Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

固め修めし大八洲(9)

戦艦八島の話、続き。

八島と初瀬が沈んだのは明治37年5月15日。
実はこの日、この2艦に先だって春日に衝突された巡洋艦吉野が沈んでいる。

前日14日には通報艦宮古が触雷で、翌日16日には赤城に衝突された砲艦大島が沈没。
翌々日17日には駆逐艦暁が触雷で沈没。
顔色を失うどころの騒ぎではなく、連合艦隊にとっては文字通り魔の5月、呪われた5月でした。


根拠地に着くと第1戦隊司令官であった梨羽時起、初瀬艦長中尾雄、八島艦長坂本一、敷島艦長寺垣猪三、龍田艦長釜屋忠道、笠置艦長井出麟六ら各艦長が東郷平八郎司令長官に報告をしに行っている。

三笠に行ったら舷門まで東郷長官が迎えに来てくれて、坂本は互いに手を握ってただ涙が出るばかりだったと回想しています。
長官室で報告に向かった艦長全員が号泣した。
泣くよりほか何も言葉がなかったと寺内猪三が言っていたけれど、本当にそうだったのだと思います。
連合艦隊は 5月15日だけで戦力の33%を失った。


全戦力の3割って。
こんなことになってしまって、これからどう戦えばいいのか。
そう思って泣く艦長たちに東郷は、御苦労だったねと一言、お茶を勧めたといいます。
すごいなこの人。素直にそう思う。
流石に薩英戦争からの猛者は違う。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0558.jpg


この東郷の態度が虚勢でも何でもなかったというのは、朝日に観戦武官として乗っていたイギリス海軍のペケナム大佐の言葉からもよく分かる。
全く平素のまま。
それを見た将卒たちがどれほど心を安んじたか。

伊藤正徳が「日本海軍は良い司令長官をもった」と書いているけれど、本当にそうだったのだと思います。
肝っ玉座り過ぎ。
総大将というのは本当に全軍の要なんですね…



初瀬は乗員の半数以上が亡くなりましたが、八島は幸いにもひとりの死者も怪我人もいなかった。
不要人員の退艦処置が早かったのと、艦の沈み方がゆっくりであったため。
ロシア海軍にも八島の沈没は認識されていなかったようで、とりあえず八島喪失は隠匿された。

日本国内の士気の事もあるし、公表して敵の士気を上げることもない。
それに公表は外債の募集にも大きく影響するだろうし。
3割減はやっぱり大きいわー 


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0514.jpg


ただそれで困ったのが八島の乗組員でした。
沈没が公表されたのが翌明治38(1905)年。
日本海海戦直後の5月31日だったので、その時まで八島は存在していることになっている。
勿論八島沈没は極秘事項なので、”八島”乗員は士官も兵員も全員内地との連絡を完全にシャットアウト。

そんな状態なので、内地から何にも取り寄せることもできない。
誰彼の私物もほぼ全部が海の藻屑になっており、必要なものは友人から分けてもらうとか、そういう事をしていたそうです。
兵員達が特に不便をしたそうで、誠に気の毒だったと坂本が話していた。



八島最後の艦長であった坂本一が八島の副長をしていた頃の話をこの連載の一番初めに書きました。
その次の次の副長が八代六郎。
山梨勝之進が八島で甲板士官をしていた頃、ハンモックから落ちたことがあったそうです。


八代六郎  山梨勝之進


その時に真っ先に駆けつけてきたのが八代副長。
そうして自分の子供を抱きかかえるようにして「大丈夫か」と気遣ってくれた。

ある時は買ってきた長靴を、
「履いたらサイズが合わないので君に上げるよ。捨てることもできないから」
初めから山梨に上げるつもりで買ってきている。
八代六郎はそういう人だったそうです。
情熱い、部下を可愛がる人だったみたい。
(ロシアであれだけ広瀬武夫の親身になって世話をしてやった様子が分かる気がします)


