていると思っていた程だったのですって。
凄い。
原敬が
「井上夫人がもし男であったら、自分よりも早く首相になっただろう」
と零していたそうで、それも凄いわ。

へーと思って井上末子をググったら「近代日本とフランス」という国会図書館の企画ページに出てきていた(西園寺公望ー青春の巴里:別窓)。
以下要旨。

井上勝之助が退職して英国留学することを祝う書簡に、末子夫人の仏語能力について言及がある。
末子は英・仏・独語に通じた才媛として知られ、社交界の花としてその美貌を謳われた。
西園寺は井上の退職に伴い夫人が帰国するだろうことを惜しみ、
「欧土にて上等交際にハ仏語、仏文は不可欠なもの」であり、
「仏国巴黎ニ於て極々上等の仏語、仏文等御勉強相成候様」井上に勧めている。
勝之助の退職は大隈重信外相の認める所にならず、イギリス留学は出来なかったが、末子はパリで語学を研修することとなった。


凄いわ井上夫人。
というか西園寺、勝之助より奥さんの方を引き止めているような感じが…^^;

そしてこの井上勝之助の後にイギリス大使に赴任してきたのが先日来名前が出ている珍田捨巳になります。
沢田曰く、

小村外相の顧問米人デニソン氏の手伝いをつとめて英語公文起草にかけては省内随一といわれた幣原さんでさえも、珍田大使の英文には兜を脱いでおられ、

「珍田さんは公文書がお上手であると同時にラブレター書きも巧みで、公私の使い分けを心得ておられる。われわれ後輩には真似ができないねー。」

と話しておられたほどであった。


そうなんだ。
幣原喜重郎は外務省で「国宝級」と言われるほどの英語力があったそうなのですが、凄い人がいたんですねえ。
沢田が言うには、珍田は英語のオフィシャルとプライベートの使い分けが大変上手な方であったそうです。

ちなみに幣原は大阪門真の出身。
門真市立歴史資料館にちょっとした展示がされているということを昨年知りまして。
来月1年待ったシーボルト展がやっとこさ関西に来るので、そのついでにちょっくら行ってくる。
楽しみにしてたんだ。
展覧会では神戸で面白そうな展覧会がぼちぼち始まっていますので、そちらも楽しみにしております。

そして沢田もクリスチャンであった…
山本信次郎とは仲が良かったようで、婦人を伴っての海外赴任の際に就学中の子供を山本家に預けていました。

つづきまっせ。
関連記事

プリペア

そろそろ財部彪日記を見に行くための準備をしなければならないのだが。
前回見に行く際にかなりの下調べをしたので、何となく気持ちがたる~ん。
何と云ふことでせう。

とはいえ見たいと思うところはあってですね!
特に気になっているのは明治32年の部分。
広瀬武夫がロシア駐在、そこへ朝日回航委員の竹下勇、イギリス駐在員の財部彪がやってくる。





その時の記念写真が上のものですが、前列中心に座っているのが上村彦之丞です(中心…
来露したこの御一行様の面倒を主に見ていたのが広瀬でして、ロシアを発つ時も駅でお見送りをしている。

その時にね、上村がちょいちょいと広瀬を呼んで突然ほっぺたにチューするのですよ!
ほっぺにちゅー!(代わってー!)(こらこら

いやー…
私、この話は長らく島田謹二さんの作り話かと思っていたのですがね、竹下勇がとある席の回想で語っておるのですよ。
見てたんか竹下君。
それならきっと財部君も見てるはず。
それにこの一行と広瀬がどういう話をしていたのかとか、そういうのも財部日記からなら分かるのじゃないかと思う。
広瀬書簡を見ていると、広瀬はこの頃、ちょっと悩み多き時期であった節があるので、そういった話を聞いてないかとも思う。

あと財部の縁談の所かなあ…
ほんっと複写物が薄すぎて辛い。
原本見せてもらえないか聞いてみたいのだけど、ちょっと無理そうだよなあ。
1日、2日分だけなのだけれど。

あーやっぱり準備しとかんといかんわ。笑
関連記事

お披露目

財部彪、故郷の都城(宮崎県)で挙式していたと思っていたのだけれど、東京で挙げていた。
財部彪顕彰会の伝記の記述も違うってどういうことー!ちょっとどういうことー!(笑)
私サイトで都城で挙式と書いたよ!?(笑)

ただおかしいとは思っていたのだよー(※これに限らずこう感じる所は意外と多い)
関係者皆が東京にいるのにわざわざみんな宮崎まで移動していたのかとか、さあ…
東京か。東京やんな、やっぱり…

うん、なんというか財部の結婚は急転直下で決まったね。
外堀埋められて最後は諦めたね、これ。
「致し方なし」だもんね。
そして広瀬武夫や向井弥一のふたりは勝手に友人の為と言って破談させようしたのではなく、財部に助けを求められての行動だった。
財部が山本権兵衛の長女と結婚したくなかった理由は、山本が権門勢家であるため。
…もあるのだけれど、これが第1の理由ではなかったわ。
それはここでは書きませんが、当時はとてもじゃないが口には出せなかったと思う。

