Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

サイト更新 広瀬武夫人物関連数珠繋ぎ13

■サイト更新 広瀬武夫【数珠を繋ぐ13】

第13回。
内田良平(柔道)→末永節(扶桑)→国木田独歩→押川春浪→
川上俊彦・常盤(汁粉)→生方敏郎→広瀬中佐銅像→辰野隆→
上泉徳弥→財部彪→田中義一→江頭安太郎・安保清種→三宅雪嶺→広瀬武夫


前回のサイト更新時にも書きましたが、江頭・安保・三宅のセットで扱うつもりが、思いの外三宅雪嶺が長くなってしまい…
というものです。
今回はちょっと短め。

『広瀬中佐壮烈談』という戦前に出版された本があるのですが、それに三宅の広瀬武夫人物評が載っている。
原文を探しまして『断雲流水』までは突き止めた。
この本、志賀重昴との共著になります。
出版年と共著者を慮るに恐らく『国会』(新聞です)に掲載されたのではないかと思うのですが、それ以上は分からなかった…

今回テーマにした広瀬武夫『航南私記』の舞台になった明治24~5年の遠洋航海(海兵18期)時には民間人が数5・6名程便乗しており、三宅雪嶺はその内のひとり。
当時の農商務大臣榎本武揚が植民に意がありその旨を承けたとのことで、探検に志あるものが便乗を許されたそうです。

その中に松岡好一という人物がおりまして、三宅と同じくジャーナリスト。
三菱の高島炭鉱における労働者の非人道的な労働状況を『日本人』で告発したところ、当時『朝野新聞』の記者であった犬養毅がこれに反論、決闘を申し込んだことがある(この時の介添人が三宅と志賀でした)。
決闘には至らなかったのですが、周りを巻き込んで結構な大論争になった。
日本では明治22(1889)年に決闘が禁止されるのですが、この事件が法律制定の一因になったそうです。


この松岡氏ですが『航南私記』にも名前が見えておりまして、それがオーストラリアで行方不明になったという内容。
出身地安曇野市の説明によると、


南洋航海後に、シドニーで在留邦人の相談相手をして領事館の必要を感じ、
政府に設置要請をするために帰朝し、領事館はタウンスビルに設置されました。
木曜島で日本居留民団長となり、香港で宮崎滔天・平山周等と中国問題を討議し、旅館「日本館」を経営し日中親善に努めました。
台湾では総督の依嘱を受け、機密通信事業に従事して政治活動を行いました。
1916年(大正5)、日刊新聞「南国報」を発行するため、一時帰国しましたが、翌年の 1917年(大正6)、神戸にて病気のため亡くなりました。


ほう…
ただ三宅雪嶺の話によると(思ひ出す人々)、


メルボルン上陸後、或る日本人に文身術を習ひ、これを土地の人に施し、失敗して木曜島に逃げ、真珠採取者の間に斡旋した。


なんかエラい話が違うんやけど。笑
そしてメルボルンではなく正しくはシドニーです。

しかしながら少尉候補生として参加した安保清種も三宅と似たようなことを書いているのですね(銃後独話/昭和14年)。

安保曰く、当時海外渡航はお金もかかる上旅行免状など色々と手続きも面倒だった。
そこで軍艦に便乗してオーストラリアに到着したらどこかで逃亡しよう、それが便乗者の魂胆だったとある。
おい。笑
もっとも逃亡と言っても全然行方不明という訳でもなく…
安保は上陸した時に逃亡組が間借りしているアパートを訪れた。
彼等はオーストラリア人に内地で覚えて行った刺青(簡単なもの)を施して生活していたそうです。
珍しいから結構儲かっていたらしい。
彼等は訪れた安保に


「中々儲かつて面白いですよ」
と笑つて済し込んで居る逃亡組には私も笑つてしまつた。
明治二十四年の事であり、のんきなものだと、今でも、をかしく思ふ。


大らかで逞しいですな。

実際に逃亡したのは松岡ひとりですけれども、シドニー滞在は明治24年12月9日~29日。
そこそこ期間があるので、色々あったのではないかと思います。
しかし少尉以上の人々が全くこのことを知らなかったとは思えないのだけれどなあ…

しかし安曇野の「南洋航海後に、」の説明…
この書き方だとちゃんと日本に帰ってきてからまたオーストラリアに行ったみたいじゃん。笑。

関連記事

パラべラム~堀悌吉(9)