坂本と次の副長はやかまし型、八代は全幅の信頼を置いて何も聞かない副長。
八島の副長をひいて、人には色々ないき方がある、と山梨の漏らした感想が非常に印象に残っています。

八島と聞くと、雑多ながらばらばらっとこういう事を思い出す。


基本的に沈没した艦の名は縁起が悪いということで継承されません。
八島も初代艦のみ。
多くの人の思いと、多くの人の思い出と共に八島の名前も海に沈んでいった。



これにておしまい。

と書きたいところですが余滴があります。
(びっくりするほどいつも通りだな) 
関連記事

固め修めし大八洲(3)

戦艦八島の続き。

山梨勝之進が乗り組んでいた頃、八島の副長に坂本一がおり、また航海長に石橋甫がおり…という話でした。
坂本の次の次に副長として赴任してきたのが八代六郎だった。
おー八代さん!

山梨によると、坂本とその次の副長は細かい所までを見ているうるさ型、やかまし型の副長。
部下からするとちょっと参ってしまうようなところがあった。
しかしながら八代はその前任者ふたりとは全っ然違う毛色の副長だった。


八代六郎


その、総員を集めての一声。


「八島は日本一の艦である。従ってこれに乗っている人も日本一の人ばかり。
艦長も日本一、砲術長も、掌帆長、掌砲長も日本一だ」


総員なので、みーんな聞いているんですよ、この言葉。
砲術長も掌帆長も掌砲長も。みんな目を丸くして照れている。笑

「唯一例外なのが自分で、日本一まずい副長だ」

おお?

「だが取柄は自分は艦に来るとき墓場を作り、墓に入る用意をして乗込んできたことだ。
他に何も取柄はない。だから自分は全力で諸君に頼る。
そしてそのお陰で日本一の艦が日本一の成績を上げるんだ」


全力で頼るってそれどうなの?(笑)
…と思わんでもないけれど、多分中々言えることではないし、できることでもない。
で、本当に全力で頼るんですよ。
頼るというより全力で信頼するという方が合っている気がします。


「掌帆長、よかったらね、何も言わずに『よろしい』とさえ言えばいいのだ」

そう言って、八代は何も細かいことは言わずに掌帆長が「よろしい」というのを待っている。
そうすると掌帆長は”日本一の掌帆長”ということになっているので、副長に「よろしい」と言うまで一生懸命やる。
掌帆長がよろしいと言うと、それを受けた八代副長はそのまま艦長に、「艦長よろしい」。

こうなったらそらーみんな一生懸命するわ!
頑張るわ!^^;
山梨は「それだから艦の成績が上がる」と書いているけれど、本当にそうだっただろう。
これはもう責任感が違ってくると思う。

夕方、上陸するに際しても、
「自分ひとりが残るから、みんな上陸して自由にしていいよ^^」
ただ副長だけを置いてそんなことはできないと、2・3人差し支えない人をおいて残りは上陸していいようになったそうです。

前任者ふたりの次にこの八代で、山梨らは谷底から急に山の上に上がったような気がしたと書いているけれど、本当にそうだっただろうと思います。笑
これは全体の雰囲気も良くなるし、士気が上がっただろう。
ちなみに当時の八島艦長は瓜生外吉でした。
アナポリス出!


もう少し続きます。
思いの外引っ張るね^^; 
関連記事

固め修めし大八洲(2)

続き。

「はじめ」という名前ではもうひとり印象深い海軍さんがいまして、それが石橋甫。
私は何と読むのか長らく知らなかった…
心の中で「いしばしほ」って読んでた。笑。ほって。
海軍兵学校10期で広瀬武夫の兄勝比古と同期です。
山下源太郎、名和又八郎らも同期。

