Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

パラべラム~堀悌吉(18)

*****

この話は19回シリーズです。
サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****


続き。

昭和5(1930)年、ロンドン海軍軍縮会議の影響で、喧嘩両成敗的に海軍省と軍令部の首脳が更迭となりました。
しかし当時軍務局長であった堀悌吉はすぐには更迭されず、暫くその職にとどまっています。
海軍大臣も次官も変わってしまって、軍務局長まで変わると、海軍省の中枢ラインが短期間に全員交代となってしまうので、業務に支障が出ると見られたんじゃないかな。
まあ軍務局長級では直接動いてどうこう、という地位ではないので、それも大きかっただろう。


堀が異動となったのは翌昭和6(1931)年12月1日。
12月1日かー。これは定例の人事異動かな。
転出先は第3戦隊、その司令官(旗艦那珂に坐乗、旗下に阿武隈と由良)。
異動直後の昭和7(1932)年1月には上海事件が起こっており、その関係で編成された第3艦隊(司令官は野村吉三郎)に編入、上海に派遣されています。
同年11月には第1戦隊の司令官に転補。
比較的閑職であったそうで、この時は病気で入院といったこともあり激務回避の意味もあったのでは、というのが堀の推測。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_08240237.jpg


そして翌昭和8(1933)年11月15日、中将に進級した後軍令部出仕。
そこで8か月ほったらかしにされた後、昭和9年7月に鎮海要港部司令官代理として朝鮮に赴任しています。


普通に見てかなり異常な異動です。
異動の間の軍令部出仕というのは大体1ヶ月になります。
準備だったり調整だったりの期間で、8か月という期間は本人からすると待命に等しかったと推察します。
しかも異動先が鎮海要港部。
その上司令官代理…
新任中将を持ってくる場所ではありません。

鎮海要港部司令官は一般的には馘首一歩手前、ここを最後に予備役に編入されるという役職です(米内光政はクビにはならんかったけど、この人はまあ特殊なので)。
日露戦争頃の舞鶴鎮守府長官みたいな感じ。
こんなんね、海軍としてもう堀を使う気はないって言ってるのとおんなじです。


この頃になると、堀も大体自分の運命を分かっていたようです。
本人でなくても海軍にいる人や海軍の事をある程度知っている人なら分かるわな。

しかもこの頃、もう大角人事が始まっています。
昭和8(1933)年3月に山梨勝之進、9月に谷口尚真、小林躋造が予備役入り。
昭和9(1934)年3月に左近司政三、寺島健が予備役入り。


http://blog-imgs-62.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20141212.jpg


いずれも軍縮に貢献したり、軍政畑と関わりが深かったり、満州事変の際に軍拡に反対したり、軍令部の権限拡大に反対したり、の方々になります。
要するに軍令部とは相対していた人たちで、所謂条約派と言われる将官。
彼等が次々と予備役入りしていく中での、クビ一歩手前のポストへの堀の転出。


この時堀の事を一番心配したのが山本五十六だと思われます。
山本は第2次ロンドン海軍軍縮会議の予備交渉のために日本を発ちますが、その直前に伏見宮軍令部総長に直訴している。(昭和9年9月)
大角海相、軍令部第1部長・嶋田繁太郎(同期)にも同様の話をしていたようです。
曰く、

同期の堀と塩沢幸一についてはとかく誤伝が多い、それに惑わされず人事の公正を求める、

というもの。
山本は伏見宮から了解の言質を取り安心して出発したのですが、結果として反故にされた。


第3戦隊司令官に転補されて以降、堀に対する非難・批判・誹謗は酷かったようです。
軍艦を動かせば”その動かし方が弱腰だ”。
トラブルを避ける為に取った処置は”周章狼狽倉皇として逃亡した”。
”海軍軍人にあるまじき卑怯の振る舞いだ”。
事あるごとに、事がなくても所謂艦隊派とされる人物が堀をいちいち論って非難する。

