Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

今日の財部日記(10) 伊木壮次郎6

日本郵船ウラジオストク支店開設が明治29(1898)年4月。
ウラジオに派遣されていた伊木壮次郎が一時帰国したのが明治29年6月(伊木壮次郎2)。
再度ウラジオに派遣ということで、無記名パスポートが申請されたのが同年9月11日。

②9/11 玉利軍令部副官→三須人事課長 (伊木壮次郎2参照)
海軍大尉伊木壮次郎嘗テ秘密御用ヲ以テ露領浦潮斯徳ヘ出張ノ処
去ル六月命ニ依リ帰朝之際旅行券ハ同所貿易事務官ニ於テ取リ上ケ相成候
就テハ今般ハ用済再ヒ同地ヘ出発致候ニ付 <以下略>


そもそも官民問わずウラジオにあった出先機関は軍事スパイのたまり場だったんじゃない?^^;


上引用の2行目に「貿易事務官」とありますが、ウラジオの貿易事務官といえばかなり馴染みのある名前も出てきます。
それが外務省の川上俊彦(かわかみとしつね)。

経歴を見ると、明治23~24年に浦潮港貿易事務官として勤務、25年に公使館書記生としてロシア在勤。
33年からまたウラジオの貿易事務官。
日露戦争前日本はウラジオに領事館を置くことが許されておらず、代わりに置かれていたのが貿易事務館になります。

ロシア駐在を終えた広瀬武夫がシベリアを横断してウラジオまで辿り着きますが、その時に滞在したのが川上の家でした。
川上は忙しかったようで、主に新妻常盤ちゃん(※結婚1年目)が広瀬の接待をしていた。
常盤ちゃん広瀬にスマートにエスコートされたりして(マジか)、危ない所を助けてもらったり、この人は自分の守護天使か何かかと思ったらしいよ。けっ(こら
3人で写っている写真もあります。サイトに転がってますのでよかったら探して(丸投げー

日露戦争中は満州軍総司令部附になったりしている。
そして有名な写真がこれ。





後列左端。
乃木希典とステッセルの水師営の会見の通訳をした人物です。
また伊藤博文が暗殺された際も側におりまして、流れ弾にあたっている。

川上は戦後に海軍から表彰されているのですが、その理由がウラジオ地域における諜報活動(明治30年代)。
日露戦争直前のロシア太平洋艦隊の動静についてだったり、ウラジオ軍港の要塞の状況を諜報員を使って情報収集していた。
海軍はこういう事が余り得意でなかったのか、外務省に頼むことが多かったみたいですね。
陸軍は自前でやってるんだけど…

こういうこともあって、川上、伊木壮次郎の事を知っていたのじゃないかと想像。
明治29年時点で川上がロシアいたのか、ちょっとわからないのですが、それでも名前くらいは知っていたのではないかしら。
手元に部分的にある川上の追悼録にはそういう話は勿論載ってはいないのですが。


 29年8月10日 海軍大尉伊木壮次郎転地療養の件
 29年9月11日 海軍大尉伊木壮次郎露領浦塩斯徳出張旅行券交付の件
 29年12月9日 海軍大尉伊木壮次郎転地療養願の件
 30年1月19日 海軍大尉正七位勲六等伊木壮次郎特旨進階ノ件

伊木のパスポート申請が9月11日で転地療養の申請が12月9日(伊木2)。
12月初旬にウラジオに渡っていたとして、亡くなったのが1月20日なら…

諜報活動で得られたもの、特にはなかったのではないのという気がする。
…外務省に頼んだ方が良かったのでは… (禁句
(『東亜先覚志士記伝』では1/20とありますが、実際には1/19だと思います)

伊木には壮之助という弟がおり、兄の非業の死を知って(どうやって…)台湾総督府勤めを辞め単身シベリアへ。
ロシア語を修めて、日露戦争時には第3軍のロシア語通訳になったとある(『東亜先覚志士記伝』)。
あら、ま。(乃木軍=第3軍…^^;
なんだか色んな所で接点が出てくる訳です。
世間狭くて恐ろしい。

