Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Sweet Home

本の返却の関係でダイバーシティの続きをそろそろ書かねば…と思った矢先に予約していた本がやって来るという罠。
海兵17期、秋山真之と同期同郷の山路一善の娘さんの本を見つけましてね(有名な方のようでした)。

読んでいたのですが、何という幸せ家族…
山路のイメージとはかけ離れとるー!
とりあえず山路が家でパパと呼ばれていたことに驚いたわ。


確かに山本五十六の家でも、妻礼子さんが子供たちに向かってお父さん(五十六)のことを「パパちゃん」と言ってたよ。
原敬の家でも、養嗣子貢さんが養子になる前、原家で預けられていた時に原敬の内縁の妻を「ママちゃん」と呼んでいた。
え、じゃあ、じゃあ、原敬の事も「パパちゃん」…?
原敬を…、パパ…?


原敬 


と思いきや、流石にそうは呼べなかったらしく(笑)
おじさんと呼んでいた。

原貢は原敬の姪の子供ですが、家庭の事情で原家に預けられてから養子になる迄期間があり、幼心に自分だけが苗字が違うのが悲しかったそうです。
そうであったため養子になった時は嬉しくて嬉しくて、何の衒いも躊躇いもなく原の「おじさん」を「お父さん」と呼んだ。
これには原もちょっとびっくりしたらしい。笑
原も子供好きだからなー嬉しかったんじゃないかなー

料亭に行ってもハーフ(半玉/10代初め~後半の半人前の芸者)にもってもてだったそうですよ。笑
半玉がみーんな原の側にいっちゃうと、加藤友三郎も言っている。笑
話が上手だから、楽しいの。
演説は貢に義理にも上手いとは言えないと言われる程のヘッタクソなんですけどね!(加藤にも言われとります)

上の写真は昨日の新聞に載っていた原。
恐らく首相就任後の撮影だと思われますが、初めて見た(多分)ので切り取っておいた。


それはいいのですが、山路家裕福やわ…
芝白金に3000坪の家。
門を入ってから玄関までは並木道になっている、家というか正に御屋敷…^^;
そして向い側には財部彪の家。
あー芝白金三光町か。目の前か。
住所調べたら山路の家、芝白金三光町519番でした。
財部の家も恐らく同等規模程度かそれ以上であったのではないかと思います。

しっかしアレだね。
山路と財部は相婿になる訳ですが、奥さんが…大分違う…
財部の妻は山本権兵衛の長女、山路の妻は次女ですが、うむ…
山路の妻・すえちゃん。

彼女がね、滅茶苦茶素敵な女性なのよ!
ママ大好きの子供目線からの母親像(しかも筆者は母が44歳の時の末っ子。第8子)なので、多少贔屓目に見ている所もあるだろうけど、それを差し置いてもめっちゃ素敵な女性である。
夫と子供への愛と優しさに溢れとるね。
こういう家庭に育つ子供は幸せだと思う。
凄いわー
理想的な「the 日本の母」だわ。


屋敷には行儀見習いのお手伝いさんが沢山いたものの、出来ることはすえさんがほぼすべて自分で行っていたそうです。
料理が大層上手だったらしい。
読んでいて、大正末期~昭和初期に主婦がこんなの作れたんだと驚きました。
主婦と言っても実父は海軍の長年の実力者で2度の首相経験者とか、夫が海外経験も豊富な海軍中将っちゅうのは、大分世間一般の主婦とは様子が違いますけれども^^;

上がっていたのはグラタン、タンシチュー、コールドミート、ローストビーフ等。
子供たちのおやつもほぼ手作りだったそうで、ゼリー、フルーツポンチ、プリン、ビスケット、クッキー、パウンドケーキ、カステラ、タピオカのプリン、パイ、お団子、お汁粉…など。

タピオカのプリン!?