終いには軍令部総長伏見宮が、
「堀は実施部隊の指揮官には不適当」
なんてことを言い出すようになった。
余りに酷い中傷は家庭にまで届き、堀の妻が神経衰弱になっています。
堀が大分杵築に帰省した折に地元の子供にも悪いことを言われる程で、相当すごかったのだと思う。


大角人事の様相を中沢祐(海兵43期)が山梨勝之進より聞いています。
それが以下。
時期は昭和9(1934)年の初めごろだと思う。


大角海相のうしろから、いろいろ強い示唆や圧力がかかっているんだよ。
具体的にいえば、伏見宮殿下と東郷さんなのだ。
東郷元帥が海軍の最高人事に口出ししたことを、私は東郷さんの晩節のために惜しむ

(『四人の軍令部総長』より)


海軍の人事は海相の専任事項なのですが、昭和8(1933)年の省部事務互渉規定改定以降それが変わってきます。
軍令部総長への相談・了解が慣例となってしまった(明文化はされず)。

省部事務互渉規定というのはあれだ。
実は既に話が出てきている。
大正4(1915)年、佐藤鉄太郎が軍令部次長であった時、部長島村速雄の留守中に軍令部の権限強化を画策して左遷された話を書きました。
この話なんですよ。
この話の続きなんです。
佐藤が実現しようとして失敗したことが、昭和8年に実現した。

互渉規定改定を高橋三吉軍令部次長が推し進めたのはよく知られていますが、
「自分がいるうちでないとできないだろうから、どんどんやれ」
と督励したのが、当時軍令部長であった伏見宮になります。

皇族の権威を背景に海軍省を圧迫して改正させた。(井上成美が南雲忠一に脅されたのはこの時の事)
そして海軍軍令部が軍令部、軍令部長が軍令部総長と改まったのも互渉規定改定以降になります。
(軍令部軍令部と書いていますが、昭和8年迄軍令部の正式名称は海軍軍令部です)

堀本人の話によると加藤寛治も非道い中傷をし、また伏見宮に吹き込んでいたようです。
一例に曰く、

山下源太郎未亡人が某海軍軍人と怪しい仲という怪投書があったがその犯人は堀だろう。
(仲人四竈孝輔からの直話による)

加藤……(;△;
私ね、加藤は日露戦争頃までは結構好きなんです。
ひとえに広瀬武夫との関係で(というかそれしかねえ)。
良い所も結構ある人物だけれど、でもこれはあかん…

ただ加藤とみていると、末次信正に上手く利用されただけの側面が強く(それだけでもないようだけど)、
加藤の四天王といわれた加藤三吉らにしても上にいたのが偶々加藤だっただけ、という感じの様で、
事終わってしまうと人が寄りつかず、晩年は寂しい感じだったという話があります。


堀が書き記したこの頃の海軍の内情を見ると、本当に心が暗澹とします。(『堀悌吉』所収「海軍現役ヲ離ルル迄」)
明治期でも人間絡みの暗い話は色々あったと思うけど、ちょっと次元が違ってきてる感がある。
これが私の好きな海軍だとは思いたくないorz


堀が予備役入りとなったのは昭和9(1934)年12月。
当時ロンドンにいた山本五十六が、書記官榎本重治より夢に堀悌吉が出てきたと聞かされて、

「堀がやられた」

と直感したという有名なエピソードがあります。
また山本は『大海軍を想う』の伊藤正徳(当時時事通信の特派員)に

「堀を失ったのと大型巡洋艦の1割と、どちらが大切なのか」
「海軍の大馬鹿人事だ」

という事も述べている。


出発前相当の直言を総長にも大臣にも申し述べ
大体安心して出発せるに事茲に至りしは誠に心外に不堪、
坂野の件等を併せ考ふるに海軍の前途は真に寒心の至なり

如此人事が行はるゝ今日の海軍に対し之が救済の為め努力するも到底六かしと思はる、
矢張山梨さんがいはれし如く
海軍自体の慢心に斃るゝの悲境に一旦陥りたる後、
立直すの外なきにあらざるやを思はしむ

爾来会商に対する張り合いも抜け身を殺しても海軍の為なとと云ふ意気込はなくなってしまった
<以下略>

(昭和9年12月9日 堀悌吉宛山本五十六書簡 『堀悌吉』「海軍現役ヲ離ルル迄」より)


