Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

広瀬武夫*113回忌

広瀬武夫の御命日です。
書きたいこともあったのだけれど間に合いませんでした。
しかし触れないというのもどうかと思うので、ちょっと古い雑誌をば。


2017327_1


右のは明治37年4月、真ん中のは明治37年5月、左のは明治37年4月。
左の征露図会は復刻版。
去年鹿児島に行った際、維新ふるさと館で開かれていた古本市で350円やった…
実は中身は持っているのだけれど、本になっているものなら欲しいなと。


2017327_1

ぼろぼろですわ…

久しぶりに征露図会をぺらぺら見ていたのだけれど、広瀬の同期近藤常松の書簡が一部掲載されている。
内務省土木監督の技師であった兄宛。
(この兄が近藤仙太郎と言う高名な技術者だったらしく、利根川や大井川、天竜川の改修でかなりの功績があるようです)


向井弥一_海大講習員 
(左から2番目が近藤。荒川仲吾と向井弥一も同期)


近藤常松は旅順口閉塞作戦当時、駆逐艦漣の艦長で、閉塞隊の援護と収容の任に当たっていました。
大島正毅や松永光敬、九津見雅雄といった同期たちも同様の任に就いており、送る方も送られる方も感慨一入であったのではないかと想像します。


近藤は日清戦争直前、広瀬と同じく水雷術練習所「迅鯨」の分隊士でした。
周囲がどんどん出征していくのを見て、当時の広瀬は焦り、自分の番が来ないことに落胆する日々だったのですが、果たして同僚の近藤までが先に出征することに…
「貴様、俺より先に征くのか」
そう広瀬から言われたと近藤本人が話を残しています。
当時の広瀬(の日記)が大変かわいくて(おっと失礼)、私としては大好きな時期です。
近藤が兄に宛てた書簡の最後に、


一言之を云へば唯壮絶惨絶と申すの外無之候
遂に我親愛なる広瀬武夫を失ひ申し候


とある。
同期ですから当然と言っちゃ当然ですが、やっぱり仲が良かったんだろうなあ…


また作戦に赴く広瀬を見送った霞艦長・大島正毅の回顧も残っている。
霞が福井丸と並走していた際に大島が

今夜は星光微かにして薄き靄あり、決行最上の夜と思はる。
已に天佑あり成功疑ひなし


こう信号した。
そうしたらすぐに船橋天幕に登ってきた広瀬が手旗信号で返信。


我又成功を確信す、有難う左様なら


そのまま福井丸を見送った霞はその後、閉塞隊援護・警戒に回る。
その内に空が白み始め、海を漂う端艇を見つけて近付けば乗っていたのは福井丸の乗員だったそうです。


広瀬中佐は「どうされた」と問ひしに、「戦死しました」と答ふ

それから乗員を収容したのだけれど、


能くゝゝ見れば戦死者負傷者多数端艇の底に倒れ、血肉は飛散し端艇は破れ
実に凄愴惨憺の極みにて、暗愁痛惜無限の感に打たれつゝ、
中佐の肉片を大切に白布に包ましめ、其他の戦死負傷者を丁寧に収容し、
全部終了せしを以て、端艇を舷側に横附けの儘繋止し、沖合に向へり。


この肉片はアルコール漬けにされた上、大島艦長であった兄勝比古の元に届けられ、4月初旬に帰国しております。


日露戦争直前_同窓会_広瀬武夫


向井弥一のご子孫様から頂いて、自分で人物の特定をした15期の集合写真は私の宝物です。
これは明治37年2月5日撮影。
後年の写真でもなく、当時のまんま戦場にいる時まんまの姿で写っているというのは、なんとも感慨無量になります(出征前日ですが)。
この写真には大島も、松永も久津見も写っている。
近藤がいなくて残念ですが、この人たちか、と当時の回顧等を読むと思います。

広瀬についてはもっと多くの人の証言なり回顧を集めたいと思うのですが、それがなかなか難しい。
上の写真の中では、特に町田の話を私は聞きたいと思うのですね…
町田に限りませんが、”軍神”じゃない、”軍人”広瀬武夫の話がもっとあると思うのですよ。
杓子定規な広瀬武夫像でもなく、「広瀬中佐!」と変に敬う感じでもなく、もう少し自然体で広瀬に触れられる機会があればと思うし、そういう場をサイトやブログで作って行ければいいなと思います。

そんなこんなで広瀬武夫の113回忌でございました。
合掌。
関連記事

財部日記 第2弾

帰ってきた。
え、何処からという感じですが広瀬武夫の勉強会@東京に行ってきたー。
色々お話しを伺ってきましたぞ!
皆さん熱い方ばかりで私場違いだったんじゃないかと心配。
迷惑ではなかっただろうか。
 
そして頂き物!


