Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

品川神社(1)

先週末は東京でした。
宿泊が品川で、早朝に少し時間が取れそうだったので周辺に史跡がないか探した(ヒジハラですから。笑)
…ら、板垣退助のお墓があった。
何となく青山霊園とか多磨霊園とか、あの辺りかと思っていたので意外でした。

ということで取り敢えず品川神社まで。


品川神社


京浜急行新馬場駅の目の前。
電車の中から結構大きい神社だなあとぼんやり見ていたのですが、よく見りゃ


品川神社


<●><●> 富士塚じゃね? (覚醒)(笑


正直板垣退助の墓所よりこちらに興奮した。(どうなの…

階段を登ればちゃんと富士塚の説明がありました。
一度見てみたかったので、これは嬉しかったぞ!

富士塚とは江戸時代の人工富士山のことで、富士の山開きの時に富士講で富士登山するのですが(なんのこっちゃ)、それに行けない人々が富士塚に登った。(※品川富士は明治2年に作られています)
富士信仰は関西でも昔からあるらしいのですが、富士塚はないのです。
それやこれやでいっぺん見てみたかったのだけれど、思いの外大きくて驚きました。


富士山


帰りの新幹線から見えた富士山。
東京出てから20分くらいで見えるもんなあ。
江戸から富士山は見えていました。
見えなくなったのは高層ビルが立ち並ぶようになったこの数十年だと思う。
とういうか数年前まで山手線から見えとったはず。
まあ、日常生活している上でどう頑張っても欠片すら見えない関西と関東では、富士山に対する感じ方はちょっと違うと思うんだ…
(※三重・滋賀・奈良・和歌山の県境辺りの山頂が可視の最西らしい)


品川神社


鳥居の近くに大きな石碑があったので近づいてみる。
荏原郡長を務めた林交周という人物の顕彰碑でした。


品川神社


篆額が小松宮彰仁親王、撰書が伊藤博文。
リリー自分で書いたんか。所縁の深い人物だったのかな。

階段を上ると包丁塚等あれこれ石碑が並んでいたのですが、ゆっくり見る時間はなかったのでスルー。
富士登山(笑)する時間もちょっとなかった…
踵のあるヒールだったのでしんどかったのもある。笑


品川神社



本殿の前に忠魂碑があったのでまたもや近づいてみたら、


品川神社


「希典書」とある。
あら。


品川神社


明治43年4月に品川町の在郷軍人会が日清日露戦争の戦没者の慰霊の為に作ったもので、乃木希典に揮毫を依頼したそうです。
何度か移転の後に品川神社にやってきたとのこと。

結構色々なものがありますな。

続きます。


関連記事

「明治時代県政の記録」展@兵庫県公館(2)

兵庫県公館、伊藤博文


明治元(1868)年5月26日、東条慶次宛伊藤博文書簡。
読んでいてへえと思ったのですが、兵庫県、もしかしたら大阪の一部だったかも。

書簡の初めに、兵庫は県になり大坂の支配を免れ、太政官から直命を受けることになったとある。
現在の兵庫県域はかなり広いですが、当時の兵庫県は摂津と播磨のごく一部でした。
というのも当時はまだ藩が存在しております。
明治4(1872)年の廃藩置県までは各地の大名が各所領を治めておりますからね。

ですので、大阪府であったかもしれない”兵庫県”というのは、大名の所領以外の土地、つまり幕領であった土地になります。
それが廃藩置県で現在の兵庫県域は4県(兵庫県、飾磨県、豊岡県、名東県)になり、明治9年にこの4県が統合されて現域の兵庫県になった。
そして何故兵庫が大阪の支配に?ということですが、この辺りは大坂町奉行所の管轄であったため。

名東は淡路島(南側)です。
飾磨(しかま/西側)、豊岡(北側)だけでもかなり広域で、よくこの4県を統合しようと思ったな…
兵庫(東側)の辺りは今の阪神間に相当しますが、気候風土、言葉も随分違う。

まあそれはとにかく私明治初年の伊藤の書簡を見たのは初めてだわー。
署名が「俊介」になっている。
そしてもう少し伊藤関連のものを見たかったです…
以前来た時は伊藤直筆の入った杯などもあったのだが。笑

