Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

今日の財部日記

財部彪日記、漸く終わりが見えてきました。
読むだけは読んだけれど、それと釈文を取るのとではまた別の話だわー(今更)
サラッと読み流すのと一字ずつ文字に起こしていくのとでは言わずもがな大分違うのだけれど、PCが必要なので物理的な制約が…
それでも半年分あった日記もあと明治30年8月分を残すのみになりました。

サイトに上げている「公文書に見る広瀬武夫」でも考察しましたが、留学直前になる7月が滅茶苦茶忙しい。
オフィシャルでは国内の軍事設備の視察ぐらいしかしていなさそうに見えるのだけれど(そんなわけないって…)、プライベートでは友人知人の訪問と送別会の嵐。
財部は本当にマメに日記をつけていて、今私が見ている半年間で記述がない日はほぼないに近い。
1・2回はあったけれどその程度。
それが出発前の1週間程は真っ白になっている。笑
広瀬武夫にしても当時の日記?からするに随分忙しかったようで、これは同時期に留学した秋山真之や林三子雄、村上格一も同様でしょう。


村上格一、林三子雄、財部彪、秋山真之 


交通の事情も通信の事情も今とは違います。
幾ら家を空けることが多い海軍とはいえ年単位での海外留学・駐在は、特に家族にとっては大事であったと容易に推察できます。
海外にいる間に親族のが誰かが亡くなるというのが普通にある。
広瀬に至ってはロシア滞在中に祖母、弟、父を亡くしています。
向井弥一にしても三笠回航委員として滞英中に家族を亡くしている。
書簡には誰とは書いていなかったけれど、恐らく奥さんです。
だからこういう話が出てきたら周囲が早く身を固めて両親を安心させろと言うのですよね。
財部がそう言われたのと同じで。

その財部君の東京での定宿は有信館という旅館だったらしい。
有名なのかと思い調べてみたものの、ググっても神道無念流の道場しか出てきませんでした。
昔のガイドブックも幾らか見たけれどよく分からなかった。

村上格一、林三子雄、財部彪、広瀬武夫、秋山真之の5人は6月26日に各国留学の辞令を受けています。
財部本人は東京にいるのだけれど、当時彼は常備艦隊参謀でして辞令書は旗艦が停泊している横須賀に行っていた。
辞令は受けたけれど書類は受け取っていなかったのね。

それを取りに横須賀に行ったのが7月2日。
そして帰ってきたらなんかイネちゃん(奥さん)が…

…ってここで待て次号!
すまーん!眠い!(笑)


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

追憶+α

*****

この話は4回シリーズです。
追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代史 > MTS-ALL よりどうぞ。

*****


前回まで続いていた小柳資料の話ですが、実はあと2回程続く予定だったのだけど止めた。笑
秋山真之の話をサイトに移行する際に続きとしてアップします。

ちなみに続きは秋山ではなく、財部彪、山本権兵衛、鈴木貫太郎です。
鈴木貫太郎も割合名前が出ていました。
大人風且つ芯のある人柄に感銘を受ける人が多かったみたい。

割合名前がと言えば加藤寛治と末次信正もそうで、これは大体察しが付くと思いますが批判的な言葉が多かった…
個人としては優れている、良い人、なのだけれど、という感じ。
分を超えすぎた、海軍を誤らせた、という旨の言葉が随所に見られました。

嶋田繁太郎が村上格一について書いていて、これは結構面白かったです。
小柄でチョコチョコしていて(本当にこう書いてあった)、どーんと構えているといった人ではなかったけれど、押さえるところはバシッと押さえる。
特に数字・数学にめっちゃ強かったそうです。
参謀長(高木七太郎)が全然意見を取り上げてくれないのを愚痴って、意見が取り上げられるようにかえって頑張るものだと激励されたり。
高木七太郎、海軍兵学校15期なんですが、下僚の参謀からはちょっと評判悪かったみたい^^;
機嫌が良い時はニコニコして意見も容れてくれるけれど、悪い時はそっぽを向いて返事もしてくれなかったということが書かれていた。

評判が悪いと言えば、黒井悌次郎の話も載っていた。
これは誰の回想か失念しました(本も返してしまった…)
ついでに詳細も失念した(笑)
黒井は山形出身ですが、演習か何かの時に同郷の佐藤鉄太郎がいる方ばかりをあからさまに贔屓するので、かなり不満が出たということも書かれていた。


人間の世界だなーと思いますわ、ほんと…



※「続き」に拍手のお返事があります


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

拍手いただきました方&ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございます!
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)