Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

秋山真之の書簡(続々)

秋山が欧米視察旅行に出かけたのが大正5(1916)年3月~10月末になります。
(この辺りの話は「Extraordinary」をどうぞ)
戦争の真っ最中。

欧州では大戦参加国の大本営に顔を出して戦況を見聞していたそうで、戦争の様子もよく分かっていたのではなかろうか。
当時既にドイツの飛行船がイングランドや東部戦線・西部戦線を爆撃したりしているので、その様子なども聞いていたかと思われます。


帝国海軍では大正5(1916)年4月に海軍航空隊が誕生しているのですが(横須賀鎮守府所管)、安全に飛べる飛行機は10台ほどしかないとか、そういう状態であったそうです。
慢性的な財政難、そして大正3(1914)年1月に表面化したシーメンス事件、第一次世界大戦による資材の高騰といった環境の中、軍艦の建造でさえ困難が生じているので、中々航空関係まで資金が回らない。
大正6年6月の前川宛て秋山書簡にも「艦政局に融通の資金無之」という文言があるのですが、まあそんな感じ。


秋山真之 


日露戦後~大正期は軍艦ひとつを例にとっても非常に技術革新が進んだ時期で、
「やったー!予算取ったー!」
という段階で、まだ作りもしない軍艦が既に旧式艦になっていたりするのですよ…
(技術革新のスピードが早すぎて、当局でもどのスタイルの軍艦を採択すればいいのかが分からない。挙句の果てに旧式艦)


「84艦隊とか88艦隊とか呑気なことを言っている時節ではない」
「危急に適応できる武器を準備する必要がある」

6月の前川宛書簡で秋山はそうも書いているのですが、当時の様子を見ている当局者からすれば真実そうした感じであったのではないかと思われます。
世界と自国の状況を鑑みて、どんどん進んでいく軍事技術についていかないといけないのに、資金がないから思うに任せないというのはかなりのジレンマだっただろうなあ。
文面から読み取れる以上の危機感、焦燥感があったのではないかと思います。

体調が悪く、また通常勤務も難しいという中でも尚且つ頭の中がこういう状況か。
これでは本当に頭も心も休まらなかったのではなかろうか。
その上医者に治してもらうつもりがなかったら、治る病気も治らないよ秋山…

うん。
色々な感慨の沸く書簡でございます…


もう1通釈文を頂いたのは森山慶三郎宛の秋山書簡です。
わーい。もーりーやーまー!(落ち着け
大正3年7月のもので、秋山が海軍省軍務局長の時期のもの。
シーメンス事件について書かれていたようだったので、ちょっと内容が気になったのさ…(結果としてあんまり内容はなかった^^;)
未公開書簡でもあることから、内容は書かない旨お伝えして釈文を頂いておりますので、これについては書きません。
ただ当時森山は在留民保護のためにメキシコ西岸に派遣されていたようで(出雲艦長)、日本の軍艦、結構手広くあっちこっちに行ってるのだな、と感心しました(感想文か


坂の上の雲ミュージアムの担当者様、色々と御骨折り頂きましてありがとうございました。
(こちらをご覧頂いているかは分かりませんが…)
関連記事

秋山真之の書簡(続)

昨日の続き。
大正5年末から6年の秋山真之と言えば、大本教と出会ってのめり込んだ時期になります。
当時、秋山と初対面を果たした大本教の幹部、浅野和三郎による秋山の印象は以下(詳細は「Changing ~ 秋山真之と大本教」をどうぞ)。


頭脳の働きの雋敏鋭利を極わめ、為めに停滞拘泥することを嫌い、自分が善と直覚するものに向かって、周囲の一切の顧慮を打棄てて勇往邁進する勇気にかけては、確かに天下一品の概を有して居た。

一つの仕事をして居る中に、モウ其の頭の一部には他の仕事を幾つも幾つも考えて居るといった風で <略>


こちらのパンフに載っている平岡宛書簡では体調が悪く2・3日療養していた旨が書かれていますが、6月の前川宛書簡でも「出勤できるようになったら」という一文がある。

パンフによると秋山は大正5年頃から体調が思わしくなく、翌6年春からは通常勤務が難しくなっていたとあります。
秋山は6年5月に盲腸炎で入院し、7月中旬には第二水雷戦隊司令を免ぜられ将官会議員に補されている。
将官会議員はまあ閑職・名誉職ですので、病気療養のための陸上勤務ですな。
勤務ちゅうてもほぼ勤務あるかないか…
まともに働けない状態だったと思われる。


秋山真之


浅野の言に「頭の一部には他の仕事を幾つも幾つも考えて居る」とありますが、6月の前川宛書簡は
既に水雷の話ではなく、飛行機に搭載する機雷の話になっております。
機雷とか小魚雷と書簡には書いてあるのだけれど、要するに爆弾のことだろう。