目的は伊藤の書簡だったので、余りにもあっさり終了。
寂しい。


兵庫県公館、伊能図 


別室の伊能図(大図の縮小版の兵庫県全域)見て退散致しました。
天ぷら定食まきのでお昼ごはん食べて早々に帰ってきた(揚げたて美味しかった…


兵庫県公館
関連記事

「明治時代県政の記録」展@兵庫県公館

変な所で途切れた前回の続き。


兵庫県公館


初代兵庫県知事が伊藤博文なのですね。
そういう関連もあり、神戸には伊藤に関する史跡が少数ですが存在しています。
兵庫県公館もそのひとつ…
と言っていいのかという気がしますが、そういうことにしておこう。笑
関連の遺品が幾らかあります(どれ位あるのかは知らない)。

今回の展示会で出ていた伊藤関連は書簡1通。
しょかんいっつう。
もう少し点数出して欲しかったー(心の声)


内部の写真撮影可。
下写真に写っている3人のうち、左側の人物が伊藤博文、中心の人物が中島信行。
明治元年かな?場所は花隈だそうです。


兵庫県公館、伊藤博文


中島は通称作太郎、土佐の人。
土佐勤王党、海援隊、陸援隊を経て新政府に出仕。
板垣退助の自由党に参加して副総理、あと衆議院の初代議長を務めている。
割と有名な人ですな。
明治元年5月…というか、まだ当時は慶応4年だけど、1868年に伊藤博文が兵庫県知事となった際には、中島は兵庫県判事となり伊藤の補佐していたそうです。
そうなんだ。

扁額が掛かっていますが、左側は東久世通禧、右側は伊藤博文のもの。
東久世は四卿落ちの東久世になります。
1868年年明けすぐに外国事務総督(今でいう外務大臣)に就任、神戸事件の折衝に伊藤と共に当たっている。

神戸は前年慶応3年12月7日に開港されておりまして(兵庫開港)、以降外国人が逗留しております。
その外国人と日本人の間で起きた諍いが神戸事件。
明治政府初めての国際事件になります。

こちら、現在の神戸の繁華街のど真ん中で起こった事件で、所縁の神社が残っている。
街に馴染み過ぎて気に留める人は少ない。


三宮神社


伊藤が兵庫県の初代知事となった理由は、この事件に関わっていた為であると思われます。
イギリス側とは面識があるし、英語もできただろうし。

そして今回展示されていた書簡はその神戸事件が解決した3か月後のもの。


兵庫県公館、伊藤博文


神戸事件とは何の関係もありません。(おい

続く!
関連記事

兵庫県公館

兵庫県公館


兵庫県公館に行ってきました。
今月17日まで「明治時代憲政の記録」という展示会が開かれている。
伊藤博文の書簡が出ていると聞いたのですね。
それが目的。

兵庫県公館は明治35(1902)年に落成した兵庫県庁。
昭和20(1945)年の神戸大空襲で外壁しか残らなかったらしい…
復旧工事、保存再生工事を経て昭和60(1985)年に兵庫県公館として生まれ変わりました。
建設当時の姿が復元されている兵庫県の迎賓館であり、県政資料館。

そして我が兵庫県の初代県知事が伊藤博文なのですよ!
伊藤博文!
とはいえ県知事であったのは1年足らずですけれども。
ついでに言えば4代県知事は陸奥宗光。
税所敦、林董、周布公平(周布政之助の嫡子)という名前も見られます。

すいません、ここで一旦区切ります…
22:30にして眠たくて起きてられない。笑


関連記事

固め修めし大八洲(7)

読んでるよーと声を掛けて頂いて嬉しいです。
拍手をしてくださっている方もありがとうございます^^
反応があるとやる気が出るわー(現金)

そして伊藤博文の話になると熱くなる。
大好きなんです伊藤博文。近代の政治家で一番好きだ。

前回の話、非常に単純化してます。
さすがにあそこまで簡単な話ではないのだけれど、バサッと大枠を掴んで。
歴史は大きな流れが分かると細かい所も分かりやすいから。

日清戦争後~日露戦争前の政治の大きな課題は、軍拡の費用をどこから持ってくるか、です。
大体において地租増徴案がネックになって内閣が倒壊し、議会が解散されている。


**


大隈重信、板垣退助の隈板内閣が成立したのは明治31(1898)年。
成立間もなく…というか、内閣成立前より旧進歩党派と旧自由党派で分裂、結果4か月で内閣空中分解。
その後に組閣したのが山縣有朋です。
これは前々回触れた第2次山縣内閣で、33年に文官任用令と軍部大臣武官制度を導入した内閣になります。

で、この内閣の時に地租が上がってるのね。
民党はどうしたという話ですが、旧自由党系の憲政党(星亨)が政府と提携している。
山縣と憲政党が妥協して地租を2.5%から3.3%に引き上げています。


