Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)(4)

前回までで川村純義、足立たか、乃木希典、東郷平八郎、鈴木貫太郎の名前を出しましたが、『陛下、お尋ね申し上げます』で少し語られていたのはこの人々位。

昭和天皇は日露戦争以前の明治34年のお生まれで、維新を生きた人々と生きた時代が若干被っており、教科書に名前が載るあの人やこの人ともお会いしているのですね。
なんちゅう羨ましさ…
あの人どんな人でしたかとか、そらー聞いてみたい気持ちに駆られるわ。笑

昭和天皇に質問した記者たちも同じように思う人がいたのか、折に触れて関わった人の事が聞かれている。
引用は上記書籍より。


★★昭和46年4月20日の記者会見

昭和天皇が幼少期に教育を受けた川村伯爵、乃木学習院長、東郷御学問所総裁、杉浦重剛のエピソードがあれば聞かせて頂きたいという問いに対して。


*****
**川村純義について


天皇:
川村純義大将のことだと思うが、赤ん坊の時で、なにぶん小さく、それに短い間だったのでよく覚えていません。


でしょうね。^^;
川村純義については、まあそうだろうなあと思います。
3つ4つだと記憶があってもかなり遠いよな…
昭和天皇と1歳違いで、川村に預けられていた時は2・3歳であった弟宮(秩父宮)にしても、川村家の事は何一つとして記憶にないと回顧されています。

川村家での話は、イヤイヤ期(笑)の話を書きました。
ただ厳しくしても迪宮が風邪なんかひこうものなら、川村は袴に着替えた上で、小さい手を握って夜通し看病をしていたそうです。
簡単な風邪でもすぐに袴が出されるので、侍医は否が応でも真剣の上に真剣にならざるを得なかったそうで。
厳しかったけれど、当然ながら、そらーもーそらーもーめちゃくちゃ大事にされていた。

先日まずは大山巌に里親の話が降りたという件を書きましたが、これってどういう選考がされていたのだろうと思うのですよ。
条件はあることはあったのですね。以下4点。

 ①武勲明らかなる老臣であること
 ②夫婦とも壮健である事
 ③子女を養育した経験があること
 ④家庭の和楽が豊かなこと

その上で、父君である大正天皇もさることながら、明治天皇の意向が強く働いていたというのがね…
選ばれたのが大山、次いで川村か、と思うのよ。
ふたりとも西郷隆盛の親戚である。


西郷隆盛 川村純義


若い頃に短期間であれ接した西郷隆盛に、明治天皇はとても大きな影響を受けています。
それ故に、明治天皇は明治10年の西南戦争の鎮圧は喜んだものの、西郷を逆賊とし、その上生命を奪った政府と軍の主脳からは心がやや離れてしまったのですね。
それが政務軍務のサボタージュとなって現れます。
これは大分前に「Relationship」という話で書きました。

見ているとその心の傷は時間が解決していった様なのですが、それも10年ほどという結構な時間が掛かっている。
迪宮が生まれたのはその更に10年後のことですが、うん。
西郷隆盛の関係者であったからなのかなあ…


*****
**乃木希典について


天皇:
学習院の乃木大将については、私が学習院から帰る時、途中で偶然、乃木大将に会って、その時乃木大将から
「殿下はどういう方法で通学していますか」
と聞かれたのです。

私は漫然と
「晴天の日は歩き、雨の日は馬車を使います」
と答えた。
すると大将は
「雨の日も外套を着て歩いて通うように」
といわれ、私はその時ぜいたくはいけない、質実剛健というか、質素にしなければならないと教えられ、質実剛健ということを学びました。<略>


乃木希典 東郷平八郎 


乃木に関しては昭和57年9月7日にも聞かれていて、その時は強い影響を受けた本は?という内容。
記者が、「例えば乃木が『中朝事実』を差上げたことは吾々も知っているのですが」と問えば、


天皇:
『中朝事実』のことは、これは事実でありますが、まだ初等科の時代ですから、よく読んではいませんけれども、そのあとで乃木院長は殉死したのですが、どうもその気持ちがあって、そういう本を私にくれたかと思ってます。


昭和天皇はそうは言うけれど、大正6年9月13日(乃木の命日)、東宮御学問所にご進講に上がった杉浦重剛が、
「乃木将軍が献じた本がある筈だが、」
と皇太子に話を向け、また本について質問するとそれにもきちんとした答えが返ってきたそうです。
杉浦は退出するとそのまま乃木の墓所に報告に向かったとのこと。

この『中朝事実』ですが、鈴木貫太郎が侍従長になった時に随分探したのだけれど、見つからなかったそうです。


*****
**東郷平八郎について


天皇:
東郷元帥については、東郷元帥や先生たちから帝王学というものの基礎を教えてもらったが、誰がどういうことをと批評することはできないが、平等にすべて今も尊敬しています。


