Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

こぼれ話

ダイバーシティ関連で本編には書かなかったけれど、面白かった話。


①『竹下勇日記』

山口多聞、山本信次郎を通じて竹下勇の長女香ちゃんとの縁談を申し込んでいた。
断られた。
竹下は自身の考えを述べた上で先方に再考を促していたけれど、こういう場合ってどういう風に断りを入れるのだろう…

そして香ちゃん、聖心女子学院に通っていた。
そう言えば山路一善の娘たちも聖心女子学院だったなあ…何かあるの?


②『沢田節蔵回顧録』

沢田節蔵は外交官。
大正10年の皇太子御外遊の供奉員のひとりで、昨日更新したサイトでも名前を何度か出したのだけれど、回顧録にあった外交官の先輩の話が面白かったです。

井上馨の養嗣子勝之助の話が出ていて、この方外交官でイギリス大使(大正2~5年)を勤めていたのだけれど、その夫人・末子さんが大変な才媛であったそうです。
勝之助と結婚する3・4年程前に英国留学し、リバプール大学の教授宅にホームステイ。
英語を英国のハイソ同様に駆使し、話にしても手紙にしても社交に、外交官であった沢田らが到底及びもつかない程練達されていたそうです。
イギリス海軍司令長官夫人がイギリス人秘書を使っていると思っていた程だったのですって。
凄い。
原敬が
「井上夫人がもし男であったら、自分よりも早く首相になっただろう」
と零していたそうで、それも凄いわ。

へーと思って井上末子をググったら「近代日本とフランス」という国会図書館の企画ページに出てきていた(西園寺公望ー青春の巴里:別窓)。
以下要旨。

井上勝之助が退職して英国留学することを祝う書簡に、末子夫人の仏語能力について言及がある。
末子は英・仏・独語に通じた才媛として知られ、社交界の花としてその美貌を謳われた。
西園寺は井上の退職に伴い夫人が帰国するだろうことを惜しみ、
「欧土にて上等交際にハ仏語、仏文は不可欠なもの」であり、
「仏国巴黎ニ於て極々上等の仏語、仏文等御勉強相成候様」井上に勧めている。
勝之助の退職は大隈重信外相の認める所にならず、イギリス留学は出来なかったが、末子はパリで語学を研修することとなった。


凄いわ井上夫人。
というか西園寺、勝之助より奥さんの方を引き止めているような感じが…^^;

そしてこの井上勝之助の後にイギリス大使に赴任してきたのが先日来名前が出ている珍田捨巳になります。
沢田曰く、

小村外相の顧問米人デニソン氏の手伝いをつとめて英語公文起草にかけては省内随一といわれた幣原さんでさえも、珍田大使の英文には兜を脱いでおられ、

「珍田さんは公文書がお上手であると同時にラブレター書きも巧みで、公私の使い分けを心得ておられる。われわれ後輩には真似ができないねー。」

と話しておられたほどであった。


そうなんだ。
幣原喜重郎は外務省で「国宝級」と言われるほどの英語力があったそうなのですが、凄い人がいたんですねえ。
沢田が言うには、珍田は英語のオフィシャルとプライベートの使い分けが大変上手な方であったそうです。

ちなみに幣原は大阪門真の出身。
門真市立歴史資料館にちょっとした展示がされているということを昨年知りまして。
来月1年待ったシーボルト展がやっとこさ関西に来るので、そのついでにちょっくら行ってくる。
楽しみにしてたんだ。
展覧会では神戸で面白そうな展覧会がぼちぼち始まっていますので、そちらも楽しみにしております。

そして沢田もクリスチャンであった…
山本信次郎とは仲が良かったようで、婦人を伴っての海外赴任の際に就学中の子供を山本家に預けていました。

つづきまっせ。
関連記事

サイト更新(ダイバーシティ・山本信次郎/完)

サイト更新の御案内です。

近代 【ダイバーシティ(4)-2】<完>
 【4】東宮御学問所御用掛
  2)皇太子の御外遊 
   1.大正十年、皇太子の外遊
   2.供奉員として
   3.外遊中のエピソード

今回ちょっと長めですが、山本信次郎の話はこれにて終了になります。
自分ではもう少しぱぱっと終わる予定だったのだけれど、思いの外長引きました。
いつもの事ですかそうですか。
お時間がありましたら遊びに来て頂ければ幸甚です。

(※思いの外長くなったので、2ページに分割の上、各章に題名をつけました)

***


今回は山本が東宮御学問所御用掛であった時の大イベント、大正10年の皇太子のヨーロッパ旅行の話になります。
なぜ皇太子(後の昭和天皇)がこの時期に海外旅行に行ったのかという話は、以前サイトに掲載した「『竹下勇日記』を読む」でも触れています。
こちらも併せてご覧頂ければ分かり易いと思いますので、よろしければどうぞ(今回の更新ページにリンクを貼っております)。