伊木、ちょっと調べてみて思ったのは、石光真清的なニオイがするって所でしょうか…
要するにこれ、使い捨てじゃない?
派遣先で殉職しても公にできない職務に従事しているから、亡くなった理由も公表されない。
表彰もされない(ひょっとしたら恩賞もなかった可能性が…)。
他に海軍軍人でこういう職務に従事していた人っているのかしらと思うのだけれど。


伊木の訃報が入った時の記事、財部日記にはあるのではないかと思う。
ただ私が複写したのは明治30年3月からなのですね。くそう。
5月中旬に式を挙げた新婚の財部夫妻は墓参のために都城へ帰郷、その後鹿児島にも足を延ばしているのですが、

6月5日 夕知識氏ト同道故伊木壮次郎兄ノ墓ヲ訪フ
6月6日 午前来客ニ接シタル後喜入氏ト同道伊木氏ヲ訪ヒタリ
6月8日 伊木壮次郎君ノ墓ヲ詣ヅ

とある。
伊木氏を訪れたとありますが、実家だろう。
『東亜先覚志士記伝』の記述が確かなら当時伊木壮之助は台湾にいる筈なので、応対に出たのは親かその他兄弟かな。
日記には訪問時の内容は書かれていないけれど、どういう話がされたんでしょうねえ。


山本権兵衛長女との縁談が持ち込まれた時、財部はその場で即座に断った。
しかし話を持ってきた上村彦之丞はその後も中々納得してくれなくて、それを突っぱねるために同期の向井弥一や広瀬武夫を巻き込んで頑張る訳です。

権門より嫁を貰うのは平素よりの持論に反する。
答えるにしてもとりあえず伊木以下諸兄に一言する必要がある。

一旦引き取ってもらうために、そういうことを言い訳として言うのですね。
伊木はもう亡くなっているのですが、こういう時に一番に名前が挙がってくるというのはかなり仲が良かったのでしょう。

伊木の訃報、財部はどんな思いで聞いたんでしょうねえ。


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^

関連記事

今日の財部日記(9) 伊木壮次郎5

 日本郵船のロシア語研究生・東健次という変名で、ウラジオストクで軍事スパイをしていたという伊木壮次郎。
財部彪、広瀬武夫の1級上の海軍兵学校14期。
広瀬はロシア・ロシア語という点、財部は日本郵船という点で繋がりがありそうかなと思われます。


伊木壮次郎


ただウラジオにスパイで派遣されたというだけでロシア語を解していた人物だったかとは断じられないかなとは、と我ながら思いますが。
この辺りはやや判断に苦しむ所ではあるけれど、一緒に遊ぶメンバーの名前には入っていたようなので、ロシア繋がりでなくても仲は良かったのだろう。


そして財部彪と日本郵船?という感じだと思いますが。
財部には須田利信という親戚がいる。
『財部彪日記ー海軍次官時代ー』には親戚としか書かれていないのだけれど、調べたら須田の妻あきるが財部盛邦長女とのことで、財部彪とは姻戚のようです。
財部盛邦はよくわからないのですが、アジ歴で出てきた文書を見ると医者であったようです。
財部彪との関係は不明。
そして須田は財部が東京遊学の際(兵学校入校前)、資金的に苦しかった時に援助してくれたとのこと。


この須田氏、実は結構なエリート。
工部省、農商務省、逓信省に勤めて明治20(1887)年に日本郵船入社、その後4年間イギリス留学。
うーん。日本郵船にいるというだけでとりあえずは当時の勝ち組だと思う…
日本郵船は汽船三菱(三菱)と共同運輸(政府系)が合併してできた海運会社です。
ほぼ三菱系。
この日本郵船で大正4(1915)年には副社長。
ついでに日清・日露戦争、第1次世界大戦では叙勲を受けている。

