Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

栴檀(6)

サイト移行の為下ろします。
関連記事

パラべラム~堀悌吉(15)

*****

この話は19回シリーズです。
サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > 近代MTS > 明治~昭和 よりどうぞ。

*****


お久しぶりの続きです。
前回はこちら→ パラべラム14



一方、財部彪は元々軍令系の人です。
それが明治42(1909)年12月、いきなり海軍次官に抜擢されたことは「紐解『財部彪日記』」でも書きました。
それまで一度も海軍省での勤務経験ないんですよ、財部。
軍令部の方でさえ部課長の経験がない。

薩摩派、岳父が山本権兵衛ということで、周囲から色々と余所では聞けない話を聞いていたと思いますが、実際に実務を執るとなるとかなり大変だった。
何せ経験がないもんで、財部本人もへろっへろになった。
それでも海相斎藤実を支えながらどうにかこうにかやっていくわけです。


http://blog-imgs-57.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20149172.jpg


で、仕事を覚えてスムーズに行ける、余裕も随分出てきて3年目位、という時に起きたのがシーメンス事件。
大正3(1914)年1月に浮上した海軍の収賄事件で山本権兵衛内閣が倒壊します。
大隈重信内閣で新しく海相になった八代六郎は、汚職事件の責任を取らせる形で山本権兵衛と斎藤実を予備役に編入しました(引退させた)。
財部もその煽りを食って待命となります。(巻き添え…

約1年続いた待命の後、大正4年2月に第3艦隊司令官として復帰。
それ以降は各地鎮守府・要港部で長官・司令官を歴任しており、中央官衙に帰ってきたのが大正12(1923)年。
海軍大臣としてでした。

これねー…複数の意味で大きなネックなってると思う。
これは難しかったと思うよー

まず海軍省での実務経験、下積みが全然ない。
財部は海軍大臣になるまで海軍省での勤務が実質3年しかないんですよ。
しかも仕事覚えた頃に強制終了。

次に、加藤友三郎海相の下、省部で人が育つ時期に財部は地方に出ている。
その時点で中央官衙での人の繋がり、信頼を繋ぐ機会が激減する訳です。


そもそもね、財部は海軍部内では評判が悪い訳ですよ。

一番の原因は昇進が異常に早かった点にあると思います。
若い頃から本当に早くて、日露戦争の中盤には既に大佐です。
2期上、3期上のクラスヘッドと同じくらいのスピードで昇進していて、親王並みだということで「財部親王」なんて影口を言われていた程。

次官就任に際しても、前任が海兵7期の加藤友三郎で、間7期をすっ飛ばして実務経験のない15期の財部彪です。
8期から14期にはすごい人、沢山いますよ。
山下源太郎(10)、村上格一(11)、山屋他人(12)、江頭安太郎(12)、栃内曽次郎(13)、野間口兼雄(13)、鈴木貫太郎(14)、佐藤鉄太郎(14)、その他。
特に江頭を飛ばしているということに誰が納得するだろうか。
私もできん。

3期飛ばして軍務局長になった堀悌吉でも嫉妬されたり憎悪されたりです。
しかも財部の場合は薩派、岳父山本権兵衛。
外からどう思われるかは推して知るべしと言うべきか。

だからね、回顧録なんかでみんな言うんだよ。
財部は苦労が足りてないって。苦労してないからって。
経験が足りてないってみんなが見てる。

そもそもそんな状態なのに大正の核になる時期に中央での勤務がないというのは、色んな意味でやっぱり厳しかったと思う。
その上地方に出ていることで大正10年ワシントン会議の際の加藤のやり方を間近で学べなかったというのも、財部の為には残念だっただろう。


後ね、時代の制約と言うか、時代の流れと言うものあってだな。
大正10年にワシントン条約が成立して、ネイバル・ホリデイ、軍縮時代となります。
この条約に沿って日本は既存の軍艦、建造計画のあった軍艦が廃棄されました。

その時に海軍士官のリストラも行われているのね。
そりゃそうだよね。
軍艦の数が減るのだから、それに乗り組む人数だって減る。
対米比率やその後の軍艦の廃棄の話にはなるのに、この話はあまり出てこない気がします。