ただ結婚したらしたで結構楽しそうな感じではある。
そして都城へも帰っていた。
お墓参りと親族や知り合いへ奥さんを紹介するため。新婚旅行に近かろう。


5月15日に東京で挙式をしています。
ただ本当にもう読めないのですよ。薄すぎて…





「広瀬」とあるのが見えて、非常に気になる。
恐らく向井の話も書かれているだろう。
友情から自分の意志に添うように尽力してくれたということが書かれていると思われる。
読みたいけれど、もう一度国会図書館に行ってもこれは読めない気がする。
どうかなあ…コピーのコピーだからなあ…

そして16日に披露宴を開いていて、そこで東京近辺にいる同期や懇意にしている知人を呼んでいる。
招待状を三十人程に出していて、二十数人が出席してくれた。
竹下勇、中野直枝、山中柴吉、木村剛、町田駒次郎、松井健吉、広瀬武夫とやっぱり同期が多い。
やーん竹下君もいるー(落ち着きなはれ)
向井の名前は出ていなくて、これは他用があったのだと思う。
何も無ければ向井は絶対に来てくれそうだし。
そして秋山真之もいました。あっきー呼ばれてたわ(笑)

仁礼景一も出席者のひとり。
仁礼景一…名前は既出なのですが、お、覚えてる?^^;

海軍大臣をつとめた仁礼景範の長男で、アナポリス出。
初めは医学の為にアメリカ留学をしていたのですが、何があったか途中でアナポリスに私費留学している。
卒業期は18期卒業相当という扱いのようです(18期…加藤寛治、安保清種らのクラス)。
広瀬とは同僚であった時期があり、それが18期の遠洋航海、比叡乗組み。
え?という感じですが、この時は18期らと同等扱いではなく比叡分隊士として乗組んでいます。

「仁礼等如キハ我吾ガ妻ヲ胴上ゲスルニ至レリ」

とかいう一文があって笑えるんだけど。
イネちゃん胴上げされてる…
そしてもう「吾が妻」だよ!「吾が妻」!照れがないな財部!(笑)
関連記事

書簡と日記と

国会図書館には本当にチョー!久しぶりに行ったのですが、結論としては段取り八分の大勝利でした(いい笑顔)。
手間取るかと思いきや、思いの外スムーズに事が運んで我ながら怖い位だったわー
というか、この日は本当にすべて予定通りに事が進んで自分でもどうしたのだろうと思う程の出来でした。
準備って大事ね…(今更)
マイクロフィルムも触るのが久しぶりだったので大丈夫かと思ったけど大丈夫やったわ。
よかったよかった。

下写真に写っているのは向井弥一の書簡ですん。





財部彪の書簡等も複写してきましたが、ついでがあったら〇〇への代金の立て替えを頼むといった内容が多くて笑う。
こうやって同期同士であれこれ融通し合っていたんでしょうね。

結婚しましたっちゅうご連絡等もあり思わず笑ってしまったりもしたのですが、向井書簡、確かめたら抜けが出ていた…
別途複写依頼出しました。涙。
竹下勇のアルバム系でもしかしたら戦艦朝日関連の写真はないかと思ったのだけれど、写真は全般的に余りに写りが悪かったので今回は捨てた。

財部彪日記は精査する間もなかったので名前が出ている辺り、ばさーっと複写依頼。
明治30年の5ヶ月分くらいかな?あとプラスアルファで若干。
あらと思ったのですが、広瀬には森川潔夫という弟がいます。
森川家は飛騨高山で広瀬家が世話になった家で、請われて潔夫が養子に行った。

明治20年代後半に東京に遊学しているのですが、広瀬が露国留学する前に勧業銀行への就職が決まっていたようなのですね。
書簡から見て広瀬自身の周旋ですが、どうもこれ財部の伝手だったみたい。
やっぱり原典史料からは色々と情報出てくる。

今回時間がなく複写に回せなかったのが明治26年分の日記。
ただ閉室ギリギリまで読んでいたのですが、やっぱり出てくる広瀬武夫さん。笑
土曜に広瀬と遊んで日曜に竹下と遊ぶって、くっそ財部wうらやまw
羨ましすぎるww


財部日記 明治26年5月20日(土)
昼伊木広瀬二氏来参、共ニ昼食ヲナシ雑談
広瀬氏ノ言ニ贅沢ニ染ムハ●キニシテ●クスベキモ質素簡易ニ帰ルハ甚タ難シトスル処ナリト
言ハ簡ナリト言ヘドモ予大ニ之ニ感スル処アリ


そらそうだよね。
そんな大げさに感心するようなことでもない気がするんだけど…^^;
どういう文脈でそんな話になったのだろう。それにもよるか。

ついでに言えば広瀬武夫さん(26)、財部彪さん(27)です。
広瀬はこの時期、水雷術練習の為迅鯨乗組みです。@横須賀。
横須賀長浦に柔道場を建てるべく奔走していた時期で、海軍兵学校に柔道を入れた同志である財部ともあれこれやり取りをしていたと思われます。
6月7日条にも広瀬から書状が来ていて、それが柔道預金の件とあった。

初めの●は「易」かな?と思ったけどちょっと違うっぽい感じも…まあ字は分からんでも意味は分かる。
ていうか伊木って誰や。良く出ててんけど。
こんな感じで始終にやにやしっぱなしでした。この変態。
あー早くコピー到着せんかなー
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)