前川義一の当時の所属は横須賀海軍工廠造兵部になります。
造兵部は海軍の兵器製造部門。
技術畑方面に強い方であったのか、ご子孫様によると、無線電信の開発にも関わっておられたそうです。そうなんだ。
無線電信と言えば木村摂津守(大好き)の三男・木村駿吉博士が海軍の懇望と言う名の無茶振りに応えて日露戦争までに開発、実用に漕ぎ着けており、その木村に日露戦後、秋山は感謝を記した書簡を送っている事が知られています。

今回の2通の書簡を見れば、前川から考案書を送っていたり、秋山から兵器について具体的な改良案等を意見していたり…
前川氏、兵器を初めとする技術方面で秋山と結構関わりがあったのではなかろうか。


しかし飛行機か…
日本の海軍機というと昭和に入ってからの印象が私は強いのですが、実は結構古くからあり、この大正6年の時点で既に帝国海軍には実戦経験者がおります。(大正3年青島攻略戦)
満喜の弟よ!(誰やねん
明治42年の気球研究から始まって45年には海軍航空技術研究委員会が設置され、同年の観艦式と海軍演習では既に飛んでいる。その時点でたった数基(1桁…

大正3(1914)年夏に始まった第一次世界大戦で現れた新兵器には戦車、毒ガス、潜水艦、機関銃等が挙げられますが、飛行機もそのひとつ。
戦争開始当初は偵察を目的として利用されていましたが、その内相手の偵察機の邪魔をするとか、敵地に手榴弾を落とすとか…
終いには敵地を爆撃、敵軍機を機関銃で攻撃といった爆撃機、戦闘機への発展を遂げるようになる。


つ、つづく…(ごめーん!
関連記事

秋山真之の書簡

3月に松山に行った際、坂の上の雲ミュージアムで秋山真之の書簡の釈文下さいとお願いをしましたところ、快くご了承下さいまして。
3月末と先日に分けて数年前に鑑定団に出ていた書簡2通と、未公開の書簡1通分を送付頂きました。
鑑定団に出ていたのはこちらのパンフで紹介されているもので、2通の内1通の冒頭部分の写真が出ております。

宛先は前川義一、海兵27期で同期に末次信正がおります。
書簡は大正6(1917)年3月14日と同年6月5日付のもので、「舌代」から始まる写真の書簡は前者、3月に書かれたものになります。
ちなみに「舌代」ですが、これ書簡の冒頭に使う言葉なんだろうかといつも思ってしまう…


秋山真之 


頂いた釈文を読む前にもう一回自分で書き下したのですよ。
テレビ見ながら書いた釈文よりはましやったわ…(なぜ書き下せたかと言いますとテレビ画像をスクショで取っておったからです)
というかあの時何故これが読めなかったと思う部分がちらほらあるぞ^^:
うむ…

まあ、分かることはやね、兵器の話は皆目分からん。(おい…
パンフの下の方に平岡貞一宛書簡(T6.1.26)の全文が出ていて、これが話としては繋がっています。
急行掃海具と曳航水雷の製作前(平岡宛)と製作後に行われた実験後の課題の話(前川宛)。


IMG_3918.jpg 
(平岡宛)


水雷関係かあと平岡宛て書簡の冒頭を見れば、「一昨日上京爾来」秋山は具合が悪かったようなのですね。
上京か、と思いきや秋山は当時第二水雷戦隊司令として舞鶴に赴任したばかりの頃でした(T5.12月補任)。
そら話題は水雷で、上京やろ(とセルフ突っ込み

はい、今日はここまで。
短くてごめんね。2回に分けるような内容でもないのだけれど。
関連記事

今日の財部日記(4)

財部彪日記、今朝2周目が終了しましてとりあえず打ち出してみました。





2段組両面印刷で24枚あるよ…け、結構な枚数で…
そしてこれからもう一度読み直し。
印刷物だと頭への入り方が違うのですよねえ。
文書読んでそのままパチッと分かればいいのですが、そこまでの能力は私にはない。残念ながら(笑)

しっかし読んでいて思ったのだけれど、艦隊勤務って碇泊中って本当に暇なのな
何してるんだろうこの人たち…(真顔
財部は割と頻繁に外泊をしているのだけれど、そういうの割と緩かったのか。


財部は明治30年に海外留学生に選出されましてイギリスに向かいます。
その時旅程を共にしたのが秋山真之(米国留学)小田切延壽(機関科、英国留学)、更に外務省の坂田重次郎という話を先日書きました。

8月5日に横浜を出発、ハワイに到着したのが8月14日。
そこからサンフランシスコに到着したのが8月21日、ワシントン到着が8月30日。
ロシア留学の広瀬武夫が横浜を出発したのが8月7日で、8月30日頃にはインドの辺り。
ロシア到着が9月26日です。旅程からしてもロシアは遠い国だったんですねえ。