ではどういう層が首切りにあったか。
【6】で紹介した「加藤全権伝言」(大正10年)で、加藤友三郎自身がそのことを井出謙治次官に伝えています。


http://blog-imgs-57.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_09190015.jpg


淘汰スルニシテモ配員上多少ノ困難アリトスルモ
成ルヘク上級者ヲ多ク淘汰シ下級者ヲ多ク残シタシ



士官の中で対象になったのは将官クラス、佐官クラスです。
この時期に将官になっているのは、日露戦争時代の中堅層、日露戦争を支えた世代。
あれ、と思われる方も多いと思います。
そうなんですよ。
『坂の上の雲』に出てくるあんな人やこんな人がオン・ザ・リザーブ・リスト!引退!

クラスで言うと13~22・3期が核で、25・6期位迄かなー…
具体的に名前を挙げれば、こんな人たち。

栃内曽次郎(13)、佐藤鉄太郎(14)、千坂智次郎(14)
小栗孝三郎(15)、中野直枝(15)、布目満造(15)
舟越楫四郎(16)、森山慶三郎(17)、山路一善(17)
佐藤皐蔵(18) 、下村延太郎(18)


小栗孝三郎、百武三郎、佐藤鉄太郎、井出謙治、中野直枝


やだー!
なんか聞いたことがある人ばっかりなんだけど!
聞いたことある人ばっかり挙げたからなんだけど!(笑)
大正11年中旬~12年に待命になっている人は大抵そうだと思う。

佐藤鉄太郎の名前があることに意外感を持つ方も多いかと思います。
個人的には、生きていたら秋山真之もこの時の整理の対象になっていたと思う。
ふたりとも加藤友三郎に左遷されてます。
佐藤は軍令部の権力を拡大しようとして加藤の逆鱗に触れ、軍令部次長から海大校長へ。
秋山は大陸政策に深入りしすぎて軍務局長から欧州視察旅行に飛ばされた。
ハイ。
あっきーの視察旅行、慧眼を讃える話しかほぼ聞かないわけですが、これは事実上の左遷です。


軍人恩給はそんなに手厚くなかったようで、大将と言えど現役を退いてしまうと大変だったようです。
それまでについていた特典的待遇も無くなるし。

『東郷平八郎』(田中宏巳/ちくま新書/1999)には、26期の南郷次郎が、自分は経済的には困らないからと整理対象であった同期の代わりに予備役になったという話があります。(※)
それだけ大変なことだし、人員整理は好む好まざるに関わらず人の恨みを買う。
加藤友三郎がいくらカリスマ的であったといっても、そしてどんな理由があったとしても、首を切られた側からはやっぱり恨まれる。

ただ山梨勝之進の話によると、この時はその怨嗟の矛先は加藤ではなく次官であった井出謙治に向いている。(加藤には怖くて…^^;)
加藤は井出を自分の後継者に考えていた節があるのですが、結局それは実現せずに終わっています。
ワシントン会議の処理が傷となり、結局は最後に山本五十六を付けて欧州に視察旅行をさせるだけで終わってしまった。
ロンドンの時でも、山梨勝之進次官が犠牲となった訳ですが、ワシントンの時も同じだった…
こうなってくると、加藤のワンマンは良かったのか悪かったのか。
評価が分かれるところだと思います。


続く!
変な所で話途切れるけど

******

(※)

南郷次郎は嘉納治五郎の甥で、講道館2代目館長。関西の嘉納財閥の一族。
嘉納治五郎の生家(=南郷の母の実家)は神戸御影の現菊正宗酒造・白鶴酒造で、幕府の御用聞きを勤めるような大変な名家でした。
嘉納治五郎自身も学校を経営していたり、講道館を経営していたりで、つまり家が大変なお金持ちだったので海軍辞めても困らない。

広瀬武夫は柔道繋がりで南郷とは仲が良く、というか南郷の母とも仲がよく、息子が世話になっているからとお菓子やなんやをよく持たされていた。
南郷の方が9歳年下で、広瀬は弟を見るような感じで南郷を可愛がっていたみたい。
南郷が海兵を受験する前、造船所を見に行きたいと広瀬に依頼したことがあり、それに対する広瀬の返事が残っています。
横須賀水雷隊攻撃部第2水雷隊時代。明治28年だと思う。
一般には知られていないもので、一応内容は未公開になるのか。私も写真でしか見たことがない。