そんなに一般的に知られる提督ではないと思うのだけれど、航海の名手として知られた方です。
広瀬やもう少し下の代、恐らく山梨勝之進らの世代、もう少し下もかな~…
相当有名だったと思う。
明治期、優れた航海術で有名だった軍人は何人かいて、中でも新井有貫、三浦功、石橋甫。
新井と三浦は旧幕時代からの経歴。
山梨らの世代ではこういう人たちのようになるというのをひとつの目標にしていたそうです。


https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014416.jpg


広瀬武夫は新井と同じ艦に乗り込んだことがあります。
日清戦争の途中から広瀬は扶桑乗り組みになりますが、その時の艦長が新井だった。
そして広瀬は鹵獲した鎮遠の回航委員にもなっているのですが、委員長が新井だったんですね。
鎮遠は破損が酷くて日本まで直接航海が出来なかった。
それで修理のために旅順まで鎮遠を持って行くのですが、それを引き受けたのが旅順口根拠地知港事であった三浦功でした。

石橋については広瀬の書簡に名前が出ていた記憶があります。
ちょっと探しきれなかった…
運用の大家とか航海の大家とか、そんな風に書いてあった気がする。
自分で作ってる人名索引から漏れているorz
…三浦だったかな…

で、こんな(?)石橋ですが、山梨勝之進が八島にいる頃航海長だった。
航海士の時に航海長だったそうなので、直属の上司だったのか。
近くで見ていてめっちゃ無造作に、早く、しかも正確に海図に艦の位置を記していく手際の良さに驚いたと山梨が回顧している。


つづく 
関連記事

固め修めし大八洲

前回の続きというか。
坂本一と八島繋がりで。

八島は清国との戦争を見据えて建造された戦艦になります。
明治25年の海軍軍備拡張で計画された2艦の内の1艦。
もう1艦は富士。

ただこの2艦、議会が建造費を減額に次ぐ減額をした。
この議会対応を明治天皇が非常に憂慮されまして、帝自ら宮廷費から6年間30万円を、また文武官の官僚が俸給の1割を返納するという事態に至っている。
しかしながら日清戦争には間に合わなかった。
出来上がったのが明治30年かその辺りだったと思います。


山梨勝之進が少尉候補生として一番初めに乗り込んだのがこの八島。明治31年。
次の異動が明治33年の三笠回航委員です。
これは去年更新した「戦艦三笠のストライキ」で触れました。


https://blog-imgs-49-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/yamanashi.jpg


この八島乗組みの際、坂本一が副長であった時がある。
その頃の回顧が凄く印象的だったんだよね。

山梨曰く、坂本はずるくて賢くて頭が鋭い運用の名人だった。


図々しいことこの上なく、参謀の言う事も聞かないし艦隊の例規なんかも見やしない。
幾らかの留守番を残して、勝手にいくらでも理由をつけて兵員らを上陸させてやって、幕僚なんかが口やかましく言うと

「そんな規則あったのか。俺は忘れっぽいから勘弁してくれよ」

誤魔化しちゃう。
その代り艦にいる時は死ぬほどこき使う。
飴と鞭か。笑

人情をよく察して、また細かい所までよく人を見ていて、人間を使うのが非常に上手かったそうです。
そして何かあった時の手際も水際立っていたようです。

以前「腹が減っては」で書きましたが、パン食に不満を漏らしてサボタージュに出た兵員達に米を食わせてやろうと上官に進言したのは坂本でした。
頷ける話です。


ただちょっとうるさ型の副長だったみたい。
部下に縮こまる程の叱責をすることが多かったのか、神経衰弱で辞めてしまった人もいた。
現に山梨も同期と一緒に
「こんなにいじめられるなら海軍を辞めようか」
を話し合ったこともあったそうです。
辞めなかったけど。


ある時、用があるので里帰りしたいと坂本副長の所に申請に行った。
山梨はいつものように怒鳴られるんじゃないかと思ってびくびくしていたけれど、

「すぐに行け、何日いてもいい」

曰く、そういう所が賢くて上手な所だった。


山梨の言う「ずるくて賢い」という意味、なんか分かる気がする^^;


もう幾らか続きます。


「≫続き」に拍手のレスがあります~ 
関連記事

パラべラム~堀悌吉(余滴)