堀悌吉
(下部の写真が引用書簡)


堀の運命を聞いた山本は酷く気落ちして、海軍を辞めてしまおうとまで思ったようです。
しかしそんな山本を励まし、
「貴様まで海軍を辞めてどうする」
と強く慰留したのが堀でした。



現役を退いて後、堀は山本や古賀峯一といった海軍関係者たち(というか実質海軍)の斡旋で、海軍関連の軍事産業の会社に就職します。
日本飛行機や浦賀船渠(浦賀ドッグ)の社長を務め、他にも幾らかの企業に関わっている。

そして実業界に身を置いたまま、昭和12年日中戦争、15年日独伊三国軍事同盟、16年日米開戦。
昭和18年には山本と古賀のふたりの親友の戦死を立て続けに見、昭和20年の敗戦を迎えることになりました。

自分を疎んで追い出した海軍。
その古巣を複雑な思いを抱いて支えながら、国が急速に戦争に傾斜し、また敗戦に向かっていく様を見て、堀はどう感じていたんでしょうねえ…


開戦時の海相であった嶋田繁太郎(同期)の回想があります。
(『戦史叢書 大本営海軍部・連合艦隊(1)』、昭和42年の言)


開戦前の時期に堀などが海軍大臣として在任したとすれば、もっと適切に時局を処理したのではないかと思う


言っても詮無きことですが、戦前の昭和はあの時ああなら、この時こうならと思うポイントが多すぎる。
ロンドン海軍軍縮会議とそれを巡って起こった紛糾は、戦前期のひとつの大きな転換点だと思います。
海軍にとっても、国家全体にとっても。


最後に堀自身の言葉を。


今日から遡って当時を追憶し

「若しあの時、自分が尚、責任を頒ち得る立場に居たとしたならば、
或いは身命の危険に曝される様な場面があったかもしれないが、
三国同盟反対でも、時局収拾に関してでも、何かもっとしっかりした貢献が出来たのではなからうか、
たとへ天下の大勢既に決し、如何ともする事が出来なかった事由があったとするも、
何等かの形に於て、何等かの方向に自分の力を致す事が出来なかったものであらうか」

との様な考が浮ぶのを禁ずる事が出来ない。
是等の点は悔恨の念が永久に消え去らずに、何処にか心の奥底に潜む所以である。

「あなたは早く海軍をやめて置いてよかったな」

と云はれる時、それが全く善意の慰安の言葉である事は分かり切って居ても、
吾が心の奥底に存在する過去の恨が蘇へり動き出して、

「それはそうだとも」

と自分が合槌を打って謝辞を述ぶる時に、自ら自己を詐って居る様な気がしてならないのは、
以上に述べた様な所のものが、脳裏に存在するからであらう。

しかしこれは過去に対する未練でもなく、又勿論現在に対する自己満足でもない。
唯だ過ぎ去った時代に対する淡い思ひ出の副産物にすぎないとも云へよう。


(『堀悌吉』 「自伝」より)


この連載の初めの頃、堀の海軍軍人としての志がどんなものであったかを何度か書きました。
曰く、


身を海軍において、国家を外敵より防衛し、
国内安泰維持、民族平和的発展及び人文増進に貢献出来得る様に
努力する事を天職として心得て行かうと決心したのである。 
(同上)


本当にこの人が海軍の要路に残っていたらと思わざるを得ない。


***


ということで、半分以上が軍縮会議で占められた(ごめん)堀悌吉の話はこれでおしまいです。
18回という自分でもちょっとびっくりの長さになってしまいましたが、ここまで読んで下さった方には(そんなにいる様に思えない…笑)、お礼申し上げます。
というか、間が空き過ぎて「何の話だったっけ?」になってしまって申し訳ない。
書いてる人間でさえ忘れかけてるっちゅうね。どうなのよそれっちゅうね…orz

