Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

ダイバーシティ(5’)

ダイバーシティをお読み頂きました方、ありがとうございました。

山本信次郎はクリスチャンでした。
今回の更新分でも少し触れましたが、クリスチャンである事が海軍軍人としての出世の枷にはなっていなかったようなのですね。
将官への進級要件である「大艦での艦長経験がある」を満たしていないけれども、最終は少将。
ただしこの要件には例外があるようなので、山本はその例外であったかと思われます。

クリスチャンで、かつ古い時代の海軍士官としては瓜生外吉大将がいますが、この方は大艦の艦長どころではないわな。笑
海軍は宗教にはあまり頓着しなかったのだろうか…

ただ大本教に関わり部内で布教をした秋山真之や浅野正恭(海兵15)を思うと、頓着しなかったということはなかったと思う。
時代背景も多分にあるだろうし、当時の当局者にも多少は左右されるだろうし。

大本教は国家神道(の祭祀者である天皇)を大本教の下に置くものなので、海軍のみならず国家として容認できるものではなかったということもあるだろう(そしてこの新興宗教は大正中期から爆発的に信者数を伸ばし、昭和初期には国民の約1割が信者になってました。国家としては看過できず、2度にわたり弾圧しています)。

山本や瓜生は海軍で布教活動をしていたような形跡がないので、その辺りに差があったのか。
しかし海軍士官数の内、どの位の割合でクリスチャンがいたのかはちょっと不明。

同じ山本でも山本権兵衛の方ですが、明治20年代の終わり頃、広瀬武夫と財部彪、上泉徳弥が3人連れだって山本宅に柔道研究会を設立したいと話に行ったことがある。
その時に
「海軍部内に小団体が発生するのは徹頭徹尾好ましくない」
と言葉を尽くして言われているのですよ。

小団体でさえ。

こういう事を考えても、横須賀の海軍機関学校の近くに教会があり、機関学校生徒がそこに通っているとか、横須賀・呉・佐世保の鎮守府が設置されている所に軍人ホームがある、というのは内心問題だと感じていたのではないかと、私なんかは思うのですが。

ただ山本信次郎が進路を宗教か軍人かで迷った時、フランス人宣教師が勧めたのは後者で、曰く、
「軍人として国の為に尽くすと同時にカトリックの為に働きなさい」
全ての人がこうではなかっただろうけれど、国家(海軍)が向う所と矛盾しなければとりあえずは良かったのか?


しかしながら『歴代海軍大将全覧』(半藤一利他/中公新書ラクレ/2005)の瓜生外吉の項目には、昭和期の話だろうけど海軍でも段々クリスチャンが増えて問題になるとあるのですね。

この辺り、どれぐらい増えてどう問題になったのかを知りたい所ですが、何を見たらいいのかが良く分からない^^;
そこまでこの連載で触れるのは方向も違うしなと(放置
書籍というより論文になるのではないかと思うわー

しかし日蓮宗は問題にはならんかったんか。笑(意地悪な見方
こっちも団体的な感じになっとったぞ。
(とはいえこちらは参加者が東郷平八郎だったり上村彦之丞だったり佐藤鉄太郎だったり…


とまれ、ダイバーシティは恐らく次の話で終了です。
まだ書けていないので暫しお待ちいただけばと思いますん。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)