*****

この話は19回シリーズです。
サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****


『明治天皇と日露大戦争』という映画があります。
今年の初夏頃にデアゴスティーニから出てましたなー
解説だけ立読みするつもりでいたのに完全に忘れてて、気付いた時には書店からはもう姿が消えていた。笑

昭和32(1957)年封切の約半世紀前の大ヒット作ですが、いまだに評判がいい。
多分一番評価が高いのはエキストラによる行軍で、まだ昭和32年ですからね~
映画の為に練習した、ではなくて、軍隊経験者が兵隊さんのエキストラで出てる^^;
本物が出てる。
これだけでもちょっとみてみようかな、という気にはなる。
(※見たことない人はツタヤに置いてある)


主人公は明治天皇ですが、戦死者名簿に目を通しておられたりと割と細かい所にまで描写が及んでいます。
これは作られた美談等ではなく実際の話で、一兵卒に及ぶまで全員の名前を見ておられました。
読みが分からなければ調べるように、変わった苗字は由来を調べるように指示されたり、階級が上の方になると写真も併せてご覧になっていたと日野西侍従の回想にある。

あまり知られていませんが、陸海軍の忠勇を長く伝える目的で、戦争ごとに御府も建てられています。
日清戦争は振天府、日露戦争は建安府という、まあ倉庫ですが、戦争の記念品、戦利品を収めていた。
こちらにその戦死者名簿も収められていました。

映画の封切は戦後まだ12年しか経っていない頃で、作る側も見る側も戦前の教育を受けた人が殆ど。
こういうの、当たり前の知識だったのだろうなと思います。

この映画を見ながら同じく当時は知ってて当然だったのだろうなと思うのが軍歌で、戦闘場面の折々にゆかりのある軍歌が流れてます。
中々絶妙に、しかも自然に流れてきて、知っていれば分かるけれど、知らなかったら分からない(笑)
色々知識が試される(笑)(何の)


実はですね、製作顧問として堀悌吉がこの映画に関わっています。
映画監督から考証を頼まれている。
このエントリを書くために一応確認と思ってレンタルしたのですが、名前は出てなかった。
『不遇の提督堀悌吉』(宮野澄/光人社/1990)を見ると、同期の広瀬彦太と一緒に現場であれこれ聞かれたりしていたみたい。

このことについてやや詳細が書かれている書籍、私の手元にあるのは『不遇の提督堀悌吉』だけなんです。
小説で申し訳ない。
日本海海戦の東郷ターン撮影の際のカメラの回し方は堀のアイデアだったという話は『堀悌吉』(大分県先哲叢書)にも出ていたのですが。

出典は恐らく広瀬彦太編集の『堀悌吉君追悼録』(堀悌吉君追悼録編集会/1959)。
確認したかったのですが所蔵が大学図書館だけで貸出し無理やった…
(そして同時に頼んだ『加藤友三郎元帥』に至っては「広島に行ってください」って言われた。酷い。笑)
今の段階ではこれ以上確かめようがない。誰か詳細を知らないか。

小説の方では三笠艦橋(勿論セット)での撮影の様子を見て、広瀬彦太が
「玉木がいない」
と叫ぶシーンがあるんです。
あーと思うよね…

今まで何度か書いてきましたが、堀や広瀬彦太ら海兵32期は日露戦争の真っ最中に卒業、余り間をおかず各艦に配乗されています。
三笠に配乗された候補生は11名で、クラスヘッドであった堀悌吉もここ。
広瀬彦太はどの艦だったのか私は知らないけれど、同じく同期であった玉木信介も三笠。


http://blog-imgs-63-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_07260322.jpg


使い回し写真でごめんね。
右後ろに写っている白い服の候補生が玉木信介。
日本海海戦で勝利をおさめ、帰港した佐世保で三笠は爆沈しますが、その時に亡くなった堀たちの同期。
本当に色んな思いがあったのだと思う。