個人的には、いつかは話の展開から書かないといけないハメに陥るんだろうなあと思いつつかすりながらも何年も巧妙に避け続けてきたロンドン海軍軍縮会議の話(長い)を書けて良かったです。
これから「以前書いたからそれ読んで」って言える。笑

あとこれもいつかはと思っていた私涙目(…)の財部彪の話、軍縮の後で進んでいたリストラの話が書けて満足です。
財部に関しては批判はされるけれどその背景に触れられることはほぼないし(まず批判ありきっぽい)、日露戦争時代に活躍した将官たちがリストラにあっていたこともまず言われない。 
このふたつの話は、あんまり触れられることがないように思うんです。
というか一般書レベルでは私は見たことないわー
寄り道の多い連載でしたが、そういう話も書けて良かったかなと思う。

堀の話はこれで終わりですが、あと1回だけ余滴として。
まあおまけです、おまけ。

という訳で続きます。笑




今日は滅茶苦茶寒かったですね。
私の住むあたりでも明日の天気予報で雪マークが出てるー(棒)
…。……。…………。
12月に雪(マーク)とか。
いやあ1月2月でも雪降るとか、特に近年は滅多にないのでちょっと驚き。
明日は雪の進軍なのか。
関連記事

大正6年海軍小演習の写真、続き(2)


内容はサイトに移行しました 
関連記事

大正6年海軍小演習の写真、続き



内容はサイトに移行しました 
関連記事

パラべラム~堀悌吉(9)

*****

この話は19回シリーズです。
サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****


山本五十六がロンドン海軍軍縮会議でなぜ猛然と妥協に反対したのかの理由はよく分からない。

恐らく純粋に軍事的視点から国防に問題が出るといった反対だったのだろうし、全権の交渉の仕方がまずいという思いも、政治家が海軍を蔑ろにしているという反感もあったと思う。

ただ、その後いわゆる条約派の提督となったのは確かで、それから日米開戦すべからず、に続いていく。
アメリカに駐在した時代と海軍次官やGF長官を勤めた時代、その間にロンドン海軍軍縮条約が挟まっているから一貫性を見いだせず、余計に理解に苦しむんだと思う。
A→Bなら分かるのだけど、A→B→Aに見えるんだよねえ…

山本五十六については三国同盟に反対した、日米開戦に反対だったという印象が強く、そのイメージに当て嵌めて予断で人物像を考えてしまう所があるのだろうなあ。


『天皇・伏見宮と日本海軍』(文芸春秋/1988)を見ると、著者野村實は、
山本がロンドンから日本に帰着した日に認めた故郷の知人宛ての書簡を見ても、この時まで条約に不満があったことは明らか、と記しています。
ただ帰ってきて目の当たりにした国内状況を見て、考えが変わったのではないかと。


山本が帰って着た頃(6月中旬)、日本では既に条約調印をめぐって統帥権問題が起こっています。

「政府は海軍軍令部(軍令機関)が承知していないのに条約に調印した、これは統帥権の干犯だ」

そう非難したのは野党政友会の犬養毅、そして鳩山一郎です。(4月末~5月初旬の帝国議会)
何でこんなことを言い出したかの理由はただ一点。
政権奪取の為の政府攻撃です。
全くの党利党略です。
政党が言い出すまで、海軍はこんなこと思いもよらなかったんですけどね。
軍部が伝家の宝刀「統帥権」の便利な使い方(拡大解釈)に気付く切欠を与えたのが”憲政の神様”犬養毅。


http://blog-imgs-57.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014911.jpg


犬養は尾崎行雄と並んで一般的に「憲政の神様」と言われ、5・15事件で海軍の青年将校に暗殺された首相として有名です。
犬養の死で以て戦前の政党政治は終わりを告げる。
これね、首絞めてるんですよ、自分で。
私にいわせりゃ党利党略に走った末の自業自得ですよ。
政党政治家が自ら政党の息の根を止めた。

