Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

広瀬武夫の話、色々(5)

サイト移行の為下ろします

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければ押してください。
拍手いただきました方、ランキングクリックしてくださった方、いつもありがとうございます!
更新の励みになります^^
関連記事

固め修めし大八洲(9)

戦艦八島の話、続き。

八島と初瀬が沈んだのは明治37年5月15日。
実はこの日、この2艦に先だって春日に衝突された巡洋艦吉野が沈んでいる。

前日14日には通報艦宮古が触雷で、翌日16日には赤城に衝突された砲艦大島が沈没。
翌々日17日には駆逐艦暁が触雷で沈没。
顔色を失うどころの騒ぎではなく、連合艦隊にとっては文字通り魔の5月、呪われた5月でした。


根拠地に着くと第1戦隊司令官であった梨羽時起、初瀬艦長中尾雄、八島艦長坂本一、敷島艦長寺垣猪三、龍田艦長釜屋忠道、笠置艦長井出麟六ら各艦長が東郷平八郎司令長官に報告をしに行っている。

三笠に行ったら舷門まで東郷長官が迎えに来てくれて、坂本は互いに手を握ってただ涙が出るばかりだったと回想しています。
長官室で報告に向かった艦長全員が号泣した。
泣くよりほか何も言葉がなかったと寺内猪三が言っていたけれど、本当にそうだったのだと思います。
連合艦隊は 5月15日だけで戦力の33%を失った。


全戦力の3割って。
こんなことになってしまって、これからどう戦えばいいのか。
そう思って泣く艦長たちに東郷は、御苦労だったねと一言、お茶を勧めたといいます。
すごいなこの人。素直にそう思う。
流石に薩英戦争からの猛者は違う。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0558.jpg


この東郷の態度が虚勢でも何でもなかったというのは、朝日に観戦武官として乗っていたイギリス海軍のペケナム大佐の言葉からもよく分かる。
全く平素のまま。
それを見た将卒たちがどれほど心を安んじたか。

伊藤正徳が「日本海軍は良い司令長官をもった」と書いているけれど、本当にそうだったのだと思います。
肝っ玉座り過ぎ。
総大将というのは本当に全軍の要なんですね…



初瀬は乗員の半数以上が亡くなりましたが、八島は幸いにもひとりの死者も怪我人もいなかった。
不要人員の退艦処置が早かったのと、艦の沈み方がゆっくりであったため。
ロシア海軍にも八島の沈没は認識されていなかったようで、とりあえず八島喪失は隠匿された。

日本国内の士気の事もあるし、公表して敵の士気を上げることもない。
それに公表は外債の募集にも大きく影響するだろうし。
3割減はやっぱり大きいわー 


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0514.jpg


ただそれで困ったのが八島の乗組員でした。
沈没が公表されたのが翌明治38(1905)年。
日本海海戦直後の5月31日だったので、その時まで八島は存在していることになっている。
勿論八島沈没は極秘事項なので、”八島”乗員は士官も兵員も全員内地との連絡を完全にシャットアウト。

そんな状態なので、内地から何にも取り寄せることもできない。
誰彼の私物もほぼ全部が海の藻屑になっており、必要なものは友人から分けてもらうとか、そういう事をしていたそうです。
兵員達が特に不便をしたそうで、誠に気の毒だったと坂本が話していた。



八島最後の艦長であった坂本一が八島の副長をしていた頃の話をこの連載の一番初めに書きました。
その次の次の副長が八代六郎。
山梨勝之進が八島で甲板士官をしていた頃、ハンモックから落ちたことがあったそうです。


八代六郎  山梨勝之進


その時に真っ先に駆けつけてきたのが八代副長。
そうして自分の子供を抱きかかえるようにして「大丈夫か」と気遣ってくれた。

ある時は買ってきた長靴を、
「履いたらサイズが合わないので君に上げるよ。捨てることもできないから」
初めから山梨に上げるつもりで買ってきている。
八代六郎はそういう人だったそうです。
情熱い、部下を可愛がる人だったみたい。
(ロシアであれだけ広瀬武夫の親身になって世話をしてやった様子が分かる気がします)


坂本と次の副長はやかまし型、八代は全幅の信頼を置いて何も聞かない副長。
八島の副長をひいて、人には色々ないき方がある、と山梨の漏らした感想が非常に印象に残っています。