この映画、当時本当にヒットしたそうです。
会う人会う人が「良かった」と言って薦めてくるけれど、山梨勝之進はあんまり乗り気がしなかったそうです。
ただそんなに良いのならと映画館に足を運んで、実際に見たら涙が止まらなかったと本人が回想してる。
良かったらしい。

山梨さんは明治33(1900)年、三笠回航委員として渡英しています。
就航する前から関わったフネで、青年時代の肝脳を捧げたと自分で言っている程思い入れがある。

出ている人もね、みんな知ってるんですよ。
知っている人ばっかり。
明治天皇にも会ったことがある、山本権兵衛の副官を務めていた時期もあるので伊藤博文や小村寿太郎の所にも何回もお使いに行った。
日露戦争前には朝日艦で広瀬武夫と用談をしていることも、本人の口から伝わっています。
秋山真之に至っては第1次世界大戦の視察旅行のお供で8か月間一緒にいた。

堀にとっても山梨にとっても、本当に感慨ひとしおの映画であったのだと思います。



***



http://blog-imgs-62.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141215.jpg


これ何年か前に前ブログで一度出したことある写真。
とある本の中表紙に書かれていたのに気づいて超ビビる
思う存分撫で擦るというセクハラをはたらいてから返却した。笑

河野三通士は同郷杵築の友人のようです。
『英文毎日』の主筆を勤めたことのある人物で、ジャーナリストか。
堀が予備役編入後の昭和10年4月に来阪した際、河野と大阪湾を巡航したのだそうで。
そこに偶々居合わせたのが水野義人という大学生。

えっ。

えー…あの水野?
はい。あの水野です。
分からん人は阿川弘之の『山本五十六』を読みましょう(丸投げ)(笑)
事故死の多いパイロットの適性判断の為に、航空本部長時代の山本五十六が雇った観相見(手相・観相)です。
これがまた滅茶苦茶当たる。(当たるから航空本部の嘱託になったんだけど…)

堀はこの時に水野に観てもらい、現在の状況を当てられた上で、これからはそんなに悪くないということを告げられている。
こんなところで名前を見る人とは思っていなかったので少し驚いた。


***


大正6年海軍小演習の集合写真で、加藤亮一(主計)と思われる人がいました。
紹介で日本飛行機初代社長と書いたのですが、加藤の次に社長になったのが堀悌吉だった。
あ、同じ会社だったのか(笑)
堀の方は日飛、日飛、と覚えていたので、繋がっていなかった。笑
大分県先哲叢書『堀悌吉』によると、加藤の退任のタイミングを見ると、堀を入れるために辞めたんじゃないかという話。


***


ワシントンとロンドンの海軍軍縮で多くの海軍士官が予備役入りを余儀なくされました。
人員整理の必要性の有無に関係なく、リストラされた方には恨みが残る。
ワシントンの時は責任者である海相加藤友三郎ではなく、井出謙治にその矛先が向いたということはパラべラム(15)でも書きました。
堀も同じで、とある造船官から恨み節を聞かされたりしたそうで。


山梨勝之進の同期に宮治民三郎という人物がいます。
作家江藤淳の母方の祖父ですが(父方の祖父は江頭安太郎)、この方もワシントン会議後に予備役に編入された。
江藤には『一族再会』という家族の系譜を描いた本がありますが、その中でも一種強烈な印象が残っています。

宮治は海軍大演習で素晴らしい出来栄えを叩きだし、軍令部長に呼び出されて直々に褒められるような優秀な水雷屋であったそうです。
潜水学校の校長を最後として予備役入りしたのだけれど、これからという一番充実した時にまさかの宣告。
辞める積りも辞めたくもなかったのに辞めさせられた、そういう話を戦後に訪ねてきた孫江藤に語っている。
戦後ですよ。
余程の無念だった。
同じ思いを抱いて海軍を去らざるを得なかった人は、多くいたと思います。

加藤友三郎でさえ、同期の吉松茂太郎に

「友の野郎、あいつばかり偉くなりやがって、昔からの仲間である俺を邪魔にしやがる」

みたいな事を言われてしまう。
吉松は温厚で有名な人だったそうで、その人にしてこの言い草。(※吉松は軍縮以前に予備役入)