犬養は個人としては清廉で高潔な政治家でした。
しかし晩年は森恪に引き摺られて晩節を汚した感があります。東郷平八郎と似た感じがある。

統帥権干犯問題が起こった時の犬養毅の言動はもっと知られるべきだと思います。
そして鳩山一郎は鳩山由紀夫の祖父です。本当にこの一族はなんなのか。


そして、この様子を見て加藤寛治ら軍令部の人間が統帥権干犯だと騒ぎ出した。(5月中旬)
この頃になると加藤軍令部長は兵力量の問題よりも統帥権問題に関して強硬になっていたようです。
これを纏めるのに財部彪海相、山梨勝之進次官、堀悌吉軍務局長、助力を仰がれた岡田啓介軍事参議官がどれだけ苦労したか。

当時の状況は、
「このままでは海軍省と軍令部が分裂する」
と山本英輔が心配のあまり省部の軋轢調整に乗り出すほどでした。

しかしながら、結果としてはこの騒ぎで海軍が真っ二つに分かれてしまった。


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/71.jpg


山本五十六が帰国した時には既に加藤軍令部長と末次軍令部次長が更迭されていました。
そしてすぐに軍令部第1班長、第1課長も更迭され、軍令部は中枢ラインが一新された。
海軍省では山梨海軍次官が更迭となり、これは末次との喧嘩両成敗的な措置になります。
(財部も条約批准直後に海相辞任、堀は暫く据え置き)


帰国した山本がこの状況を見て、特に尊敬する先輩山梨勝之進、兄事する親友堀悌吉が置かれた苦境を見てどう思ったか。

野村實はロンドンから日本に帰着した日が、山本の考え方の転換点であったと述べています。
そりゃあ自分たちがロンドンで全権にやった同様の事を国許で軍令部がやってて、しかも海軍を割った訳だしな。
衝撃を受けたのではないかと思う。


余談(余談だったのよ)長過ぎ。


続く。


うーん…
いい機会だからと思いつつ書いてるけど、
ロンドン海軍軍縮会議の話とか興味ある人いるのかという気がせんでもない。 
関連記事

パラべラム~堀悌吉(8)

*****

この話は19回シリーズです。サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****



ロンドン海軍軍縮会議に際し、海軍が掲げた3大原則は以下。

 1.補助艦の総括比率 対米7割
 2.大型巡洋艦(8インチ砲搭載)の保有量 対米7割
 3.潜水艦の現有勢力の維持

これで総括して「対米7割」。

首席全権若槻礼次郎の姿勢は「妥協できる所で妥協する」でした。
しかし会議当初からそんな姿勢をとっていた訳ではなく、初めは7割の路線で押しています。

しかしながら、前回書きましたが、既に英米でシナリオが出来上がってるんですよ…
そうなってくると中々交渉が進まない。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/a7698bb4ce07841ed5abb4fcd7f837e7.jpg


どの位進まないかと言うと、会議開始が1月末、それから1ヶ月経っても何にも決まらなかった…^^;
これでは埒が明かないと開かれたのが松平・リード会談(2月末)で、これで大体の日米妥協案が出来てきました。


若槻は、それまでにも大体分かっていたと思いますが、7割は無理だと、相手は譲歩しないとはっきり認識したと思います。
もうこの辺りが手の打ち所だと判断し、


「こゝで最後肚を決めなければならんと思つた」 (『古風庵回顧録』若槻礼次郎/読売新聞社/1950)


単独でイギリス全権のマクドナルド(首相)、アメリカ全権のスチムンソン(国務長官)と会談。
ふたりは若槻が己の名誉と生命を賭した、ただならぬ決意で会談取り纏めの肚中を語った姿に心を動かされたようです。
そこからは早く、1・2日で妥協案が出来上がった。

あれこれを総合した比率が対米比率 69.75%。6割9分7厘5毛。

数字だけ見れば7割より0.25%欠けるだけで、外務省としては万々歳の結果だったみたい。
そして内容全体を見れば日本海軍の要求はほぼ達成されたと海軍省軍務局も見ていたようです。


しかし海軍は非常に不満だったわけです。

海軍のスタンスはロンドン派遣組も留守組も対米7割だと書きました。
これが松平・リード会談で日米の全権が歩み寄りを始めると、現地の随員から激しい反発が起こります。


その急先鋒が山本五十六少将と山口多聞大佐。


http://blog-imgs-57.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/cc853c3eb03a5a7c66cfe1e68bbdfe0a.jpg 山本56


