Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(4)

前回までで川村純義、足立たか、乃木希典、東郷平八郎、鈴木貫太郎の名前を出しましたが、『陛下、お尋ね申し上げます』で少し語られていたのはこの人々位。

昭和天皇は日露戦争以前の明治34年のお生まれで、維新を生きた人々と生きた時代が若干被っており、教科書に名前が載るあの人やこの人ともお会いしているのですね。
なんちゅう羨ましさ…
あの人どんな人でしたかとか、そらー聞いてみたい気持ちに駆られるわ。笑

昭和天皇に質問した記者たちも同じように思う人がいたのか、折に触れて関わった人の事が聞かれている。
引用は上記書籍より。


★★昭和46年4月20日の記者会見

昭和天皇が幼少期に教育を受けた川村伯爵、乃木学習院長、東郷御学問所総裁、杉浦重剛のエピソードがあれば聞かせて頂きたいという問いに対して。


*****
**川村純義について


天皇:
川村純義大将のことだと思うが、赤ん坊の時で、なにぶん小さく、それに短い間だったのでよく覚えていません。


でしょうね。^^;
川村純義については、まあそうだろうなあと思います。
3つ4つだと記憶があってもかなり遠いよな…
昭和天皇と1歳違いで、川村に預けられていた時は2・3歳であった弟宮(秩父宮)にしても、川村家の事は何一つとして記憶にないと回顧されています。

川村家での話は、イヤイヤ期(笑)の話を書きました。
ただ厳しくしても迪宮が風邪なんかひこうものなら、川村は袴に着替えた上で、小さい手を握って夜通し看病をしていたそうです。
簡単な風邪でもすぐに袴が出されるので、侍医は否が応でも真剣の上に真剣にならざるを得なかったそうで。
厳しかったけれど、当然ながら、そらーもーそらーもーめちゃくちゃ大事にされていた。

先日まずは大山巌に里親の話が降りたという件を書きましたが、これってどういう選考がされていたのだろうと思うのですよ。
条件はあることはあったのですね。以下4点。

 ①武勲明らかなる老臣であること
 ②夫婦とも壮健である事
 ③子女を養育した経験があること
 ④家庭の和楽が豊かなこと

その上で、父君である大正天皇もさることながら、明治天皇の意向が強く働いていたというのがね…
選ばれたのが大山、次いで川村か、と思うのよ。
ふたりとも西郷隆盛の親戚である。


西郷隆盛 川村純義


若い頃に短期間であれ接した西郷隆盛に、明治天皇はとても大きな影響を受けています。
それ故に、明治天皇は明治10年の西南戦争の鎮圧は喜んだものの、西郷を逆賊とし、その上生命を奪った政府と軍の主脳からは心がやや離れてしまったのですね。
それが政務軍務のサボタージュとなって現れます。
これは大分前に「Relationship」という話で書きました。

見ているとその心の傷は時間が解決していった様なのですが、それも10年ほどという結構な時間が掛かっている。
迪宮が生まれたのはその更に10年後のことですが、うん。
西郷隆盛の関係者であったからなのかなあ…


*****
**乃木希典について


天皇:
学習院の乃木大将については、私が学習院から帰る時、途中で偶然、乃木大将に会って、その時乃木大将から
「殿下はどういう方法で通学していますか」
と聞かれたのです。

私は漫然と
「晴天の日は歩き、雨の日は馬車を使います」
と答えた。
すると大将は
「雨の日も外套を着て歩いて通うように」
といわれ、私はその時ぜいたくはいけない、質実剛健というか、質素にしなければならないと教えられ、質実剛健ということを学びました。<略>


乃木希典 東郷平八郎 


乃木に関しては昭和57年9月7日にも聞かれていて、その時は強い影響を受けた本は?という内容。
記者が、「例えば乃木が『中朝事実』を差上げたことは吾々も知っているのですが」と問えば、