辞めさせられた人たちの思いは、まあなんというか。
海軍に残った人間への恨み節では収まらないだろうし、推して知るべし、でしょう。
ロンドン海軍軍縮会議の際、多くの予備役後備役の将官が決起会や会合を開いていたというのは、そういう感情の話もあったのだと思う。


予備役入りとなった時は潜水学校の校長だった宮治。
大東亜戦争が始まった時に、後輩たちの様子を見に行ったらこう言われた。

「大丈夫、教えられたとおりの事をしています」

えっ
宮治が辞めてから何年経ってんの…(※17・8年)

「馬鹿野郎!この戦は負けだ!」

そう怒鳴り散らして帰ってきた。そら負けてもしゃーないわ…
ただ日本も伊400とか伊401とか終戦間際にすっごいの作ってたんだけどね(本当にすごい)、本当に終戦間際過ぎて全然間に合わなかった。
こんなの作る事をもっと早くに許容できる組織だったら、歴史の推移も色々と変わっていたと思う。
(※12/21にナショジオで放送されます。『日本軍の極秘潜水艦』)

何時の時代も技術はすごいんだよ、日本。
何がダメってマネージメントが全然あかん。今も昔も。
経営が技術をダメにする。
伊藤博文や山本権兵衛がいなかったのが当時の日本の悲劇でしょう…


***


判明の変遷


財部彪、若槻礼次郎、谷口尚真


財部と若槻はひと目で分かる。
前列3人は名前が入っていたので、谷口もその時に自動的に判明。
長らくこの3人しか分からなかった。


財部彪、若槻礼次郎、谷口尚真、堀悌吉


この連載を始めてから改めて見て、堀悌吉が写っていることに気付く。


財部彪、若槻礼次郎、谷口尚真、堀悌吉、左近司政三、古賀峯一


サイトの「追憶(2)」に載せる左近司政三の写真を拡大加工した後にこの写真を見て同人であることに気付く。笑
中将の礼服を着ているので調べれば分かるだろうとは思ってたけど、そこまでする気はなかったのでラッキー。

そして大正6年海軍小演習の写真に古賀峯一が写っているのが判明した後、この写真を見てあれ?同じ人?
あとは左のふたりですが、調べる気はない(笑)
海軍の軍縮関係者だろう。


***


堀悌吉は阿川弘之の『山本五十六』の印象がとても強いです。
堀という人物を知ったのがこの小説だったからというのがあるのだろうなあ。

「山本五十六の親友」という話で終わってしまうことが多い気がしますが、見ていると「こんな人もいたのだな」と思います。
この連載の初めの方でも触れましたが、「戦争善悪論」とかね、見た時は流石にびっくりした。

こうした内容を文書として報告してしまう(学校の課題で)辺り、軍人としては相当特異であったと思います。
大正から昭和期の軍人としては誤解を受けやすい面もあったのでは?
大分県先哲叢書『堀悌吉』には、思想的に海軍での居場所を探すのが難しかったのでは?という旨の言葉がありましたが、本当にそうだったのだと思う。

「神様の傑作のひとつ堀の頭脳」と言われたり、海軍の至宝と言われたり、先の見える本当に聡明な人であったそうです。
先が見えすぎて、多分話が飛躍するのだと思う、話していて禅問答のようになってしまうこともあり、常人には誤解されやすい、理解され辛い点もあったみたい。

秦郁彦の本だったと記憶していますが(軍人の列伝だったと思う)、大失敗を迎える前には良心が駆逐されていく過程が必ずあるという旨の言葉があって、堀悌吉や山梨勝之進を見ているとその言葉をいつも思い出します。
大東亜戦争が負け戦だったからそう思うというのもあると思うけど。


パラべラムはこれにておしまいです。
ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。
というか長かった。お疲れ様でした^^

あー…
終わって良かった…(笑)
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)