山本は当時次席随員でして、随員の中でも割と立場のある人物でした。
その山本が随員の反対意見を纏めて全権を突き上げた。

理由としては交渉中に接近してきたフランスと他国の交渉状況、またイギリス海軍将校から得た情報等を鑑みて、安保清種顧問、左近司政三首席随員を含む海軍随員の殆どが、
「今一度強く出たら英米は譲歩する」
と判断したという状況があったため。


纏めた反対意見を山本が財部彪全権に開陳した所、財部はかなりぐらつき(板挟みで困ったのだと思う)、若槻にも開陳しにいけと指示。
この時の様子がかなり凄かったようで、見ていた外務省の斎藤博は

「日本全権団員の息の根を止めるような猛烈果敢さがあった」

と語り、また財政面からこの辺りで妥協した方がいいと意見を述べた賀屋興宣(大蔵省)に山本は、

「賀屋黙れ!それ以上言うと鉄拳が飛ぶぞ!」

それは最早脅しですがな。



山本五十六は大正8(1919)年から2年間、大正14(1925)年から2年間、アメリカに駐在しています。
山口多聞も同様です(大正10年から2年間)。
この会議が昭和4(1929)年なので、たった数年前の話。

アメリカに駐在する中で彼我の国力の差を知悉し、また飛行機の重要性・必要性を感じたという話は、山本のエピソードとしては非常によく知られたものと思います。

もし日本が原因で会議が決裂したらどうなるか。
米英とは大きな溝が出来ますし、その後に待っている建艦競争で日本がどうなるかって、山本が想像できなかった訳がないと思うんですが。
米国駐在期の体験が山本の「日米戦うべからず」の大元となっているのに…

山本はワシントン会議以後、砲術から航空分野に転身しています。
そこまで航空兵力を重視するようになった山本が、何故そこまで艦船の割合に拘ったのかというのも、私にはいまいち理解できません。


この話ね、山本五十六の話する時でもあまり触れられない。
一番よく読まれているであろう阿川弘之の伝記小説にも書かれてないし、何だか無かった事のようにされて、
こんなに一貫して戦争に反対した提督なんですよ!先見の明に溢れてたんですよ!
って言われてるように思えてならない。


ちょっと横道逸れるけど。
『歴代海軍大将全覧』という本があります。(半藤一利、横山恵一、秦郁彦、戸高一成/中公新書ラクレ/2005)
歴代の海軍大将について4人で延々と座談している本。

山本の項目。


秦 山本はロンドン会議のとき、随員として行くのですが、請訓案に大反対した。
   あのころの山本は単純な、向こうッ気の強いあばれ者の印象があります。

半藤 怒ったのは、具体的にどうのこうのではなくて、
    東京に照会せずどんどんすすめた財部全権のやり方が気に入らなかったからみたいですよ



ロンドン海軍軍縮会議の話これで終わり。

私は半藤さんはあれこれの人物に関して贔屓の引き倒しをする人だと思って見ていますが、これなんて本当にそうだと思う。
やり方が気に入らなかったとか、そういう話じゃないと思うんですが。

それにやり方が気に入らないという理由だけで、軍縮という国家の安危に関わる問題をぶち壊そうとするのか。
それはそれで問題だろうし、これ、結構山本に失礼なこと言ってる気がするんだが。


ただ、やり方が気に入らないというのは、分かるんです。
ただそれは財部に対してだけではなく、特に首席全権若槻礼次郎に、であったでしょう。
財部に対しては、海軍の立場を強く主張しない腰の弱さに腹が立っていたとは思うけど。


財部彪、若槻礼次郎、谷口尚真


見ていて分かるように、松平・リード会談にせよ、日米英の全権会談(トップ会談)にせよ、軍人がコミットしていないんですね。
政治家が政治判断として、軍人抜きで妥協案を成立させている。

………。
まあ要するにあれだ。気に入らないんですよ…^^;


続く 
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)