天皇:
『中朝事実』のことは、これは事実でありますが、まだ初等科の時代ですから、よく読んではいませんけれども、そのあとで乃木院長は殉死したのですが、どうもその気持ちがあって、そういう本を私にくれたかと思ってます。


昭和天皇はそうは言うけれど、大正6年9月13日(乃木の命日)、東宮御学問所にご進講に上がった杉浦重剛が、
「乃木将軍が献じた本がある筈だが、」
と皇太子に話を向け、また本について質問するとそれにもきちんとした答えが返ってきたそうです。
杉浦は退出するとそのまま乃木の墓所に報告に向かったとのこと。

この『中朝事実』ですが、鈴木貫太郎が侍従長になった時に随分探したのだけれど、見つからなかったそうです。


*****
**東郷平八郎について


天皇:
東郷元帥については、東郷元帥や先生たちから帝王学というものの基礎を教えてもらったが、誰がどういうことをと批評することはできないが、平等にすべて今も尊敬しています。


ほうほう。
この時東郷については特に言及がなかったのですね。
所がですよ。


★★昭和53年12月4日の記者会見

記者の、東郷元帥とか保育にあたった足立たかなどの思い出はどうか、という問いに対して。


天皇:
東郷元帥に対しては私はあまり深い印象をもっていないから、鈴木タカに対してのみをここでは述べることにしたいと思います。


東郷元帥に対してはあまり深い印象をもっていない。

そうなんだ。
これは結構意外だった。

実は昭和57年9月7日の会見でも乃木と東郷の印象に聞かれていて、その時も
東郷元帥に対しては、あまりそういう印象はなかった
とお答えになっているのですね。

ただ東郷は以前「ParaBellum」で書いたように、最晩年の、晩節を汚したと言われてもしかたない行動をしているのでなあ…
敢てあまり突っ込まなかったという見方も、もしかしたら有りかなと思います。


つづくー
関連記事

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(3)

迪宮裕仁親王が学習院初等科を修了する前年頃より、卒業後の教育をどうするかの模索を乃木希典は始めます。
小笠原長生なんかに相談しつつ陸軍士官学校と海軍兵学校を足して2で割ったような、そして文武両道の帝王教育を構想していたらしい。
ただ宮内省を説いて回るも中々理解も協力も得られなかったようで、しかもその途中で乃木が自刃してしまう。
ただ教育構想の骨子枠組みは引き継がれたようです。


乃木希典 東郷平八郎


そして大正3(1914)年4月1日に開設された東宮御学問所の総裁として就任したのが東郷平八郎になります。

この御学問所開設当初の職員は、
総裁 東郷平八郎(海軍)
副総裁 波多野敬直
幹事 小笠原長生(海軍)
評議員 大迫尚敏(陸軍)、山川健次郎、河合操(陸軍)、竹下勇(海軍)。
軍人が多いですなあ。

御学問所の学生は皇太子と御学友、合せて6人。
授業の時は東郷総裁と副総裁、小笠原に加えて評議員の誰かが、学生らの後ろに座って毎日参観していた。
御進講する先生も大変だわ。
授業の準備に何か月も前から掛かり切りになったというので、そらー大変だっただろう。

後にフランス語の御進講をすることになる山本信次郎も、1時間の授業の為に4時間を費やしていたと云います。
その為にマメにしていた諸氏との書簡のやり取りをふっつりと止めてしまったそうで、準備4時間とはいうものの、恐らくそれでは間に合わなかったのではなかろうか。

この御学問所時代に皇太子と東郷の間に何かしらのエピソード…
はあると思うのだけれど、正直影が薄い^^;
乃木程の強烈なインパクトのある話は、あまりないような感じがします。


ちなみに、東宮御学問所が開設されていた期間、海軍の軍事学の御進講を担当したのは、前半が竹下勇、後半が安保清種。
陸軍の方は3人。(端折ったー。笑

海外経験豊富な竹下が海外旅行の話なんかを交えて授業をしていたそうで、軍事学の中では一番人気であったそうです。
先日サイトで更新した大正10年の皇太子御外遊時の供奉員に竹下が加わっていますが、それはこの時の縁、御学問所で御進講をしていたということも考慮されていたようです。