≫続き に拍手の御返事があります~ 
関連記事

海軍兵学校15期!(8) 海軍的華麗なる一族

*****

この話は8回シリーズです。
追記改訂の上サイトに纏めて移行済み。そちらの方が読みやすい。
サイト > WORKS > 歴史話 > FRWL(広瀬武夫コーナー) > 考察・考証 よりどうぞ。
題は 「We are!」 に変えています。

*****


題(笑)

海軍兵学校15期、続き!

石川寿次郎


長兄が石川伍一、弟に石川漣平陸軍中将、甥に石川達三がいます。
石川達三、あの作家の石川達三です。
『生きてゐる兵隊』で国語の便覧に載ってますな。

作家か。
何か書き残していないかと自伝を読んだのだけれど、達三が生まれて間もなく石川寿次郎が亡くなっているので、全然面識はなかった。
達三の父が教師であちこち転勤していまして、その一時的な家として石川寿次郎の家に住んだという記述だけがありました。
その時にはすでに寿次郎は亡くなっており、空き家になっていたとのこと。(『私ひとりの私』)
石川寿次郎の没年は明治39年、公務中に乗り組んでいた厳島で亡くなっている。

兄弟の中で一番有名なのは恐らく石川伍一で、この人は日清戦争の前から清国で海軍の諜報活動をしていた。
戦争が始まると周囲から帰国を勧められたのだけれどそれを断り活動を続行、その内清国側に捕まりまして、銃殺されています。



あと面白いな~と思ったのは、平原文三郎という人物。
ハンモックナンバーは79!(笑)
分かっている段階では最終ランクが中佐、大正6年には南洋、オランダ領のとある島に移住しています。
中佐だったら、日露戦争終わってすぐ位に海軍辞めたのかな…

移住して何をしていたかと言うと、フルーツと天然ゴムの栽培をしていた。
農場経営をしていたんじゃないかと思う。
いやー…一体どういう経緯だったんでしょうね。笑
小杉辰三の方なら、まだ納得するんですけど、平原の場合は海軍と隔たり過ぎてる気が…^^;
ゴムだけならそうかなと思わん気もないけどフルーツて。


小杉辰三の兄が、北海道開拓に関わった後台湾に移住してるんですよ。
その後厦門に移り、そこから家族に「1・2週間程出かけてくる」と言ったきり帰ってこなかった。
東南アジアを転々として、最終的にはパプアニューギニアに住んでいたようです。
待てども帰ってこないので家族は日本に引き上げてしまった。
で、結局小杉兄が帰ってきたのがン十年後…。

南方興進の為に活動していたようで、その援助を募るための帰国だった。
その時に弟が財部彪や竹下勇と同期であった誼から力添えをしてもらって、古い軍艦を貰うという所まで話が発展したらしい。(昭和7・8年)
ただこの兄が帰国中に風邪に罹って亡くなってしまい、その話はなくなったようです。
当時の新聞にそういうことが載っていた。
これってもしかして平原と面識あったんじゃないの?と思う訳です…^^;



華麗なる?一族というか、華麗なる?親族。海軍編。

山中柴吉


http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_0709.gif

これは以前このブログで触れたことがありますね。
山下友彦は山下源太郎の養嗣子です。書き忘れました。

黒井悌次郎と山下源太郎のラインがどう繋がるのかがよく分からないのよ…
あと、どういう繋がりかが分からないけれど、山本五十六の妻方の親戚に南雲忠一がいるとのこと。
山本五十六のお孫さんがネット上のインタビューで仰っていました。

ちなみに山下源太郎は海兵10期、広瀬武夫の兄広瀬勝比古の同期で、仲が良かったそうですん。
一緒に写ってる写真が手元にある。

(訂正:山口多聞と奥宮正武の妻は四竈の兄の子です)
(加筆修正版はこちら



岡田啓介、向井弥一


系図的に更に難易度が上がるのがこちら!
ごめんね!これ以上小さく作れなかったの!

http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/2014_0709_03.gif


個人的には

 こんな感じ。


日露戦争の際中堅以上で有名な方の名前に色を付けました。
立見尚文、鈴木貫太郎、岡田啓介、佐藤鉄太郎、小笠原長生、東郷平八郎、向井弥一、正木義太が親戚である!

