Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

Naval Tribe

(誰も待ってない気がするけど)お待たせしました。

頑張りました。


以前分からなかった所と間違いを修正しました。
兄弟姉妹については最低限しか記していません。


海軍系図  
参考文献は『海軍王国の誕生』(松野良寅/我妻榮記念館/1997)と『侍従武官日記』(四竃孝輔/芙蓉書房/1980)。
主として前者。

前者と後者で系図に違いがありまして。
前者は上から3段目忠直と4段目のやよ女が親子だけど、後者では兄弟になっている。
私ではちょっと分からんなあ…
山形県米沢出身の人々が主になっている系図で、前者は出版が地元米沢の記念館なのでこちらを採用。


『海軍王国の誕生』を読んでて驚いたのだけれど、山下源太郎と平田東助が親戚だった。
そして平田東助の甥が伊東忠太。
平安神宮、明治神宮、築地本願寺の設計をした建築家。


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/201489.jpg


山縣有朋の小田原の別荘・古稀庵の設計もしている。
古稀庵の建物は関東大震災後に茨城県矢板に移されてます。(上写真)

平田東助の妻が山縣有朋の姪なんだよね。
平田とはあまり仲がいい訳ではなかったみたいですが、そういう関係もあったのかしら…
(※平田はばりばり山縣派。このブログでも名前だけは既出。伊東巳代治3


あとよく分からなかった黒井悌次郎のラインが繋がりました。
こう見たら山本五十六、妻・礼子の親族からの広がりが半端ない^^;

妻の従兄弟の父が山下源太郎、その義兄弟に上泉徳弥、山中柴吉、四竃孝輔。
その四竃の義甥に山口多聞、奥宮正武。
妻の伯父の義兄が黒井悌次郎。

う~ん。
綺羅星の如き親族ですなあ…^^;

短いけど今日はここまで~
眠い! 
関連記事

Here I am(5) 日露戦争直前集合写真


内容はサイトに移行しました
関連記事

海軍兵学校15期!(8) 海軍的華麗なる一族

*****

この話は8回シリーズです。
追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。
題は 「We are!」 に変えています。

*****


題(笑)

海軍兵学校15期、続き!

石川寿次郎


長兄が石川伍一、弟に石川漣平陸軍中将、甥に石川達三がいます。
石川達三、あの作家の石川達三です。
『生きてゐる兵隊』で国語の便覧に載ってますな。

作家か。
何か書き残していないかと自伝を読んだのだけれど、達三が生まれて間もなく石川寿次郎が亡くなっているので、全然面識はなかった。
達三の父が教師であちこち転勤していまして、その一時的な家として石川寿次郎の家に住んだという記述だけがありました。
その時にはすでに寿次郎は亡くなっており、空き家になっていたとのこと。(『私ひとりの私』)
石川寿次郎の没年は明治39年、公務中に乗り組んでいた厳島で亡くなっている。

兄弟の中で一番有名なのは恐らく石川伍一で、この人は日清戦争の前から清国で海軍の諜報活動をしていた。
戦争が始まると周囲から帰国を勧められたのだけれどそれを断り活動を続行、その内清国側に捕まりまして、銃殺されています。



あと面白いな~と思ったのは、平原文三郎という人物。
ハンモックナンバーは79!(笑)
分かっている段階では最終ランクが中佐、大正6年には南洋、オランダ領のとある島に移住しています。
中佐だったら、日露戦争終わってすぐ位に海軍辞めたのかな…

移住して何をしていたかと言うと、フルーツと天然ゴムの栽培をしていた。
農場経営をしていたんじゃないかと思う。
いやー…一体どういう経緯だったんでしょうね。笑
小杉辰三の方なら、まだ納得するんですけど、平原の場合は海軍と隔たり過ぎてる気が…^^;
ゴムだけならそうかなと思わん気もないけどフルーツて。


小杉辰三の兄が、北海道開拓に関わった後台湾に移住してるんですよ。
その後厦門に移り、そこから家族に「1・2週間程出かけてくる」と言ったきり帰ってこなかった。
東南アジアを転々として、最終的にはパプアニューギニアに住んでいたようです。
待てども帰ってこないので家族は日本に引き上げてしまった。
で、結局小杉兄が帰ってきたのがン十年後…。

