Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

バトン

上村彦之丞は日露戦争の蔚山沖海戦で撃沈した露艦の将兵627人を救助したことでよく知られる提督でもあります。

『上村大将追悼録』には佐藤鉄太郎も寄稿していますが、やはり日露戦争時の話が中心でその話にも触れられている。
佐藤はこの話を割とあちこちでしているようですね。
確かに色々な面で話しやすい内容ではあると思う。


上村彦之丞 秋山真之 東郷平八郎 瓜生外吉 加藤友三郎 舟越楫四郎


其の当時上村将軍は日に月につもり来たりし我艦隊乗員の鬱憤の
或は露国艦隊の将卒に向て発せんことを惧れられたので殊更に
「捕虜を好遇せよ」との命令を発せられたのである。


大丈夫だろうか国の名誉を傷つけるようなことをしはしまいかと心配する佐藤先任参謀をよそに、日本の兵員達は捕虜となった露兵を大変丁寧に扱った。
兵員達の行動もさることながら、武士道を重んじ敵の将兵を厚遇した上村の態度が広く称賛されました。

上村のこうした行動は西郷隆盛の姿から学んだものであったようです。
具体的な話としては戊辰戦争の際の会津藩の降伏の話が出ていたのだけれど、庄内藩の事ではなかろうか…(東郷吉太郎の寄稿による)
曰く、


薩州の兵隊の居る宿舎は戸を閉め道路に居る兵隊には背面を向かしめ降将を見せしめなかつた
而して降将は礼を以て遇し決して辱かしむべきものではないと老西郷は云はれた(※土原註:と上村が言っていた)


私は知らなかったのだけれど、日清戦争時、秋津洲艦長であった上村は拿捕した敵艦操江の艦長以下を西郷同様に遇したらしい。
秋津洲に収容する際には総員を艦の前部へ移動させ、後甲板の人払いをした後、艦長室に降将を引見した。
そう東郷に話した上で「敵の降将を遇するに決して辱かしむべきものではない」と、今度は上村が東郷に伝えている。

東郷吉太郎(海兵13期)は日露戦争終盤時は朝日の副長でしたが、露艦アリョールを捕獲した際、上村の話をすぐに思い出したそうです。
アリョール艦長の死没に際しては、少なからぬ同情と礼儀を尽くさざるを得なかったと回顧している。

読んでいて、なるほどなあこうして受け継がれていくものなのだなと、正直感心しました。
げにありがたきは優れた先達かな。


こうした敵の名誉を重んじる行動については、同じく日清戦争時の連合艦隊司令長官伊東祐亨の話がよく知られています。
降伏を申し入れてきた敵将丁汝昌に対する扱い、また自殺した丁の遺骸をジャンクで送らせてくれと申し入れてきた清国側に激怒して決して許さなかったこと。
伊東は処分されるのを覚悟の上で独断で没収する筈であった商船をリストから外し、丁の棺を送らせています。


東郷平八郎 伊東祐亨 井上良馨


伊東もまた薩摩出身です。
薩摩だけではなかったと思うけれど(乃木希典の水師営の会見の例もあるし)、士風というものがあるのだろうなと思う。


先日鹿児島に行った際に、伊東祐亨の誕生地にも行ってきました。
清水馬場やったわ…!
桐野利秋さんちから近いやん…


伊東祐亨誕生地 


しっかし非常に冷たいこの仕打ち。
石が建っているだけで(しかもゴミステーション…)、伊東に関する解説版すらなかった。
凄い提督なんやぞ、伊東。
好きな提督だけに悲しいわ…
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)