訳分からん。


『佐藤鉄太郎海軍中将伝』(石川泰志/原書房/2000)の系図を参考にしました。
多分合ってると思うのだけど、ここまで入り組んで来ると正直自信がない!^^;
どっ、努力は認めてよね!(笑)
というか、佐藤伝も2か所、ケアレスミスがあるんよ…

向井弥一が繋がるというのは、数日前にご子孫様から教えて頂いたホットな情報です。
流石に驚きました…
藤江兄弟の姉妹が、向井の後妻さんだそうで。

兄の藤江逸志は機関科の将校で、栗田富太郎の同期になります。



今のところはこんな感じかな~…
他には旅順閉塞に参加した人(実施部隊・掩護部隊)も複数いますし、唐津の町長になった人もいる。
日本海海戦時、信濃丸の副長で金鵄勲章をもらった人もいます。
公家じゃないかと思う人がいるのだけど、ちょっとよく分からなかったり。

あともうひとり、なにー!と思った人がいるのだけれど、その人の事はついでではなくきちんと書きたいので、また後日ということで。
個人的には竹田市に寄稿してもいいネタだと思う。笑


とりあえず海兵15期!はこれでおしまい!
もう少し書きたいこともあるけれど、そんなに掘り下げても…という感じかな、と思わんでもない(笑)
そういう感じなので、折を見ておいおい書いて行こうかと思います。
個人的にほっこりするような話も、広瀬が絡んでいる話も結構あるんだぜ…

また15期関連で何か情報があったら教えてください。ぜひ。
広瀬絡みならなお歓迎(笑)

ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました^^


秋山の連載からほぼ連日更新で疲れたわ~
関連記事

Stars☆

山梨遺芳録より (第3回)


山梨勝之進が明治10年生まれの海兵25期ということで、広瀬武夫や秋山真之とは年が10歳、海兵の卒業年は7~8年違う。
広瀬と八代六郎位の違いかと思って調べてみたら、この人達は年は8歳、卒業年は7年違う。
広瀬と八代だったら八代は結構な先輩だなーという印象があるので、山梨にとっての広瀬や秋山らの世代もそんな感じだったのかな。


http://blog-imgs-49.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/yamanashi.jpg
大佐時代のステキ写真 外国の俳優のようである


以前も書いたけれど、広瀬とは日露戦争前に佐世保で朝日艦上で話したことがあるとの山梨本人の言葉。
年表を見ていると、山梨は明治36年9月末から翌年5月初まで扶桑(第3艦隊第7戦隊)の水雷長兼分隊長だった(大尉)。
山梨は違う所で「朝日の広瀬はとにかく有名だった」とも書いているけれど、広瀬本人に接触する機会はあまりなかったのかな?

一方の秋山真之とは海軍大学校の時の教官と生徒だったり、第一次世界大戦の視察旅行に一緒について行って約8ヶ月を共に過ごしたりと、中々印象深い所があったようで、この本には秋山に関する記述が結構ある。


山梨が海大の甲種学生(第5期)になったのは明治39(1906)年1月とあるので、日露戦争が終わって約1年後の話。
明治40年12月18日卒業。
当時の教官には佐藤鉄太郎大佐、鈴木貫太郎大佐、秋山真之少佐がいた。


http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/satoh.jpg


このときほど、教官の揃ったことはあるまい。
教官には、それぞれ特色があったが、佐藤さんは、戦史のオーソリテーであって、長い間古今東西の海戦を研究して、その成敗、利鈍、因果関係を歴史的、統計的に検討吟味し、海国の国防は、結局海軍によらなければならない所以を説かれた。
非常に根柢の深いものであった。