南方興進の為に活動していたようで、その援助を募るための帰国だった。
その時に弟が財部彪や竹下勇と同期であった誼から力添えをしてもらって、古い軍艦を貰うという所まで話が発展したらしい。(昭和7・8年)
ただこの兄が帰国中に風邪に罹って亡くなってしまい、その話はなくなったようです。
当時の新聞にそういうことが載っていた。
これってもしかして平原と面識あったんじゃないの?と思う訳です…^^;



華麗なる?一族というか、華麗なる?親族。海軍編。

山中柴吉
 系図 
 これは以前このブログで触れたことがありますね。
山下友彦は山下源太郎の養嗣子です。書き忘れました。

黒井悌次郎と山下源太郎のラインがどう繋がるのかがよく分からないのよ…
あと、どういう繋がりかが分からないけれど、山本五十六の妻方の親戚に南雲忠一がいるとのこと。
山本五十六のお孫さんがネット上のインタビューで仰っていました。

ちなみに山下源太郎は海兵10期、広瀬武夫の兄広瀬勝比古の同期で、仲が良かったそうですん。
一緒に写ってる写真が手元にある。

(訂正:山口多聞と奥宮正武の妻は四竈の兄の子です)
(加筆修正版はこちら


岡田啓介、向井弥一

系図的に更に難易度が上がるのがこちら!
ごめんね!これ以上小さく作れなかったの! 

系図 

個人的には

 こんな感じ。


日露戦争の際中堅以上で有名な方の名前に色を付けました。
立見尚文、鈴木貫太郎、岡田啓介、佐藤鉄太郎、小笠原長生、東郷平八郎、向井弥一、正木義太が親戚である!

訳分からん。


『佐藤鉄太郎海軍中将伝』(石川泰志/原書房/2000)の系図を参考にしました。
多分合ってると思うのだけど、ここまで入り組んで来ると正直自信がない!^^;
どっ、努力は認めてよね!(笑)
というか、佐藤伝も2か所、ケアレスミスがあるんよ…

向井弥一が繋がるというのは、数日前にご子孫様から教えて頂いたホットな情報です。
流石に驚きました…
藤江兄弟の姉妹が、向井の後妻さんだそうで。

兄の藤江逸志は機関科の将校で、栗田富太郎の同期になります。



今のところはこんな感じかな~…
他には旅順閉塞に参加した人(実施部隊・掩護部隊)も複数いますし、唐津の町長になった人もいる。
日本海海戦時、信濃丸の副長で金鵄勲章をもらった人もいます。
公家じゃないかと思う人がいるのだけど、ちょっとよく分からなかったり。

あともうひとり、なにー!と思った人がいるのだけれど、その人の事はついでではなくきちんと書きたいので、また後日ということで。
個人的には竹田市に寄稿してもいいネタだと思う。笑


とりあえず海兵15期!はこれでおしまい!
もう少し書きたいこともあるけれど、そんなに掘り下げても…という感じかな、と思わんでもない(笑)
そういう感じなので、折を見ておいおい書いて行こうかと思います。
個人的にほっこりするような話も、広瀬が絡んでいる話も結構あるんだぜ…

また15期関連で何か情報があったら教えてください。ぜひ。
広瀬絡みならなお歓迎(笑)

ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました^^


秋山の連載からほぼ連日更新で疲れたわ~
関連記事

器量

*****

この話は3回シリーズです。若干加筆の上サイトに纏めて移行済み。
そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 大正、昭和 よりどうぞ。
題は 加藤友三郎の話 に変わっています。

*****


山梨遺芳録より (第10回)


秋山真之と佐藤鉄太郎の理論が元になっている対米7割論と88艦隊計画。
明治40年代から固持し続けて来たこれらを没にするというのが大正10(1921)年の海軍軍縮。

※対米7割論…アメリカの7割の兵力(主力艦の総トン数)があれば太平洋を越えて来た米国艦隊に日本が攻撃されても勝機はあるという理論

帝国国防方針(仮想敵国:陸軍→ロシア、海軍→アメリカ)もこれらを織り込んで考えてある筈なので、対英米6割を飲む、飲めるとなると、海軍的にはじゃあ今までの話って何だったの?となる訳で。
それに軍縮になるというと大規模な人員整理も伴う訳で。