グッズ 


クリアファイル(竹田市の)とサクマドロップ。
ビスコとチロルチョコがカスタマイズできるのは知っていたのですが、サクマドロップまでとは…(笑

午前は国会図書館に行ってきました。
引き続き財部日記を見てきた。
今回はあんまり収穫はなかったのだけれど、ぺらぺら見ていてたら、


財部日記 


お?と。
伊木壮次郎の話が出ていた。
明治28年7月11日条で、病気で加療のため鹿児島の自宅に帰っているという話を聞いて吃驚とある。
以前書いた諜報のことと関係あるのかなあとも思うのだけれど、さすがに1年前…
否定するのも肯定するのも微妙だわあ…


あとここ。


財部日記


財部の結婚式当日の日記。
薄すぎて読めないよ!でも広瀬って書いてある(※根性)
この日ともう1日について、職員の方と交渉したら、本当に特例ですよって現物を見せてもらえた…!

B6サイズほどの小さい日記帳だったよ。
そこにめっちゃ細かい字で書いてあるの。明治30(1897)年、119年前の日記。
上写真の薄い所は青の万年筆っぽく、急に濃くなっている後半部分は毛筆。なぜ。

もう1日の薄いところは、鉛筆(きっと先の丸まったやつ)でした…
職員の方に「これは読めないですね」と言わしめた!(笑)

上写真の話は、広瀬とあるから、向井弥一の名前も出てくるのかと思ったのだけれど、そうではなかった。笑
巳丑会(クラス会)のみんなで何か贈るから、何が欲しい?ということを広瀬が代表して聞いてきたという内容。
置時計か、盃か、花瓶のどれかがいいと返事したんですって。
関連記事

今日の財部日記(10) 伊木壮次郎6

日本郵船ウラジオストク支店開設が明治29(1898)年4月。
ウラジオに派遣されていた伊木壮次郎が一時帰国したのが明治29年6月(伊木壮次郎2)。
再度ウラジオに派遣ということで、無記名パスポートが申請されたのが同年9月11日。

②9/11 玉利軍令部副官→三須人事課長 (伊木壮次郎2参照)
海軍大尉伊木壮次郎嘗テ秘密御用ヲ以テ露領浦潮斯徳ヘ出張ノ処
去ル六月命ニ依リ帰朝之際旅行券ハ同所貿易事務官ニ於テ取リ上ケ相成候
就テハ今般ハ用済再ヒ同地ヘ出発致候ニ付 <以下略>


そもそも官民問わずウラジオにあった出先機関は軍事スパイのたまり場だったんじゃない?^^;


上引用の2行目に「貿易事務官」とありますが、ウラジオの貿易事務官といえばかなり馴染みのある名前も出てきます。
それが外務省の川上俊彦(かわかみとしつね)。

経歴を見ると、明治23~24年に浦潮港貿易事務官として勤務、25年に公使館書記生としてロシア在勤。
33年からまたウラジオの貿易事務官。
日露戦争前日本はウラジオに領事館を置くことが許されておらず、代わりに置かれていたのが貿易事務館になります。

ロシア駐在を終えた広瀬武夫がシベリアを横断してウラジオまで辿り着きますが、その時に滞在したのが川上の家でした。
川上は忙しかったようで、主に新妻常盤ちゃん(※結婚1年目)が広瀬の接待をしていた。
常盤ちゃん広瀬にスマートにエスコートされたりして(マジか)、危ない所を助けてもらったり、この人は自分の守護天使か何かかと思ったらしいよ。けっ(こら
3人で写っている写真もあります。サイトに転がってますのでよかったら探して(丸投げー

日露戦争中は満州軍総司令部附になったりしている。
そして有名な写真がこれ。





後列左端。
乃木希典とステッセルの水師営の会見の通訳をした人物です。
また伊藤博文が暗殺された際も側におりまして、流れ弾にあたっている。

川上は戦後に海軍から表彰されているのですが、その理由がウラジオ地域における諜報活動(明治30年代)。
日露戦争直前のロシア太平洋艦隊の動静についてだったり、ウラジオ軍港の要塞の状況を諜報員を使って情報収集していた。
海軍はこういう事が余り得意でなかったのか、外務省に頼むことが多かったみたいですね。
陸軍は自前でやってるんだけど…