鈴木貫太郎


そして更に時代は下って昭和4年。
侍従長珍田捨巳の死去に伴い、その跡を襲ったのが鈴木貫太郎でした。

鈴木は当時軍令部長を務めていたのだけれど、この時を以って現役を引退します。
侍従長を8年間勤めておりまして、細かいことは部下に任せ、要所は自分が舵を取るというスタイルで、「大侍従長」と言われていたそうです。
この侍従長在職中に2・26事件が起こったものの、先日紹介した妻・たかの助けにより九死に一生を得ている。

また昭和20年に昭和天皇たっての願いということで、総理大臣に就任しています。
当時の総理大臣職は「大命降下」といって、天皇の命令によって臣下が首相となり組閣するものでした。
天皇が”頼む”のは異例中の異例で、恐らくこの、鈴木の時だけだと思います。


全然話違うのですが、『タイムスリップ 竜馬と五十六』っつー小説があってだなー…
この本の中で東条英機が首相に立候補してたんですよ。
私電車でこの本読んでて女子にあるまじき吹き出し方をした(笑)

立  補 て。

著者w
幾らなんでもやっつけ仕事すぎるww
ファンタジーとは言えもっときちんと調べんかいwww

続くー
関連記事

ダイバーシティ(2)

海兵26期、日露戦争当時大尉であった山本信次郎ですが、明治10年の生まれになります。
明治29年に海兵に入って31年に卒業、少尉任官が明治33年1月。
明治38年の日本海海戦当時だと28才。

この様子から考えるに、フランス語がペラペラになる程勉強する時間はあったのかと思うのですが、抑々勉強をしていたのは海兵入学以前の中学生の時でした…

山本が通っていたのはフランス系カトリック校、暁星中学校になります。
今もありますな。
伝記によると、山本が通っていた当時は週の内3日はフランス語、3日は英語の日と決められ、それぞれの日にはそれぞれの言葉で話さなければ主張が正しくても認められなかったそうです。
中学生という頭の柔らかい時期に4年も(それも寄宿舎で)こういう生活を送っていたら、そらートリリンガルにもな(れ)るだろう。羨ましい。


山本信次郎


山本が加藤友三郎参謀長、伊地知彦次郎三笠艦長に呼ばれて、ロシアの旗艦ニコライ一世に行くよう言われたと前回書きましたが、その場には東郷平八郎司令長官と秋山真之参謀もいたと山本の回顧にあります。

うーん、これを見てもこの人が選ばれたのはやっぱり語学力じゃないかと思うんだなあ…
恐らく上官たちは山本が語学に堪能であることをよく知っていて選んでいると思う。
特に東郷平八郎。


上村彦之丞 秋山真之 東郷平八郎 島村速雄 舟越楫四郎


明治33年に義和団事件が起きた際、山本が乗組んでいた笠置が中国に派遣されています。
中国には英・独・仏・伊・米・豪・露、そして日本を含む8ヶ国の連合軍が共同で出兵していました。
山本はその列国代表の会議に通訳として出ていたが、いちいち上官の返事を待っておられず直答するような場合も生じてきてしまったそうです。(どんな状況だよと思わんでもないですが…)

しかもその内に問題が自分で責任が取れない位にどんどん大きくなってきて、

山本「早く辞めさせて」(´;д;`)

そらー…
当時山本は少尉に任官したばかりの23歳ですので、悲痛な嘆願だったと思います。笑(こら

上官「旗艦が到着したら通訳できる高級副官がいるに違いないから、それまで待て」

しかしやってきた旗艦の高級副官では話が通じなかったのであった…


結局山本は通訳として呼び戻されます。
そこで外国艦隊との折衝等のために”常備艦隊付”という肩書を与えられ、一時期ではあれ常備艦隊司令長官の幕僚になっていた。
これが山本が少尉に任官して半年後の出来事。
そしてこの時の常備艦隊司令長官が東郷平八郎中将でした。