当然海軍内部からは猛烈な反対があった。
どうも軍令部あたりの少壮士官が多かったようですが、その急先鋒になったのが加藤寛治になります。
カトカンは既に中将で、少壮とは程遠いんだけど…^^;
そしてその加藤の下にいたのが末次正信。


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20131226142448ebf.jpg


加藤寛治はこの軍縮に専門委員として参加しています。
同じ加藤ではあるけれど、この条約に参加しないと海軍どころか国家が危うくなると高度な政治的判断を下した加藤友三郎とはものの見方が随分違っていて、この人は海軍至上で国防のためには7割は絶対堅持。絶対に譲れない。

加藤寛治は自分の事を「俺は8割感情で動く男だ」と評していますが、
もうまさしくそうだとしか思えない行動を取っていて、どうあっても加藤(友)が加藤(寛)の意見を容れないのを見て、
もの凄いスタンドプレーをぶちかまします。

加藤(友)に無断で本国の井出謙治次官や安保清種軍令部次長に絶対反対の極秘電報を打ったり(末次が起案)
更に加藤(友)無断で、以下のような発表をしたり。

「もし対英米7割が認められないなら、日本は会議を脱退する」

おい…

これには流石に加藤友三郎もブチ切れた。
本当に血の気の引く音が聞こえたんじゃないかと思う。
やり過ぎとか越権行為なんてもんじゃないよこれ。
一体何考えてんの…
この時ばかりは加藤(友)もポーカーフェイスをかなぐり捨てて「日本に会議失敗の責任を負わせる気か」と怒鳴りつけたという話が残っている。

加藤寛治日記にこの時の記述はないかと思ったけれど、簡潔過ぎて分からない。
こういう事をしてしまう加藤(寛)に加藤(友)は、
「君ももう中将なのだから、少しは下の者を抑えることを覚えたらどうか」
みたいなことも言っているのですが、それが果たしてどれほど伝わったか。


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/201312261424493fd.jpg 


全権大使は加藤、幣原喜重郎、徳川家達の3人でした。
しかし幣原が病気で倒れ入院、徳川はお飾りで役に立たず、加藤がひとりで多くの決断を行っていた。


加藤友三郎は独裁者型の優れた指導者であったように思います。
普段からやり方が随分独断専行であったようで、加藤寛治はそれが余りに過ぎると憤り、大臣の首をすげ変えようと名和又八郎に話を持ちかけた事がある。(※相手にされずに終わる)
すげえな寛治。

ただ、加藤(友)は自分の判断に全責任を負うというスタンスでいて、それがこの軍縮会議の時のスタンスでもあった。
頭脳の明晰さ、腹の据わり方、判断の正しさ。
熟考果断の人で、ワンマンでも尊敬されカリスマ的であったというのは、そういう所にあるようです。
加藤寛治だって楯ついていても随分尊敬していたようだし。
(加藤友三郎の死去後、海軍はどうなるのだろうという感想を人に漏らしている)


対英米7割という海軍のコンセンサスを押しのけ、自分の判断で6割の比率を受け入れること。
成功させないと国際的・経済的に国家が危機に陥る会議での全責任を負うこと。
これだけでもひとりの肩に乗せるにはかなりヘビーですが、そこに強硬反対派の代表である加藤寛治の抑制が加わる。

神経戦の会議から帰って来て、次の日の会議の準備をし、自説を曲げない寛治の説得をする。
精神的にも肉体的にも、ものすごいストレスであったと思われます。
元々体の調子が悪かった(大腸癌だった)上にそういう状況で、加藤友三郎は帰国後斎藤実に
「アメリカでは死ぬかと思った」
と語っている。
実際、神経をすり減らすことが多すぎて、止められているのにウィスキーでも飲まないとやってられなかった。


こんなことになって東郷平八郎元帥がなんと仰るか。

条約反対派がそんな伝家の宝刀を抜いても、加藤友三郎は、
「元帥は何もかもご存じだよ」
と言って笑うだけだったといいます。

ここがロンドン海軍軍縮会議時とは大きく違っているところで、ワシントンの時は関係者への根回しと海軍省部のトップの状況認識・情報共有と信頼関係がすごかった。


ワシントン海軍軍縮会議の時は、見ていると海軍省と軍令部のトップに人を得ていた感があります。
海軍省の方は海相が加藤友三郎で次官が井出謙治。
井出は加藤大臣がいない間の留守番でしたが、このふたり、見事な連係プレーだった。
加藤は情報を井出をパイプにして本国に流しています。
それも、本来なら正規ルートである筈の外務省を通さず、井出を通してまず首相・外相といった政府首脳、そして海軍上層部に情報を回して理解・了解を得ている。