明治30(1897)年の須田は日本郵船の監督という肩書き。
”監督”がどういう立場かはよく分からないので、日本郵船の”ロシア語研究生”の実態がどんなもんであったか、知っていたかどうかは不明。
知ってても財部に話していたかどうか…
ちょっと怪しいか(笑)


アジ歴を見るとウラジオストクに日本郵船の支店が置かれたのが明治29(1896)年4月なのですよ。
それまでは代理店が置かれていた。
支店に切り替った理由は社運隆盛のため(アジ歴#B11092427500)。
業績が良くなってきたため。

この時ウラジオ支店の支店長になったのが寺見機一という人物。
更にアジ歴を見るとこの方外務省の人間で、浦潮港貿易事務官だった。
あらー
経歴見ると浅野セメント社員→貿易事務官→日本郵船社員だったらしいけれど、うーん。
これ…^^;
み、民間人…?
(ググるとコトバンクでも出ていたので、それなりに有名な人物なのか…)

そしてだね、「正六位寺見機一叙勲ノ件」(A10112483200、明治31年)を見ると、


日本郵船会社支配人ト為リ
露領浦塩斯徳港出張以来参謀本部ノ嘱托ニ依リ密ニ軍事ヲ諜報
屡有益ノ材料ヲ回致シ <略>
(※太字は土原)


あらー


寺見死後の明治36年末(日露戦争直前)には参謀本部が偵察業務に携わり貢献するところ少なからずということで、遺族に賞与を与えたいという申請を陸軍大臣にしてますわ。
支店長時代に陸軍から5名の”派遣員”が送られていたが、彼らの任務遂行にも少なからず助力した(#C10071300700)、そうで。
陸相からはOKが出ていて、結果はどうなったか不明ですが恐らく実行されたのではないか。


つづく!(笑)
終わらん…


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

今日の財部日記(8) 伊木壮次郎4

『東亜先覚志士記伝』より。





おー…いきなり違う…(笑)
入校明治18(1885)年、卒業22年だと15期になってしまう。笑
卒業は20年です…

入校は『海軍兵学校沿革』を確認したのですけど、名前がない。笑
鹿児島の富永壮次郎という人ならいるのだけれど、伊木姓がいない。
そして明治20年に突如として伊木壮次郎が現れるのであった…

実は最近『沿革』は名前の誤字誤植が多いのではないかという気がしている。
大澤が太澤だったりするし。いきなり苗字が変わっている人もいるし。
財部のように入校時は違う苗字(児玉)の人も、確かにいるのですが。

多分同じ人じゃないかなあ…
そして17年の入校だと思う。
この辺りはアジ歴の史料を探せばありそうですが、そこまでする必要性を感じないのでスルー。





そして日清戦争で活躍したらしい。
『日清戦争実記』あたりを確認すれば名前を探せそうですが、そこまではいい。
で、写真の後3行ですね(途切れてますが)。

明治29年その筋の密命を帯びてウラジオに渡り、日本郵船のロシア語研究生と称して東健次の変名で秘密活動に従った。
しかしロシア官憲より軍事探偵と疑われ、国際問題化しそうになったため、累を国家に及ぼさないようウラジオにて自殺(明治30年1月20日)。
ただ当時その真相は秘せられたため、世の知る所とはならなかった。
31歳、墓所は鹿児島の大徳寺墓地。

はい。
『ロシヤにおける広瀬武夫』の記述はここから来てますね。
内容が同一。

『東亜先覚志士記伝』の出版年は昭和10~11(1935-36)年。
30年以上経過していて関係者から話が漏れているということもありますが、編者はどうやって知ったのか。
出版元も編集も黒龍会なので伝手は有り余るほどあったと思いますが。

それはいいのですが、明治30(1897)年当時の広瀬武夫や財部彪はこういう事、知っていたのかと。
正式には知らなかっただろうけれど、いきなり仲の良い人が神経衰弱とかで姿を消したら怪しむわな。
まあ…言わなくても薄々は分かっていのではないかと思います。暗黙の了解的な?