ロシア海軍の司令長官との会議時、山本は何度か東郷に随行していたようですし、幕僚の中でも山本がとびっきり若いので、東郷も彼を可愛がったようです。
(というか、この時何語で通訳したんだ)


そういうこともあって、ニコライ一世への軍使随行の件は山本一本釣りだったんじゃないかなという気がするのですね。


はい、続きます。
関連記事

東郷井@神戸花隈

先日触れた神戸花隈の東郷井に行ってきました。
名の通り東郷平八郎所縁の史跡。

軍艦で大和と言うと先の戦争が浮かぶ方が大半だと思いますが、こちらは2代目。
初代艦は明治の初め、神戸の小野浜造船所で建造、勝海舟や坂本龍馬で有名な海軍操練所と海軍塾があった辺りから程近い所です。
小野浜造船所、明治の中盤に呉海軍工廠に吸収されているのでそんなに一般的ではないかも。

東郷平八郎は大和の造船監督官として神戸に派遣されていたのですね。
その際生活していたのが花隈の神港倶楽部で、滞在期間はおよそ1年。
そこで使っていた井戸を記念して建てられた石碑が「東郷井」。


神港倶楽部は戦災で焼失したのですが、その跡地が川崎重工健保会館となっていた。
ただこちらが売却となり石碑もどうなるかという感じであったのですが、どうにか残していきたいという地元の要望で花隈城に移転となっています。
今年の5月10日だったので、本当につい最近のこと。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0769.jpg


場所は山の上から山の下に移っただけ、元の位置からも大して遠くないという史跡巡り愛好者(笑)としては大変ありがたい感じになっています。笑
しかも駅前。

表が東郷井。
文字は財部彪です。わーい。左下に「彪書(花押)」とあります。
裏面には碑文が刻んである。
移転前は近づくのが難しい上植込みで判別不明でしたが、すんごく分かりやすくなった。

東郷井は既にサイトの史跡案内で紹介済みですが、改訂して近い内にアップします。
この史跡、古くて小さい写真しかなかったんだよなあ…
大きいのがあったような気がするのだけれど見つからなかった。気のせいだったか^^;
雰囲気は以前の方が良かったので、それはちょっと残念かな。





昨日は久しぶりに神戸に行きました。
元町高架下とかホントひっさびさ。
東郷井は阪急花隈駅が最寄りですが、JR元町からも歩いて10分くらいです。
モトコー、どんどん進むと軍装品店があったんですよね。今もあるのかな。
海軍大将の礼服とかあって驚いたことがあるわー
書簡とかあります?と聞いたら、「あれば買う」と言われる。笑
違う違うそうじゃ、そうじゃな~い~
私が欲しいんだよ!(笑)
あまり扱ってないみたいでした。

昔は京都の古本市でも明治の元老元勲とか勝海舟とか有名人の掛け軸とかよく出てたんですよ。
壁にかけてあって、まあ観賞用だなあ(笑)
出す方もそうだったのだと思う。
最近はそういうの全く出なくなって遊びに行く楽しみが半減ですわー

関西では近代政治家なり軍人なりの遺物に触れられる機会や場所は少ないんですよ。
近代政治史はやっぱり東京だよなあ… 
関連記事

固め修めし大八洲(9)

戦艦八島の話、続き。

八島と初瀬が沈んだのは明治37年5月15日。
実はこの日、この2艦に先だって春日に衝突された巡洋艦吉野が沈んでいる。

前日14日には通報艦宮古が触雷で、翌日16日には赤城に衝突された砲艦大島が沈没。
翌々日17日には駆逐艦暁が触雷で沈没。
顔色を失うどころの騒ぎではなく、連合艦隊にとっては文字通り魔の5月、呪われた5月でした。