まあそれはいいのですが、約1ヶ月一緒ということで、頻繁に秋山の名前が出てきます。
大した内容はないけどな。

青山学院の教師だったアメリカ人女性から短冊を渡され何か書いてと頼まれ、秋山と坂田はさらさらと数枚書いている。
和歌とか金言とか。
財部はそういうの苦手だったのかな?
自分で「性来ノ悪筆ナルノミナラズ文辞ニ拙」と言っていて(悪筆には納得する。笑)、考えた挙句書いた言葉が

四海皆兄弟

http://blog-imgs-58.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg

たーからべくーん(笑)
もっと他に何かなかったのー

「文辞ニ拙」というのも、なんとなく分かる。
何でかというとこの船旅の時に詠んだ和歌が一首認められていて、

月影は隈も残さず見つれども 故郷人は未だ見ざらん

………
素人でも分かる。この人にはセンスがない(笑)
でな、これ秋山に見せたんだぜ!なんというつわもの!
見せられた秋山は直ちに筆を執って訂正。

有明ノ月ハ隈ナク見つれども 故郷人は如何に見るらん


秋山、この船旅の時に財部に薩摩人の通弊について忠言をしている。
その時に一朝事が起こった時に大和魂を発露する点では俺は君より勝っているとか言われてるのね。
財部日記から見た秋山は終始ちょっと上から目線で笑ってしまう。

***

1ヶ月程前から足に違和感があって先日整形外科に行ってきました。
そこで足のアーチが崩れかけてるという衝撃宣告(笑)
今なら矯正できるからとのことでオーダーメイドでインソールを作ることに。
結構なお値段だったけど、靴のアンフィットは本当に悩みだったのでそれはそれで良かったわー。
足裏トレーニングでタオルギャザーしてねと言われたのだけれど、これってどのくらいの時間すればいいの?^^:
肝心なこと聞き忘れた…

ちょっとお高めのお買いものという事では、とうとうオーブンレンジを買い替えることになりまして!わーい!
現行オーブンの寿命を今か今かと待っていた!(笑)やっと!(笑)
作りたいおやつが沢山あるぞー
マカロンでしょーパリブレストでしょーブッセでしょー(指折り
温度管理で悩まなくてよくなるのがすんごく嬉しい。
機種はあれこれ調べて話も聞いてもう決めていて、来週位に電気屋さんにGOかなー。
楽しみやわー

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

今日の財部日記

財部彪日記、漸く終わりが見えてきました。
読むだけは読んだけれど、それと釈文を取るのとではまた別の話だわー(今更)
サラッと読み流すのと一字ずつ文字に起こしていくのとでは言わずもがな大分違うのだけれど、PCが必要なので物理的な制約が…
それでも半年分あった日記もあと明治30年8月分を残すのみになりました。

サイトに上げている「公文書に見る広瀬武夫」でも考察しましたが、留学直前になる7月が滅茶苦茶忙しい。
オフィシャルでは国内の軍事設備の視察ぐらいしかしていなさそうに見えるのだけれど(そんなわけないって…)、プライベートでは友人知人の訪問と送別会の嵐。
財部は本当にマメに日記をつけていて、今私が見ている半年間で記述がない日はほぼないに近い。
1・2回はあったけれどその程度。
それが出発前の1週間程は真っ白になっている。笑
広瀬武夫にしても当時の日記?からするに随分忙しかったようで、これは同時期に留学した秋山真之や林三子雄、村上格一も同様でしょう。


村上格一、林三子雄、財部彪、秋山真之 


交通の事情も通信の事情も今とは違います。
幾ら家を空けることが多い海軍とはいえ年単位での海外留学・駐在は、特に家族にとっては大事であったと容易に推察できます。
海外にいる間に親族のが誰かが亡くなるというのが普通にある。
広瀬に至ってはロシア滞在中に祖母、弟、父を亡くしています。
向井弥一にしても三笠回航委員として滞英中に家族を亡くしている。
書簡には誰とは書いていなかったけれど、恐らく奥さんです。
だからこういう話が出てきたら周囲が早く身を固めて両親を安心させろと言うのですよね。
財部がそう言われたのと同じで。

その財部君の東京での定宿は有信館という旅館だったらしい。
有名なのかと思い調べてみたものの、ググっても神道無念流の道場しか出てきませんでした。
昔のガイドブックも幾らか見たけれどよく分からなかった。

村上格一、林三子雄、財部彪、広瀬武夫、秋山真之の5人は6月26日に各国留学の辞令を受けています。
財部本人は東京にいるのだけれど、当時彼は常備艦隊参謀でして辞令書は旗艦が停泊している横須賀に行っていた。
辞令は受けたけれど書類は受け取っていなかったのね。

それを取りに横須賀に行ったのが7月2日。
そして帰ってきたらなんかイネちゃん(奥さん)が…

…ってここで待て次号!
すまーん!眠い!(笑)


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)