八島と聞くと、雑多ながらばらばらっとこういう事を思い出す。


基本的に沈没した艦の名は縁起が悪いということで継承されません。
八島も初代艦のみ。
多くの人の思いと、多くの人の思い出と共に八島の名前も海に沈んでいった。



これにておしまい。

と書きたいところですが余滴があります。
(びっくりするほどいつも通りだな)


ブログランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

固め修めし大八洲(8)

戦艦八島の話、続き。

八島が沈んだのは明治37年5月15日のこと。
当時はまだ旅順封鎖中、その哨戒の航路が一定していたため危険を感じ、航路を変えようというその最終日だった。
日本海軍はこれ以前、ロシア海軍の航路が同一である事に気付いて水雷を設置、旗艦のペトロパウロウスクを沈めています(4/13)。
その轍を踏むんじゃないかということだったのだけれど、踏んでしまった。


八島艦長であった坂本一の回想によると、触雷の瞬間はそれ程大きな衝撃ではなかったようです。
右舷中央からドンっという音がして、水雷だなと思ったらまたドンっ。
今度は前方から。
そして艦は右舷に傾斜し始めた。
排水作業等の対処はするものの傾斜は直らず、割と早い段階で「これは無理かな」という感じになったみたい。


戦艦八島 八島


ただ旅順沖で敵の目の届く位置なので、そこからは出たい。
根拠地である鎮海までもって行きたい。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/201558.jpg


そう考えて必要定員を残して全員退艦させて、なんとかかんとか航行しようとしていた最中、初瀬が2回目の触雷で大爆発した。

八島は3回、初瀬は2回触雷している。
先陣を切って進んでいた初瀬の方が深刻だったようで、1度目の触雷でスタンウォークまで沈んでいた。
前方で曳船準備作業、後方で排水・補修作業をしている時に2回目の触雷、これが後部火薬室の誘爆を引き起こした。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0557.jpg 初瀬


ものすごい大爆発だったようです。
穴という穴から火炎と黒煙が吹き出し、メインマストのてっぺんまで炎が巻き上がる。
そして周囲が見ている間に海に沈んでいった。
2分とか、そこらの出来事だったみたい。

初瀬には広瀬武夫の同期、15期がふたり乗組んでいます。
ふたりとも助かっている。
臼井兼太郎(既出)と小林恵吉郎。サイトに写真出てます。
当時水雷長であった小林の回想がありますが、よく助かったと思う。
溺死しかけている。
航海長であった千坂智次郎(既出)も九死に一生を得ていて、助けられた時の事をほとんど覚えていないような状態だった。

一方艦体後部で補修作業の監督をしていた副長有森元吉中佐は亡くなっている。
これは当時の新聞に合同葬儀の広告が出ていたのを見ました。
この爆発で乗員の半数以上、500人弱が亡くなっています。
初瀬の爆発は旅順にいるロシア海軍も確認してますし、これだけ人が沢山亡くなっていたら流石に隠せない。


この日、初瀬、敷島、八島で共に行動していて、無事であった敷島が救助作業に当たり…
たかったのだけれど、この場で流石に戦艦もう1隻は失えない。
救助作業の準備をしている最中に、敷島は早く根拠地に帰れと言われ、涙を飲んで見守っていた。

他の僚艦、笠置と龍田が救助作業に当たったのですが、その途中での大爆発。
誰の回顧を読んでも、ものすごい衝撃だったようです。
爆発の様相も酷く、また目の前で人が瀧のようにフネから落ちていく。

敷島艦長であった寺垣猪三もひっくり返った初瀬が沈んでいく様を見てからというもの、艦の下部に塗るあの赤い塗料、あの色が嫌で嫌で堪らないと言っていて、それが酷く印象的でした。



http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/0704280078.jpg (※スタンウォーク)



つ、つづく…orz


ブログランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

固め修めし大八洲(3)

戦艦八島の続き。

山梨勝之進が乗り組んでいた頃、八島の副長に坂本一がおり、また航海長に石橋甫がおり…という話でした。
坂本の次の次に副長として赴任してきたのが八代六郎だった。
おー八代さん!

山梨によると、坂本とその次の副長は細かい所までを見ているうるさ型、やかまし型の副長。
部下からするとちょっと参ってしまうようなところがあった。
しかしながら八代はその前任者ふたりとは全っ然違う毛色の副長だった。


八代六郎


その、総員を集めての一声。


「八島は日本一の艦である。従ってこれに乗っている人も日本一の人ばかり。
艦長も日本一、砲術長も、掌帆長、掌砲長も日本一だ」


総員なので、みーんな聞いているんですよ、この言葉。
砲術長も掌帆長も掌砲長も。みんな目を丸くして照れている。笑

「唯一例外なのが自分で、日本一まずい副長だ」

おお?