それに日本郵船のロシア語研究生という辺りがね。
広瀬も財部も結構濃い付き合いがあったのではとも思う。

広瀬は勿論ロシア(語)という点。
財部は日本郵船という点。


もう少し続く。
細切れですいません…


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事

今日の財部日記(7) 伊木壮次郎3

明治29(1896)年8月10日付けで転地療養している人間に対し、9月11日付でウラジオストク出張のためのパスポート申請がなされているという不思議。
しかもアジ歴を調べて出てくるのが「匿名」の「無記名パスポート」で「秘密御用」の為出張、ですからねえ。
軍事スパイですよね、これ。

秘密御用か。
あまり聞きなれない言葉だと思いアジ歴で検索すると、ほぼ同時期の明治30年10月8日、
「宗方小太郎秘密御用の為め匿名を以清国へ派遣に付旅行券交付の件」
という文書が出てくる。

おお…宗方小太郎の名前をこんな所で見ようとは…
宗方は日清戦争の時期に清国の海軍の状況をスパイしていた人物。
ということで石川伍一とも関係があった。
石川は海兵15期石川寿次郎の長兄です(弟に石川漣平陸軍中将、甥に作家石川達三)。
日清戦争の際に諜報活動に従事して、清国側に捕まり銃殺されている。

宗方は熊本、佐々友房の弟子になる。
明治10年西南戦争時、薩軍に党薩諸隊が加わりますが、その中の熊本隊の一番隊小隊長であったのが佐々友房。
佐々淳行の祖父にあたる。
熊本隊の隊長は池辺吉十郎といって、戦後に処刑されています。
西南戦争前の微妙な時期に薩摩の篠原国幹を訪ねて一日中対面したまま座ったまま黙ったままっちゅうエピソードがありますな。
この人の息子が明治3大ジャーナリストのひとり、池辺三山。(池辺、陸羯南、徳富蘇峰)
夏目漱石を朝日新聞に入れた人。

アジ歴の文書は題名の通りパスポートの事だけなので内容は良く分からない。
しかも日清戦争後であるし。
ただ時期的に見ても伊木と宗方の目的は地域は違っても同一もしくは類似のものだったかと。
伊木は軍人で宗方は民間人だけどさ。


海軍兵学校14期、伊木壮次郎。
グーグル先生に聞いてもほぼ梨の礫なのですが、目を引くページが2件ほど出てくる。
その内の1件が『ロシアにおける広瀬武夫』(…)(私が見つけたサイトあれこれの本から引用とは言えない程の文章を引き写してるんだがいいのか)。
一応手元にある本を確認しましたが記述は同じ、そして名前が出ているのは1ヶ所だけだと思う。
同書によると、伊木は2級下の広瀬もよく知っていたし、日本郵船会社の露語研究生・東健次と名乗って、軍事探偵として働いていたとある。

ふーん…
何というか…
うん、今まで何度か書いてますがこの本、細かい所で間違いや根拠が分からない記述も結構ある。
現に広瀬は伊木の2級下ではなく1級下だしさ…(海軍義済会員名簿で確認済)
信用しないという事ではないのだけれど、盲目的には信じられない。
ただ日本郵船の東健次とか、此処まで具体的だと何か資料的な根拠がある筈だと思い、幾らか調べたら出てきました。


大陸関係なら辞典的な人物列伝がふたつある。
ひとつは『東亜先覚志士記伝』、もうひとつは『対支回顧録(正・続)』。
地理的にロシア関係は微妙な点があるけれど、ウラジオならまあ載っているだろう(という希望)。
あと日露戦争関連ならいけるかなと。
そしてもう一件、『明治過去帳-物故人名辞典-』っちゅうのがありまして。