ほうほう。
この時東郷については特に言及がなかったのですね。
所がですよ。


★★昭和53年12月4日の記者会見

記者の、東郷元帥とか保育にあたった足立たかなどの思い出はどうか、という問いに対して。


天皇:
東郷元帥に対しては私はあまり深い印象をもっていないから、鈴木タカに対してのみをここでは述べることにしたいと思います。


東郷元帥に対してはあまり深い印象をもっていない。

そうなんだ。
これは結構意外だった。

実は昭和57年9月7日の会見でも乃木と東郷の印象に聞かれていて、その時も
東郷元帥に対しては、あまりそういう印象はなかった
とお答えになっているのですね。

ただ東郷は以前「ParaBellum」で書いたように、最晩年の、晩節を汚したと言われてもしかたない行動をしているのでなあ…
敢てあまり突っ込まなかったという見方も、もしかしたら有りかなと思います。


つづくー
関連記事

昭和天皇と周囲の人々(主に明治)

こぼれ話、その2。
いや、内容的には全然零れとらんのだけれど。
今回は以前紹介した『陛下、お尋ね申し上げます』から。

昭和天皇は戦後の記者会見で戦前の事を結構尋ねられていました。
あまり細かい話は無かったのだけれど、昭和天皇の言葉の中に知っている人物がちらほら出ていたのですね。
明治の人とか明治の人とか明治の人です。
やっぱりそのあたりに興味があるのだ。笑

とりあえず、引用に入る前に昭和天皇が幼少期~青年期に関わった人物を上げてみる。
その方が分かり易いと思うので。


昭和天皇は明治34(1901)年のお生まれ。
お名前は裕仁、宮号は迪宮(みちのみや)。

誕生から2か月で里親、川村純義(65歳)に預けられています(初めは大山巌の所に話がきたが大山は固辞)。
川村は維新後から内閣制度に切り替わる辺りまで海軍の実力者であった元薩摩藩士。
妻春子が西郷隆盛のいとこである。


川村純義


川村は当時の皇太子、後の大正天皇から直々に里親になるよう依頼されているのですが(人物選考は勿論宮内省や侍従長などの宮中関係者)、
「自分の孫と思って扱ってくれ。過度な遠慮は無用」
そう言われたそうで、本当にその通りに養育した。

迪宮が2歳の頃、嫌いな食べ物を出されて「これいやー」。
イヤイヤ期か。笑
そうしたら川村が、

「食べんでよろしい」
「じじいはもうご飯を差し上げません」

じじい強い。
宮様、泣いて謝ったらしい。
ちょっと笑った。どこも一緒か。

しかしながら川村邸での生活は長くは続かず、川村の死を以って終了します(明治37年秋)。
3・4歳頃(数え年で5歳頃)のことで、その後は青山御所に戻ることになった。
そのすぐ後なのかな?養育掛としてある女性がやってきます。
それが足立たか。

足立たかは当時東京女子師範学校付属幼稚園の教師をしていた22歳の女性。
東大教授に推薦されてやってきた。
侍従長木戸孝正(孝允の甥、養嗣子)にたか女史を紹介された迪宮裕仁親王、彼女に最初に掛けた言葉は、

「足立たかと申すか」

3・4歳の子供の言葉遣いではござらぬ。笑
教育とはげに恐ろしいものである。

たか女史は庶民の子供の相手しかしたことが無く、皇孫のお世話と聞いて非常に緊張していたものの、実際には母親のぬくもりを慕って甘えてくるひとりの子供であると分かり、気が楽になったそうです。

たか女史が宮中で養育係を勤めていたのは明治38(1905)年から大正4(1915)年の10年間。
その後鈴木貫太郎と結婚します。
鈴木貫太郎は明治45年に妻(出羽重遠の妻の妹)を亡くしており、この時は再婚になります。

鈴木は後年昭和天皇の侍従長を勤めており、また敗戦時の首相でもあります。
昭和天皇は鈴木の妻が自分の養育掛であった女性であるということで、鈴木には結構な親近感をお持ちであったようで、
「たかはどうしているか」
とか、
「たかのことは母のように思っている」
とか、そういうことを折に触れて言われていたそうです。
また2・26事件の際に鈴木の生命を救ったのもこのたか女史で、鈴木でないと戦争を終わらせるのは難しかったであろうことを思うと、何とも言えない感慨がわく女性でもあります。

幼稚園の課程が終わると小学校の課程に入るということで、学習院に入学。
学習院で院長として裕仁親王を迎えたのが陸軍大将乃木希典でした。


はーい、つづくー
(またか…)
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)