//blog-imgs-72-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/20155602.jpg (下の→)


但しこれは明治32(1899)年から5年間、つまり明治37(1904)年までの時限立法だった。
これでとりあえずは財源確保!
これ以上は何にもなし!…かと言われたらそうではない。

第2次山縣内閣の次、第4次伊藤博文内閣でも増税案(建艦補充費用捻出等の為)が提出されていますし、その次の桂太郎内閣では地租増税の5年制限を無期限にする案を議会に提出しています。
当然野党第一党である政友会(自由党系憲政党が母体)は猛反対します。
それを伊藤博文が政友会総裁の立場ではなく、国家の元老の立場から、無理やり政友会に受け入れさせている。
明治36(1903)年。


桂太郎


ちょっとね、私もよく分からないのだけど、この5年時限立法の地租増徴継続案。
ネットで見ていたらちゃんと5年後の明治37年3月末で終わることになっていて、その直前に日露戦争が始まったので結局延長されたという記述がある。
桂内閣と政友会の妥協がすっ飛ばされてんだが。
流れが繋がらない…
結局5年間では終わらなかったことは確かなので、結果としては一緒と言っちゃ一緒なのだけれど。
サイトに移す時にはちゃんと調べときますわー
すまーん。


日清戦争が終わってもロシアの脅威に対抗するために軍拡に次ぐ軍拡が継続され、当時の政治の課題はその軍拡費用をどこから持ってくるかでした。
具体的には地租増徴、消費税などの間接税の導入・増税が挙げられる。
今まで書いてきた通り。
じわじわじりじり国民にかけられる税金が上がっていく。


そして明治37(1904)年2月、日露戦争が始まります。
ではその戦費はどこから調達してくるか。
よく知られているのは高橋是清の外債調達ですが、勿論これだけではありません。
国民にはさらに税金がかけられる。


日露戦争中、桂内閣は2度にわたって「非常特別税」という臨時増税を導入しています。
戦争が始まってしまうと流石に政府と議会が反目しあうような状態ではありません。
まさしく挙国一致の様相で、反対も出ずにスムーズに可決。

具体的には地租、所得税、営業税、酒税、砂糖税の増徴、石油消費税、毛織物消費税などの新設。
塩と煙草は専売になった。
煙草の話は生方敏郎(明治15年生、ジャーナリスト)の『明治大正見聞史』にも出ています。
曰く、政府の専売になると不味くなることは分かっていたがみんな我慢した、云々。
非常時だからねえ…

そして臨時増税なので、この非常特別税にも時限がありました。
日露講和が成立した翌年末まで。
制限があるし、そしてまさしく皇国の興廃この一戦にあるから、税金がどんどん上がってもみんなが我慢した。
(この話はまだ続きがあるのですが、それは後に回します。本当に違う話になってしまう)


日露戦争ってね、こういう中で遂行された戦争なんです。
日露戦争で活躍した軍艦も、こういう中で作られた。
ドラマ『坂の上の雲』で、

国民が爪に火を灯す暮らしをして軍艦を作った

という旨の言葉があった。
確か広瀬武夫のセリフだったと思うのだけれど、これ、本当そう。
明治天皇が宮廷費を出し、文武官が俸給の1割を返納し、国民が度重なる増税に耐えて、本当にみんなでお金を出し合って作った軍艦。
いつの時代の軍事費も国民のお金で賄われています。
それに違いはないのだけれど、こういう経緯を知っているから、余計に明治の、日露戦争頃の軍艦が私はいとおしい。


それがやね、まだろくに戦いもしない明治37年の5月に触雷で沈むわけです。(開戦は2月)
戦艦6艦の内の2艦、八島と初瀬が1日で沈んだ。
第1艦隊、即ち連合艦隊の基幹になる戦闘部隊の構成艦です。一番肝心な所。
戦闘力何割減で後どうしようということもあったと思うけれど、これ国民に対してどうやって言い訳するの?

初瀬は触雷の際に犠牲者が出ています。
だから隠せなかった。
ただ八島の方は全員無事でしたので、日露戦争後まで触雷で沈没したという事実は隠匿されています。

士気の低下が懸念されたこともあったと思う。
けれど、国民に対して申し開きできないという理由も絶対にあったはず。


つづく。


***


前回大隈重信の改進党と書いていましたが、進歩党です。
当時すでに改名してた。すいません。

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram 

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)