こういうこともあって、川上、伊木壮次郎の事を知っていたのじゃないかと想像。
明治29年時点で川上がロシアいたのか、ちょっとわからないのですが、それでも名前くらいは知っていたのではないかしら。
手元に部分的にある川上の追悼録にはそういう話は勿論載ってはいないのですが。


 29年8月10日 海軍大尉伊木壮次郎転地療養の件
 29年9月11日 海軍大尉伊木壮次郎露領浦塩斯徳出張旅行券交付の件
 29年12月9日 海軍大尉伊木壮次郎転地療養願の件
 30年1月19日 海軍大尉正七位勲六等伊木壮次郎特旨進階ノ件

伊木のパスポート申請が9月11日で転地療養の申請が12月9日(伊木2)。
12月初旬にウラジオに渡っていたとして、亡くなったのが1月20日なら…

諜報活動で得られたもの、特にはなかったのではないのという気がする。
…外務省に頼んだ方が良かったのでは… (禁句
(『東亜先覚志士記伝』では1/20とありますが、実際には1/19だと思います)

伊木には壮之助という弟がおり、兄の非業の死を知って(どうやって…)台湾総督府勤めを辞め単身シベリアへ。
ロシア語を修めて、日露戦争時には第3軍のロシア語通訳になったとある(『東亜先覚志士記伝』)。
あら、ま。(乃木軍=第3軍…^^;
なんだか色んな所で接点が出てくる訳です。
世間狭くて恐ろしい。

伊木、ちょっと調べてみて思ったのは、石光真清的なニオイがするって所でしょうか…
要するにこれ、使い捨てじゃない?
派遣先で殉職しても公にできない職務に従事しているから、亡くなった理由も公表されない。
表彰もされない(ひょっとしたら恩賞もなかった可能性が…)。
他に海軍軍人でこういう職務に従事していた人っているのかしらと思うのだけれど。


伊木の訃報が入った時の記事、財部日記にはあるのではないかと思う。
ただ私が複写したのは明治30年3月からなのですね。くそう。
5月中旬に式を挙げた新婚の財部夫妻は墓参のために都城へ帰郷、その後鹿児島にも足を延ばしているのですが、

6月5日 夕知識氏ト同道故伊木壮次郎兄ノ墓ヲ訪フ
6月6日 午前来客ニ接シタル後喜入氏ト同道伊木氏ヲ訪ヒタリ
6月8日 伊木壮次郎君ノ墓ヲ詣ヅ

とある。
伊木氏を訪れたとありますが、実家だろう。
『東亜先覚志士記伝』の記述が確かなら当時伊木壮之助は台湾にいる筈なので、応対に出たのは親かその他兄弟かな。
日記には訪問時の内容は書かれていないけれど、どういう話がされたんでしょうねえ。


山本権兵衛長女との縁談が持ち込まれた時、財部はその場で即座に断った。
しかし話を持ってきた上村彦之丞はその後も中々納得してくれなくて、それを突っぱねるために同期の向井弥一や広瀬武夫を巻き込んで頑張る訳です。

権門より嫁を貰うのは平素よりの持論に反する。
答えるにしてもとりあえず伊木以下諸兄に一言する必要がある。

一旦引き取ってもらうために、そういうことを言い訳として言うのですね。
伊木はもう亡くなっているのですが、こういう時に一番に名前が挙がってくるというのはかなり仲が良かったのでしょう。

伊木の訃報、財部はどんな思いで聞いたんでしょうねえ。

関連記事

今日の財部日記

財部彪日記、漸く終わりが見えてきました。
読むだけは読んだけれど、それと釈文を取るのとではまた別の話だわー(今更)
サラッと読み流すのと一字ずつ文字に起こしていくのとでは言わずもがな大分違うのだけれど、PCが必要なので物理的な制約が…
それでも半年分あった日記もあと明治30年8月分を残すのみになりました。

サイトに上げている「公文書に見る広瀬武夫」でも考察しましたが、留学直前になる7月が滅茶苦茶忙しい。
オフィシャルでは国内の軍事設備の視察ぐらいしかしていなさそうに見えるのだけれど(そんなわけないって…)、プライベートでは友人知人の訪問と送別会の嵐。
財部は本当にマメに日記をつけていて、今私が見ている半年間で記述がない日はほぼないに近い。
1・2回はあったけれどその程度。
それが出発前の1週間程は真っ白になっている。笑
広瀬武夫にしても当時の日記?からするに随分忙しかったようで、これは同時期に留学した秋山真之や林三子雄、村上格一も同様でしょう。