一応確認しておこうと明治38年と39年の職員録を見ても佐藤がいないんだよ…
職員録の発行時期の問題かと思い『佐藤鉄太郎海軍中将伝』を見たら、佐藤は明治39年1月25日に海軍大学校選科学生になっている(40年4月22日まで在学)とある。 
で、40年4月22日付けで海軍大学校教官になっていました。調べ方が悪かった(笑)
40年の職員録を見たら確かにいてました。
ついでに岡田啓介も教官として名前が載っていた。
そしてこの時期に佐藤が学生にしていた講義が『帝国国防史論』になったんだね~
山梨さんナマで聞いたのか…


秋山さんの戦術は、兵理の上から、理論的に戦術を説かれたもので、理路整然として、胸がすくように筋が通っているうえに、興味深々たるものがあった。
まことにブリリアント、チャーミングであって、学生の血を沸かせたものである。
戦務は、秋山さん独創のもので、戦略、戦術を実施する上において、必要な要務を具体的に教えられ、秋山さん自身が、
「私は戦務で、日露戦争に奉仕した」
といっておられた。



http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/akiyama.jpg


チャーミングか…^^; いや、確かに意味は「魅力的」だけど、語感がね(笑)


鈴木さんは、秋山さんとはまた別のもち味があった。
口数は少いが、その風格態度がおもおもしく、あつみがあり、筋金が入っていた。
ちょうど、鉄塊を水底に沈めたような感じであった。
「私は講義などは得意ではないが、戦場で、敵とむき合ったときには、自信がある。俺の所作をみてくれ」
というような感じを与えていた。
秋山さんを、ナポレオン型にたとえるなら、鈴木さんは、ウエリントン型とでも言うべきであろう。



http://blog-imgs-59.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/suzuki.jpg


思わず笑ってしまったのがこの鈴木評。

筋金が入っていた。

やっぱりー!(笑) (※鈴貫 筋金入り
『鈴木貫太郎自伝』によると、鈴貫はあれこれ兼任しながら、主に水雷術関係の調査研究をしていたみたい。
大学校では実践から得た水雷戦術を組織し、教育本部では実践中に得た水雷戦に関する全事績を調査して後の参考書を作ったとあります。

秋山だけだよ伝記から何やってたか分からないのは(笑)
ただ『秋山真之』(桜井真清/秋山真之会/1933)には


その講義を聴くべき学生諸君が、これまた同じく日露役の実戦を踏んで来た兵学上一家の見を有する俊秀である。
随つて教室は教官生徒の間に論戦風発、海軍大学創つて以来の盛観を呈した。
当時講義筆記の速記者曰く
「私も海軍大学の速記者を長く勤めてゐますが、今の時代ほど海軍大学の教室が賑わつた事は有りません」



こうした記述があって、山梨遺芳録にも


学生は、みな一通りの実戦経歴者であったので、議論は、真剣、活溌に行われて、つねに白熱化していた。
この三教官(提督)の教育が、我が海軍の兵術発展の一つの型となったのである。



こうした記述がある。
みな一通りの実戦経歴者」って、どういう人たちなのかと海大の卒業者名簿を見てみると、山梨の期は全員で16名。
中には松村菊勇(少佐)、大角岑生(大尉)、山本英輔(大尉)、清河純一(大尉)がいる。
 
松村は怪我をしなければ旅順口閉塞に参加していた人物です。
成仁録のメンバーで、国内にいる時から閉塞作戦実行の準備をしていたひとり。
負傷後送されたため、広瀬武夫がそのピンチヒッターになった。
大角も3回目の旅順口閉塞に参加。ぶっちゃけると大角人事と言う悪い印象しか無い。
大角と同期の山本は日露戦争時第2艦隊の参謀です。山本権兵衛の甥にあたる人物。
清河は前回も名前が出てきましたが、日露戦争時連合艦隊参謀。秋山と職場一緒!
そして桜井真清(少佐)の名前もあるのだけれど、私は伝記関係でしかこの方の名前を知らんのだ…

確かにあんな経歴の人たちが先生で、こんな経歴の人たちが学生だったら議論白熱どころじゃなかったんじゃない?

今の時代ほど海軍大学の教室が賑わつた事は有りません

そらなかったろうよ(笑)
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)