根拠地に着くと第1戦隊司令官であった梨羽時起、初瀬艦長中尾雄、八島艦長坂本一、敷島艦長寺垣猪三、龍田艦長釜屋忠道、笠置艦長井出麟六ら各艦長が東郷平八郎司令長官に報告をしに行っている。

三笠に行ったら舷門まで東郷長官が迎えに来てくれて、坂本は互いに手を握ってただ涙が出るばかりだったと回想しています。
長官室で報告に向かった艦長全員が号泣した。
泣くよりほか何も言葉がなかったと寺内猪三が言っていたけれど、本当にそうだったのだと思います。
連合艦隊は 5月15日だけで戦力の33%を失った。


全戦力の3割って。
こんなことになってしまって、これからどう戦えばいいのか。
そう思って泣く艦長たちに東郷は、御苦労だったねと一言、お茶を勧めたといいます。
すごいなこの人。素直にそう思う。
流石に薩英戦争からの猛者は違う。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0558.jpg


この東郷の態度が虚勢でも何でもなかったというのは、朝日に観戦武官として乗っていたイギリス海軍のペケナム大佐の言葉からもよく分かる。
全く平素のまま。
それを見た将卒たちがどれほど心を安んじたか。

伊藤正徳が「日本海軍は良い司令長官をもった」と書いているけれど、本当にそうだったのだと思います。
肝っ玉座り過ぎ。
総大将というのは本当に全軍の要なんですね…



初瀬は乗員の半数以上が亡くなりましたが、八島は幸いにもひとりの死者も怪我人もいなかった。
不要人員の退艦処置が早かったのと、艦の沈み方がゆっくりであったため。
ロシア海軍にも八島の沈没は認識されていなかったようで、とりあえず八島喪失は隠匿された。

日本国内の士気の事もあるし、公表して敵の士気を上げることもない。
それに公表は外債の募集にも大きく影響するだろうし。
3割減はやっぱり大きいわー 


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0514.jpg


ただそれで困ったのが八島の乗組員でした。
沈没が公表されたのが翌明治38(1905)年。
日本海海戦直後の5月31日だったので、その時まで八島は存在していることになっている。
勿論八島沈没は極秘事項なので、”八島”乗員は士官も兵員も全員内地との連絡を完全にシャットアウト。

そんな状態なので、内地から何にも取り寄せることもできない。
誰彼の私物もほぼ全部が海の藻屑になっており、必要なものは友人から分けてもらうとか、そういう事をしていたそうです。
兵員達が特に不便をしたそうで、誠に気の毒だったと坂本が話していた。



八島最後の艦長であった坂本一が八島の副長をしていた頃の話をこの連載の一番初めに書きました。
その次の次の副長が八代六郎。
山梨勝之進が八島で甲板士官をしていた頃、ハンモックから落ちたことがあったそうです。


八代六郎  山梨勝之進


その時に真っ先に駆けつけてきたのが八代副長。
そうして自分の子供を抱きかかえるようにして「大丈夫か」と気遣ってくれた。

ある時は買ってきた長靴を、
「履いたらサイズが合わないので君に上げるよ。捨てることもできないから」
初めから山梨に上げるつもりで買ってきている。
八代六郎はそういう人だったそうです。
情熱い、部下を可愛がる人だったみたい。
(ロシアであれだけ広瀬武夫の親身になって世話をしてやった様子が分かる気がします)


坂本と次の副長はやかまし型、八代は全幅の信頼を置いて何も聞かない副長。
八島の副長をひいて、人には色々ないき方がある、と山梨の漏らした感想が非常に印象に残っています。

八島と聞くと、雑多ながらばらばらっとこういう事を思い出す。


基本的に沈没した艦の名は縁起が悪いということで継承されません。
八島も初代艦のみ。
多くの人の思いと、多くの人の思い出と共に八島の名前も海に沈んでいった。



これにておしまい。

と書きたいところですが余滴があります。
(びっくりするほどいつも通りだな) 
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)