いやー…
私この辺りの話大好きでね…良いよね…
最初は純然たる竹下勇目的だったんですけどね。

この時の供奉員の皆さん、本当に本当に大変だったと思う。
それまでの箱入りから一種スパルタでビッシバッシと教育する相手が皇太子
供奉員のひとりは皇太子の勘気に触れて下船命令がでたらどうしようと思っていたらしい。笑

しかし皇太子(20)だって大変だったと思うのよ?
軍艦に放り込まれて初めての海外旅行。
周りには当然おっさんしかいない。
しかも爺ちゃんや父ちゃん位の供奉員に結構な割合で取り囲まれて怒られる。
そら泣くわ。(笑)

ただこの外遊、昭和天皇にとっては非常に思い出深いものであったようです。
還暦をお迎えになった時の記者会見で、60年を振り返って一番楽しく感銘が深かったとおっしゃられている。

今回サイトで『陛下、お尋ね申し上げます』という昭和天皇の記者会見集を引用したのですが、ぽつぽつこの時の旅行の話が出ています。


<昭和45年9月16日>
私のそれまでの生活がカゴの鳥のような生活でしたが、外国に行って自由を味わうことができました。
そのことが最も印象深いことでした。
カゴの鳥のように何も知らない私を外国に連れて行ってくれた随員の世話で、外国でも何一つ困ることなく無事に使命が果たせ、旅行が出来ました。
今もあの時の経験が役立ち、勉強になって、今日の私の行動があると思っています。

<昭和54年8月29日>
その時の旅行は、それまでの私の生活では経験しない初めてのことであったので、相当苦労はしましたが、閑院宮はじめ、珍田その他の随員の親切な指導によって無事に帰れました。


何故か私が我がことのように嬉しい。
供奉員として随伴した人々が聞いたら泣いて喜んだと思う。

しかし「カゴの鳥のような生活」という言葉はかなり印象的です。
弟宮である高松宮も海軍兵学校に入った時の特別待遇がかなり不満であったそうですし。
皇太子だと余計でしょう。

あと同じく今回、『われらの摂政宮』というこの外遊の取材を許された時事新報記者の本を読んでいたのですが、昭和天皇のご学友に副島種忠がいて少し驚きました。
そうだったんだ。
副島種忠は副島種臣の孫になります。

原敬は鎌倉の腰越に別荘を持っていたのですが、その別荘と副島家の別荘が近くで行き来があった。
原の養嗣子貢がイギリスに留学する際、副島さんちの種忠君もイギリスに行くから同じ船に乗れば?と原のとーちゃんが言うのでそういうことになり、そしてふたりを上海まで送ってくれたのが副島種忠のとーちゃんでした。
そうかーそうかー昭和天皇の御学友だったんかー
関連記事

サイト更新(ダイバーシティ・山本信次郎)4-1

サイト更新の御案内です。

近代 【ダイバーシティ(4)-1】

こ、今回で終わると思ったや…(終わらんかったんやな)
多分次回で終わる。多分。笑

山本信次郎の伝記を読んでいて、一番驚いた所は今回書いた所でした。
こういう経歴の人が軍人の中にもいたのだなというのが今回の題名になっている。笑
昭和天皇が皇太子時代に外遊した時に、山本が仏語通訳を務めたことは知っていたのだけれど、流石にここまでとは思わんかったわー。
つらつら思うに私、山本の名前を今迄何度か見ている筈なのに、ぜんっぜん引っかかってなかったというのが良く分かった。笑
(興味がなかったらそんなもんである…

しかしこの方、東郷平八郎に随分と可愛がられた人物のひとりなのではなかろうか。
今回伝記からも引用したのだけれど、東郷は山本がクリスチャンであるからといって嫌な顔をしたことが無かったそうです。
東郷は彼の信仰よりも人柄の方を見ていたのだと思いますが。
しかしながら伝記には、信仰の事などまるで知らないのにキリスト教を攻撃する某将軍、といった表現も同時に出てきていたので、非難は結構あったのだと思います。
伝記から見て感じる程順風でもなかったのかなあ…
何とも言えない…


そして思うのだけれど、秋山真之と宗教の話をしたことがあったのだろうか、この方…
ちょっと興味がある所ではありますなあ。

あとちょっと章の編成を変えましたが、内容は変わっておりません。

そんなこんなですが、お時間がありましたらお立ち寄りくださいませ。
関連記事

ダイバーシティ*原敬日記

お久しぶりの原敬日記。


20170709_2 


まさかダイバーシティで使うことになるとは思わなかったのだよ明智くん。
山本信次郎出とったわー
折角だから引用で使うことにした。
ホント、いろんな人が出ている日記だわ。

序に書くと、原敬も若い頃、17歳の時に受洗しているのです。
洗礼名はダビデ。
入信した理由は生涯語ったことがないようで不明とされています。

ただ原が入信した頃というのは、教会が布教の必要上無料で宿泊させたりしていたようで、生活の必要上伝道師養成所に入る東北人も多かったそうです。
また欧米人にコネを作れば将来何かの役に立ち、薩長の鼻を明かすこともできるだろうという考えを持つ人も多かったそうで。
原の入信理由は生活の為という事だけではなかったようですが。
ただ後年の原の書斎にはマリア像が掛けてあったそうですし、まあ、色々と思う所があったのだろうと思われます。

