Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

今日の財部日記(3)

題(笑)
考えるの放棄してます(笑)

財部彪日記、2周目に入りました。
とりあえずこれで見直しが終わったら釈文は一旦終了。時間掛かるわ…
で、でね。
初回でなんて書いてあるんだろなーと読み飛ばしていた処でふと気づく。





http://blog-imgs-58.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/493d8d4d3649ed0f374515598ddacf65.jpg

からの

http://blog-imgs-58.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/064f6e6b1f97f972c29566670d4bf0ba.jpg(あーっはっはっはっは!)(久しぶり)

読めた?

暫く凝視したわ!クワッ!(※3行目)
津留雄三、まさかの理由で嘉納塾退去(笑)
流石海軍の大名士…
海兵30期。
明治35年卒なので当時はまだ学生です。財部と同じく宮崎県都城の出身の方。

財部日記にちょくちょく名前が出てくるのだけど、何となく親類っぽい。
親類でなければ故郷で家ぐるみで付き合いがあると思われる。
日記から漂ってくる雰囲気からすると財部、津留の身元引受人だったのではないかと思われます。

いやーしかし何というか。
明治30年、確かにねぇ…お盛んな時ですよねえ特に東京では…
この方ヘル談の大家とかそういう話しか知らなかったので「え?え?(笑)」という感じだったのですが。
いやーまさかの嘉納塾で男色(言ったー!)
そら嘉納塾であるんならどこででもあっただろうね!(爆笑)

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)