そして何より軍令部長であった山下源太郎が加藤との信頼関係にあり、
諸々の状況から見て対英米6割でもやむなしと加藤の方針に同意していたことが大きい。


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/71.jpg


軍令部次長の安保清種はどちらかというと加藤寛治に賛成であったようですが、それに軍令部の少壮士官も6割には反対していたけれど、その軍令部の中にあって上下を緩衝していたのが第1班長斎藤七五郎になります。
これは斎藤自身が自分の役目はバッファーだと友人に語っていて(伝記)、随分苦しい思いもしたみたいですが。


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20131228.jpg http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2013122802.jpg


そんな部内状況で、東郷元帥も加藤友三郎全権を信頼し満腔の同情をし、だから井出からは「安心して下さい」と連絡が来る始末(?)。
本当に元帥がなんと仰るかなんてレベルの話じゃなかったんですね…


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/69.jpg


井出は潜水艇の先駆者として知られる人物ですが、こういう所もクローズアップして欲しいと思う。
加藤友三郎は井出を後継の海相にしたかったのではないかと思います。
ただどうもこの時の風当たりが強すぎて(加藤友三郎があまりに敵なしの為)、そうは出来なかったみたいだけど。 
山梨曰く、  

この人は、大臣の腹心で頭は鋭く、胆力があり、押しのきく傑物であった。
この人が失脚せずに、中央にひかえていたら、海軍の歩みもちがっていただろうと思う。


ワシントンの際は随員、ロンドンの際は次官で、両会議に深く関わった山梨勝之進からすれば、そりゃあ後者は歯がゆいことだらけだったに違いない。
歯がゆいというか、何故もっとうまくできないのかと歯噛みするような思いだったと思います。
ワシントンの時とは何から何まで違い過ぎた。
まあその話はまた気が向いたら書きたいと思います。
気が滅入るので正直言うとあまり触れたくないorz


知っている提督が沢山出て来たので、広瀬との関係を挙げてみる。笑。

加藤寛治 … 大親友のひとり 
山下源太郎 … M24-5の遠洋航海時の同僚。宿泊先で同じベッドで寝てる。何故。広瀬兄と仲良し(同期)
井出謙治・安保清種 … 戦艦朝日での同僚。朝日を盛りたてる為に頑張ってた3人トリオ
斎藤七五郎 … 第1回・2回旅順講閉塞作戦の指揮官のひとり


山下は日露戦争の際は軍令部、作戦の中心にいた人です(その下に財部彪)。
「米沢海軍」と言われたほど多くの人材を海軍に出した米沢の出身。
婚戚関係がエラい事になっていて、

宮島誠一郎(米沢藩)の
長女 上泉徳弥(12期 米沢) ←広瀬と柔道仲間
三女 山下源太郎(10期 米沢) ←広瀬兄と同期
四女 山中柴吉(15期 山口) ←広瀬と同期
五女 四竃孝輔(25期 仙台) ←山梨と同期
に嫁いでいる。

山下の養嗣子・友彦の伯母が黒井悌次郎(13期 米沢)の妹で、山下源太郎の媒酌人になったのも黒井。
さらに友彦の従姉妹が、山下五十六(32期 長岡)の妻。その媒酌人が四竃孝輔。
四竃は山本五十六の莫逆の友・堀悌吉(32期 大分)の媒酌人でもある。
で、さらに四竃の兄の三女は山口多聞(40期 東京)に、四女は奥宮正武(58期 高知)に嫁している。

さらに山本五十六の妻方の親戚には南雲忠一(36期 米沢)がいるそうで。
これは『聯合艦隊司令長官山本五十六』が映画になった頃に山本のお孫さん(お名前が山下から取って源太郎だった)が仰っていました。
インタビュアーもびっくりしてたけど、確かに結構びっくりするよね…



はい。
結構続きましたが、『山梨遺芳録より』のシリーズはとりあえずここでおしまいです。
…と言いたい所ですが、余滴として後2回、この連載では省いた話を更新します。
もう少しだけ続く。笑。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)