*****

この話は19回シリーズです。
サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****


山本五十六がロンドン海軍軍縮会議でなぜ猛然と妥協に反対したのかの理由はよく分からない。

恐らく純粋に軍事的視点から国防に問題が出るといった反対だったのだろうし、全権の交渉の仕方がまずいという思いも、政治家が海軍を蔑ろにしているという反感もあったと思う。

ただ、その後いわゆる条約派の提督となったのは確かで、それから日米開戦すべからず、に続いていく。
アメリカに駐在した時代と海軍次官やGF長官を勤めた時代、その間にロンドン海軍軍縮条約が挟まっているから一貫性を見いだせず、余計に理解に苦しむんだと思う。
A→Bなら分かるのだけど、A→B→Aに見えるんだよねえ…

山本五十六については三国同盟に反対した、日米開戦に反対だったという印象が強く、そのイメージに当て嵌めて予断で人物像を考えてしまう所があるのだろうなあ。


『天皇・伏見宮と日本海軍』(文芸春秋/1988)を見ると、著者野村實は、
山本がロンドンから日本に帰着した日に認めた故郷の知人宛ての書簡を見ても、この時まで条約に不満があったことは明らか、と記しています。
ただ帰ってきて目の当たりにした国内状況を見て、考えが変わったのではないかと。


山本が帰って着た頃(6月中旬)、日本では既に条約調印をめぐって統帥権問題が起こっています。

「政府は海軍軍令部(軍令機関)が承知していないのに条約に調印した、これは統帥権の干犯だ」

そう非難したのは野党政友会の犬養毅、そして鳩山一郎です。(4月末~5月初旬の帝国議会)
何でこんなことを言い出したかの理由はただ一点。
政権奪取の為の政府攻撃です。
全くの党利党略です。
政党が言い出すまで、海軍はこんなこと思いもよらなかったんですけどね。
軍部が伝家の宝刀「統帥権」の便利な使い方(拡大解釈)に気付く切欠を与えたのが”憲政の神様”犬養毅。


http://blog-imgs-57.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014911.jpg


犬養は尾崎行雄と並んで一般的に「憲政の神様」と言われ、5・15事件で海軍の青年将校に暗殺された首相として有名です。
犬養の死で以て戦前の政党政治は終わりを告げる。
これね、首絞めてるんですよ、自分で。
私にいわせりゃ党利党略に走った末の自業自得ですよ。
政党政治家が自ら政党の息の根を止めた。

犬養は個人としては清廉で高潔な政治家でした。
しかし晩年は森恪に引き摺られて晩節を汚した感があります。東郷平八郎と似た感じがある。

統帥権干犯問題が起こった時の犬養毅の言動はもっと知られるべきだと思います。
そして鳩山一郎は鳩山由紀夫の祖父です。本当にこの一族はなんなのか。


そして、この様子を見て加藤寛治ら軍令部の人間が統帥権干犯だと騒ぎ出した。(5月中旬)
この頃になると加藤軍令部長は兵力量の問題よりも統帥権問題に関して強硬になっていたようです。
これを纏めるのに財部彪海相、山梨勝之進次官、堀悌吉軍務局長、助力を仰がれた岡田啓介軍事参議官がどれだけ苦労したか。

当時の状況は、
「このままでは海軍省と軍令部が分裂する」
と山本英輔が心配のあまり省部の軋轢調整に乗り出すほどでした。

しかしながら、結果としてはこの騒ぎで海軍が真っ二つに分かれてしまった。


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/71.jpg


山本五十六が帰国した時には既に加藤軍令部長と末次軍令部次長が更迭されていました。
そしてすぐに軍令部第1班長、第1課長も更迭され、軍令部は中枢ラインが一新された。
海軍省では山梨海軍次官が更迭となり、これは末次との喧嘩両成敗的な措置になります。
(財部も条約批准直後に海相辞任、堀は暫く据え置き)


帰国した山本がこの状況を見て、特に尊敬する先輩山梨勝之進、兄事する親友堀悌吉が置かれた苦境を見てどう思ったか。

野村實はロンドンから日本に帰着した日が、山本の考え方の転換点であったと述べています。
そりゃあ自分たちがロンドンで全権にやった同様の事を国許で軍令部がやってて、しかも海軍を割った訳だしな。
衝撃を受けたのではないかと思う。


余談(余談だったのよ)長過ぎ。


続く。


うーん…
いい機会だからと思いつつ書いてるけど、
ロンドン海軍軍縮会議の話とか興味ある人いるのかという気がせんでもない。 
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)