ただ原がクリスチャンだというのは何となく、…そうなの?という感があるのだよ…
本当に、そんな感じがしないので。
墓所からして禅寺ですし。

山本信次郎については、実は去年結構大きなニュースが出ていたのです。
このブログでは非公開記事にしていて、取り立てては書かなかったのですが、以下。


丁度サイトで前回更新した辺りの話が出ていますので、興味がある方はどうぞ。

山本はバチカンに宛てた書簡の中で「カトリック信徒の原敬が首相に就任したことに触れ、日本への法王使節派遣の「好機」と強調している」(毎日新聞)とあるのですが、冷徹なリアリストである原は、事国政外交に関しては、日本(と皇室)の利益を最優先にしますからね。
カトリックだからというのは、この場合原にとっては全く関係のないことだろう。
(一国の首相と軍人が生きている世界の違いを感じますな)

まあ山本のリップサービスではとも思うけれど、山本は私が今見ている限りではそんなことが出来るような感じの人ではないのであった…^^;


***


2週間ほど前に犬用のレインコート買った。300円。安い。


20170709


女子にはぴったりだったのだけれど、男子はつんつるてんのぴっちぴち(若干)…
それでもこれよりはいいと思うんだ…!(笑)

雨に濡れないというのは、人もわんこもとってもとっても快適。
もっと早くに見つけたかったー
関連記事

ダイバーシティ(5’)

ダイバーシティをお読み頂きました方、ありがとうございました。

山本信次郎はクリスチャンでした。
今回の更新分でも少し触れましたが、クリスチャンである事が海軍軍人としての出世の枷にはなっていなかったようなのですね。
将官への進級要件である「大艦での艦長経験がある」を満たしていないけれども、最終は少将。
ただしこの要件には例外があるようなので、山本はその例外であったかと思われます。

クリスチャンで、かつ古い時代の海軍士官としては瓜生外吉大将がいますが、この方は大艦の艦長どころではないわな。笑
海軍は宗教にはあまり頓着しなかったのだろうか…

ただ大本教に関わり部内で布教をした秋山真之や浅野正恭(海兵15)を思うと、頓着しなかったということはなかったと思う。
時代背景も多分にあるだろうし、当時の当局者にも多少は左右されるだろうし。

大本教は国家神道(の祭祀者である天皇)を大本教の下に置くものなので、海軍のみならず国家として容認できるものではなかったということもあるだろう(そしてこの新興宗教は大正中期から爆発的に信者数を伸ばし、昭和初期には国民の約1割が信者になってました。国家としては看過できず、2度にわたり弾圧しています)。

山本や瓜生は海軍で布教活動をしていたような形跡がないので、その辺りに差があったのか。
しかし海軍士官数の内、どの位の割合でクリスチャンがいたのかはちょっと不明。

同じ山本でも山本権兵衛の方ですが、明治20年代の終わり頃、広瀬武夫と財部彪、上泉徳弥が3人連れだって山本宅に柔道研究会を設立したいと話に行ったことがある。
その時に
「海軍部内に小団体が発生するのは徹頭徹尾好ましくない」
と言葉を尽くして言われているのですよ。

小団体でさえ。

こういう事を考えても、横須賀の海軍機関学校の近くに教会があり、機関学校生徒がそこに通っているとか、横須賀・呉・佐世保の鎮守府が設置されている所に軍人ホームがある、というのは内心問題だと感じていたのではないかと、私なんかは思うのですが。

ただ山本信次郎が進路を宗教か軍人かで迷った時、フランス人宣教師が勧めたのは後者で、曰く、
「軍人として国の為に尽くすと同時にカトリックの為に働きなさい」
全ての人がこうではなかっただろうけれど、国家(海軍)が向う所と矛盾しなければとりあえずは良かったのか?


しかしながら『歴代海軍大将全覧』(半藤一利他/中公新書ラクレ/2005)の瓜生外吉の項目には、昭和期の話だろうけど海軍でも段々クリスチャンが増えて問題になるとあるのですね。

この辺り、どれぐらい増えてどう問題になったのかを知りたい所ですが、何を見たらいいのかが良く分からない^^;
そこまでこの連載で触れるのは方向も違うしなと(放置
書籍というより論文になるのではないかと思うわー

しかし日蓮宗は問題にはならんかったんか。笑(意地悪な見方
こっちも団体的な感じになっとったぞ。
(とはいえこちらは参加者が東郷平八郎だったり上村彦之丞だったり佐藤鉄太郎だったり…


とまれ、ダイバーシティは恐らく次の話で終了です。
まだ書けていないので暫しお待ちいただけばと思いますん。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)