タピオカが一般的なってきたのってこの15年程だと思うのですが、山路家では既に食べていた。

実父山本権兵衛が郷土のお菓子・かるかんが好きでね、道具を態々取り寄せて自分で作っていたんですよ。
中々思う様に作れなかったそうで、娘に作り方を聞いていた。
これが確かすえちゃんじゃなかったかと思う。

結婚前は嗜みとして琴や三味線を習っていたそうですが、イギリスに滞在している山路が洋楽を好きと知って、琴も三味線も燃やしてしまったり。
子供がどうしてと理由を質した時の答えが、
「パパと同じ趣味を持ちたい、同じ心になりたいと思ったのよ」
ですよ。

家に帰ったらこんな奥さんが子供と待ってるんやで…
帰るのが楽しみだったんじゃないかと思いますわ。

著者のお名前、鎮子さんですが、祖父山本権兵衛の命名だそうです。
桜が満開の時期に生まれたから桜子でどうだろうとお伺いを立てたら、
「桜はパッと咲いてパッと散るからやめよう」
鎮海要港部で生まれたから「鎮」の一字を取っての命名だった。

山本権兵衛の家も近いのですよ。芝高輪でエラい近いのよ。
山本は時には総領孫の満喜子を連れて朝は散歩をしていたのですが、その散歩コースにこの娘ちゃんたちの家がある訳ですよ。
タイガーが毎朝やって来る。笑
娘はいいけど婿の立場だと辛かろう。笑
関連記事

山路一善の本

梅田に行ってきた。
キタの方はここ数年で本当に激変しましたな。
古本屋街が以前より便利な所に移動しており、更に駅チカになったので私にとっては大変キケンな場所に…
吸い込まれるように入ってしまう^^;


20170505_3


そして吸い込まれるように店に入った結果がこれである。
山路一善だーと思って手に取る。
『禅の応用』しか知らんかったわー

山路は秋山真之と同郷で同期17期、山本権兵衛の娘婿になります。
私としては山路は皮肉屋の印象が強い人物。
そしてこの人は何故山本の次女と結婚したのか、昔からの謎だったりする。

見ている限りでは山本に対してはそうでもないが(書き方からすると恐らく尊敬していたと思われる)、財部彪に対しては酷い。笑
この人の財部への風当たりの強さは知っていたのだけれど、やっぱりすごい…^^;
合う合わないで言ったら合わない人だったんだろうとしか言いようが。


山路、財部日記にも名前が見えているのですね。
親戚だしね(財部妻の妹が山路の妻)。
財部の悪口を言うけど、財部日記見とったらあーた酒乱の如く酔っ払って来客中の財部宅に押し掛けた挙句来客にまで迷惑掛けるとかしとるやんか。
海軍に長州人台頭の動きがとか、あれは薩摩の妨げになりそうとか、そんな話を財部にしに来とるやんか。笑

本の出版は昭和34年。
え?と思ったけれど、没年は更に4年後の38年。
うわーうわー。山路明治2年の生まれよ!(94才)

財部は昭和24年に亡くなっています。
というか、この出版当時、山路の先輩と同世代の多くは亡くなっているだろうよ。
明治10年生まれの山梨勝之進(海兵25期)なんかは昭和42年90才で亡くなっていますが、まあこの世代では長生きしてギリギリこれぐらいじゃないかなあ。

要するにだな、ちょっと死人に口なしじゃね?と思う所も、後からなら何とでも言えるわな…と思う所もあるんですん。笑


久々に行った古本屋だったのですが、上から下までなめる様にして見たわ(笑)
昭和8年出版の『秋山真之』なんかもありましたが、日露戦争・大正辺りの人物の伝記はネットで読めるものも結構あるの昔ほどの食い付きはない。
あ、でもこれ欲しいなと思うものはちらほらあり、その都度今必要?図書館にあるんじゃない?の反復である。笑
水野広徳の伝記や『此の一戦』『次の一戦』あたりもあり、こういうのを見ると誰か纏めて処分したのかと。纏めて入って纏めて出て行く感じか(笑)
関連記事

栴檀(4)

サイト移行の為下ろします。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)