「だが取柄は自分は艦に来るとき墓場を作り、墓に入る用意をして乗込んできたことだ。
他に何も取柄はない。だから自分は全力で諸君に頼る。
そしてそのお陰で日本一の艦が日本一の成績を上げるんだ」


全力で頼るってそれどうなの?(笑)
…と思わんでもないけれど、多分中々言えることではないし、できることでもない。
で、本当に全力で頼るんですよ。
頼るというより全力で信頼するという方が合っている気がします。


「掌帆長、よかったらね、何も言わずに『よろしい』とさえ言えばいいのだ」

そう言って、八代は何も細かいことは言わずに掌帆長が「よろしい」というのを待っている。
そうすると掌帆長は”日本一の掌帆長”ということになっているので、副長に「よろしい」と言うまで一生懸命やる。
掌帆長がよろしいと言うと、それを受けた八代副長はそのまま艦長に、「艦長よろしい」。

こうなったらそらーみんな一生懸命するわ!
頑張るわ!^^;
山梨は「それだから艦の成績が上がる」と書いているけれど、本当にそうだっただろう。
これはもう責任感が違ってくると思う。

夕方、上陸するに際しても、
「自分ひとりが残るから、みんな上陸して自由にしていいよ^^」
ただ副長だけを置いてそんなことはできないと、2・3人差し支えない人をおいて残りは上陸していいようになったそうです。

前任者ふたりの次にこの八代で、山梨らは谷底から急に山の上に上がったような気がしたと書いているけれど、本当にそうだっただろうと思います。笑
これは全体の雰囲気も良くなるし、士気が上がっただろう。
ちなみに当時の八島艦長は瓜生外吉でした。
アナポリス出!


もう少し続きます。
思いの外引っ張るね^^;


ブログランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

固め修めし大八洲

前回の続きというか。
坂本一と八島繋がりで。

八島は清国との戦争を見据えて建造された戦艦になります。
明治25年の海軍軍備拡張で計画された2艦の内の1艦。
もう1艦は富士。

ただこの2艦、議会が建造費を減額に次ぐ減額をした。
この議会対応を明治天皇が非常に憂慮されまして、帝自ら宮廷費から6年間30万円を、また文武官の官僚が俸給の1割を返納するという事態に至っている。
しかしながら日清戦争には間に合わなかった。
出来上がったのが明治30年かその辺りだったと思います。


山梨勝之進が少尉候補生として一番初めに乗り込んだのがこの八島。明治31年。
次の異動が明治33年の三笠回航委員です。
これは去年更新した「戦艦三笠のストライキ」で触れました。


//blog-imgs-49-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/yamanashi.jpg


この八島乗組みの際、坂本一が副長であった時がある。
その頃の回顧が凄く印象的だったんだよね。

山梨曰く、坂本はずるくて賢くて頭が鋭い運用の名人だった。


図々しいことこの上なく、参謀の言う事も聞かないし艦隊の例規なんかも見やしない。
幾らかの留守番を残して、勝手にいくらでも理由をつけて兵員らを上陸させてやって、幕僚なんかが口やかましく言うと

「そんな規則あったのか。俺は忘れっぽいから勘弁してくれよ」

誤魔化しちゃう。
その代り艦にいる時は死ぬほどこき使う。
飴と鞭か。笑

人情をよく察して、また細かい所までよく人を見ていて、人間を使うのが非常に上手かったそうです。
そして何かあった時の手際も水際立っていたようです。

以前「腹が減っては」で書きましたが、パン食に不満を漏らしてサボタージュに出た兵員達に米を食わせてやろうと上官に進言したのは坂本でした。
頷ける話です。


ただちょっとうるさ型の副長だったみたい。
部下に縮こまる程の叱責をすることが多かったのか、神経衰弱で辞めてしまった人もいた。
現に山梨も同期と一緒に
「こんなにいじめられるなら海軍を辞めようか」
を話し合ったこともあったそうです。
辞めなかったけど。


ある時、用があるので里帰りしたいと坂本副長の所に申請に行った。
山梨はいつものように怒鳴られるんじゃないかと思ってびくびくしていたけれど、

「すぐに行け、何日いてもいい」

曰く、そういう所が賢くて上手な所だった。


山梨の言う「ずるくて賢い」という意味、なんか分かる気がする^^;


もう幾らか続きます。


「≫続き」に拍手のレスがあります~


ブログランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)