Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

固め修めし大八洲(8)

戦艦八島の話、続き。

八島が沈んだのは明治37年5月15日のこと。
当時はまだ旅順封鎖中、その哨戒の航路が一定していたため危険を感じ、航路を変えようというその最終日だった。
日本海軍はこれ以前、ロシア海軍の航路が同一である事に気付いて水雷を設置、旗艦のペトロパウロウスクを沈めています(4/13)。
その轍を踏むんじゃないかということだったのだけれど、踏んでしまった。


八島艦長であった坂本一の回想によると、触雷の瞬間はそれ程大きな衝撃ではなかったようです。
右舷中央からドンっという音がして、水雷だなと思ったらまたドンっ。
今度は前方から。
そして艦は右舷に傾斜し始めた。
排水作業等の対処はするものの傾斜は直らず、割と早い段階で「これは無理かな」という感じになったみたい。


戦艦八島 八島


ただ旅順沖で敵の目の届く位置なので、そこからは出たい。
根拠地である鎮海までもって行きたい。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/201558.jpg


そう考えて必要定員を残して全員退艦させて、なんとかかんとか航行しようとしていた最中、初瀬が2回目の触雷で大爆発した。

八島は3回、初瀬は2回触雷している。
先陣を切って進んでいた初瀬の方が深刻だったようで、1度目の触雷でスタンウォークまで沈んでいた。
前方で曳船準備作業、後方で排水・補修作業をしている時に2回目の触雷、これが後部火薬室の誘爆を引き起こした。


http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/IMG_0557.jpg 初瀬


ものすごい大爆発だったようです。
穴という穴から火炎と黒煙が吹き出し、メインマストのてっぺんまで炎が巻き上がる。
そして周囲が見ている間に海に沈んでいった。
2分とか、そこらの出来事だったみたい。

初瀬には広瀬武夫の同期、15期がふたり乗組んでいます。
ふたりとも助かっている。
臼井兼太郎(既出)と小林恵吉郎。サイトに写真出てます。
当時水雷長であった小林の回想がありますが、よく助かったと思う。
溺死しかけている。
航海長であった千坂智次郎(既出)も九死に一生を得ていて、助けられた時の事をほとんど覚えていないような状態だった。

一方艦体後部で補修作業の監督をしていた副長有森元吉中佐は亡くなっている。
これは当時の新聞に合同葬儀の広告が出ていたのを見ました。
この爆発で乗員の半数以上、500人弱が亡くなっています。
初瀬の爆発は旅順にいるロシア海軍も確認してますし、これだけ人が沢山亡くなっていたら流石に隠せない。


この日、初瀬、敷島、八島で共に行動していて、無事であった敷島が救助作業に当たり…
たかったのだけれど、この場で流石に戦艦もう1隻は失えない。
救助作業の準備をしている最中に、敷島は早く根拠地に帰れと言われ、涙を飲んで見守っていた。

他の僚艦、笠置と龍田が救助作業に当たったのですが、その途中での大爆発。
誰の回顧を読んでも、ものすごい衝撃だったようです。
爆発の様相も酷く、また目の前で人が瀧のようにフネから落ちていく。

敷島艦長であった寺垣猪三もひっくり返った初瀬が沈んでいく様を見てからというもの、艦の下部に塗るあの赤い塗料、あの色が嫌で嫌で堪らないと言っていて、それが酷く印象的でした。



http://blog-imgs-72.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/0704280078.jpg (※スタンウォーク)



つ、つづく…orz


ブログランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)