村上格一、林三子雄、財部彪、秋山真之 


交通の事情も通信の事情も今とは違います。
幾ら家を空けることが多い海軍とはいえ年単位での海外留学・駐在は、特に家族にとっては大事であったと容易に推察できます。
海外にいる間に親族のが誰かが亡くなるというのが普通にある。
広瀬に至ってはロシア滞在中に祖母、弟、父を亡くしています。
向井弥一にしても三笠回航委員として滞英中に家族を亡くしている。
書簡には誰とは書いていなかったけれど、恐らく奥さんです。
だからこういう話が出てきたら周囲が早く身を固めて両親を安心させろと言うのですよね。
財部がそう言われたのと同じで。

その財部君の東京での定宿は有信館という旅館だったらしい。
有名なのかと思い調べてみたものの、ググっても神道無念流の道場しか出てきませんでした。
昔のガイドブックも幾らか見たけれどよく分からなかった。

村上格一、林三子雄、財部彪、広瀬武夫、秋山真之の5人は6月26日に各国留学の辞令を受けています。
財部本人は東京にいるのだけれど、当時彼は常備艦隊参謀でして辞令書は旗艦が停泊している横須賀に行っていた。
辞令は受けたけれど書類は受け取っていなかったのね。

それを取りに横須賀に行ったのが7月2日。
そして帰ってきたらなんかイネちゃん(奥さん)が…

…ってここで待て次号!
すまーん!眠い!(笑)
関連記事

お披露目

財部彪、故郷の都城(宮崎県)で挙式していたと思っていたのだけれど、東京で挙げていた。
財部彪顕彰会の伝記の記述も違うってどういうことー!ちょっとどういうことー!(笑)
私サイトで都城で挙式と書いたよ!?(笑)

ただおかしいとは思っていたのだよー(※これに限らずこう感じる所は意外と多い)
関係者皆が東京にいるのにわざわざみんな宮崎まで移動していたのかとか、さあ…
東京か。東京やんな、やっぱり…

うん、なんというか財部の結婚は急転直下で決まったね。
外堀埋められて最後は諦めたね、これ。
「致し方なし」だもんね。
そして広瀬武夫や向井弥一のふたりは勝手に友人の為と言って破談させようしたのではなく、財部に助けを求められての行動だった。
財部が山本権兵衛の長女と結婚したくなかった理由は、山本が権門勢家であるため。
…もあるのだけれど、これが第1の理由ではなかったわ。
それはここでは書きませんが、当時はとてもじゃないが口には出せなかったと思う。

ただ結婚したらしたで結構楽しそうな感じではある。
そして都城へも帰っていた。
お墓参りと親族や知り合いへ奥さんを紹介するため。新婚旅行に近かろう。


5月15日に東京で挙式をしています。
ただ本当にもう読めないのですよ。薄すぎて…





「広瀬」とあるのが見えて、非常に気になる。
恐らく向井の話も書かれているだろう。
友情から自分の意志に添うように尽力してくれたということが書かれていると思われる。
読みたいけれど、もう一度国会図書館に行ってもこれは読めない気がする。
どうかなあ…コピーのコピーだからなあ…

そして16日に披露宴を開いていて、そこで東京近辺にいる同期や懇意にしている知人を呼んでいる。
招待状を三十人程に出していて、二十数人が出席してくれた。
竹下勇、中野直枝、山中柴吉、木村剛、町田駒次郎、松井健吉、広瀬武夫とやっぱり同期が多い。
やーん竹下君もいるー(落ち着きなはれ)
向井の名前は出ていなくて、これは他用があったのだと思う。
何も無ければ向井は絶対に来てくれそうだし。
そして秋山真之もいました。あっきー呼ばれてたわ(笑)

仁礼景一も出席者のひとり。
仁礼景一…名前は既出なのですが、お、覚えてる?^^;

海軍大臣をつとめた仁礼景範の長男で、アナポリス出。
初めは医学の為にアメリカ留学をしていたのですが、何があったか途中でアナポリスに私費留学している。
卒業期は18期卒業相当という扱いのようです(18期…加藤寛治、安保清種らのクラス)。
広瀬とは同僚であった時期があり、それが18期の遠洋航海、比叡乗組み。
え?という感じですが、この時は18期らと同等扱いではなく比叡分隊士として乗組んでいます。

「仁礼等如キハ我吾ガ妻ヲ胴上ゲスルニ至レリ」

とかいう一文があって笑えるんだけど。
イネちゃん胴上げされてる…
そしてもう「吾が妻」だよ!「吾が妻」!照れがないな財部!(笑)
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)