『明治過去帳』には名前はあったけれど、官報を見たら分かるような経歴しか載っていなかった。
『対支ー』には記載自体がなかったけれど『東亜ー』には項目がありました。


続きまーす。
(てかみなさんあんまり興味ないですかね…

ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました!
関連記事

今日の財部日記(6) 伊木壮次郎2

財部彪日記には

昼伊木広瀬二氏来参、共ニ昼食ヲナシ雑談(M26/5/20)

という一文があったり、また竹下勇宛書簡にも伊木壮次郎と何処どこで一泊して勘定未済だからついでがあれば払っといてだとか…
結構仲が良かったらしい(ちなみに引用文の広瀬は広瀬武夫です)。

財部は順調に進学すれば14期で卒業していた筈ですが、1年休学したため15期として卒業している。
休学の理由は病気だったようです。
「頭脳の佐藤(鉄太郎)、 剛毅の財部、長者の鈴木(貫太郎)、学問の松村(龍雄)」
という14期の”四天王”のひとりだったのですよねえ…
そもそも同期という辺りそりゃあ仲も良かっただろうよ。
出身地だって鹿児島と都城(※薩摩支藩)だし。

海軍兵学校に入校している時点で一般の人よりは身体的には強靭にできていそうな印象があるのだけれど、少尉任官前に亡くなってしまう人も、任官後すぐに亡くなってしまう人もいる。
近代に入っても人間は今よりも簡単に病気で亡くなってしまう。
大体において結核であったり脚気であったりするわけですが、伊木の場合は転地療養の理由が神経衰弱病になっている。
神経衰弱…ねえ…?
たださあ、伊木の転地療養、ちょっとおかしい所がある。

アジ歴で引っかかる伊木資料の一部。
 
 29年8月10日 海軍大尉伊木壮次郎転地療養の件
 29年9月11日 海軍大尉伊木壮次郎露領浦塩斯徳出張旅行券交付の件
 29年12月9日 海軍大尉伊木壮次郎転地療養願の件
 30年1月19日 海軍大尉正七位勲六等伊木壮次郎特旨進階ノ件

>29年9月11日 ウラジオストク出張旅行券交付の件
>29年9月11日 ウラジオストク出張旅行券交付の件
>29年9月11日 ウラジオストク出張旅行券交付の件

へー…ほー…ふーん…?
8月10日付けで転地療養している人間に何故ウラジオ出張パスポートがいる。
どう見ても不自然ですありがとうございました。
8月10日の転地療養はカモフラージュですかね。

ちゅうことで該当文書を広げてみるわけですよ。
ここでも釈文かよ手間かけさせやがって…(こら

該当文書(#C10125901600)には2つの文書(+付箋)が収録されています。


①9/11 海軍大臣→外務大臣 (案)
海軍大尉伊木壮次郎
右ハ曩キニ匿名ヲ以テ露領浦塩斯徳ヘ出張中之処一時帰朝ヲ命シ

再ヒ出張候ニ付更ニ無記名旅行券御交付相成度此段及照会候也

②9/11 玉利軍令部副官→三須人事課長
海軍大尉伊木壮次郎嘗テ秘密御用ヲ以テ露領浦潮斯徳ヘ出張ノ処
去ル六月命ニ依リ帰朝之際旅行券ハ同所貿易事務官ニ於テ取リ上ケ相成候
就テハ今般ハ用済再ヒ同地ヘ出発致候ニ付
此際更ニ前同様無記名旅行券御渡相成候様御取計被下度候也



太字は私がつけたもの。
文書の順番としては軍令部から海軍省人事局に連絡があり(②)、
そこより海軍大臣から外務大臣に無記名パスポートの申請がされている(①)。

匿名でウラジオへ出張、無記名パスポート、秘密御用でウラジオへ出張、再び同地へ出張。
あー…

要するにスパイですかそうですか。


もう少し続く。


ランキング 日本ブログ村 ブログランキングならblogram

歴史ブログランキングに参加しています。よろしければぽちっとお願いします。
拍手してくださった方、ランキングクリックしてくださった方、ありがとうございました^^
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)