Para Bellum

明治・大正・昭和初期の軍人・政治家の話が多め
特に海軍と広瀬武夫、偶に江戸時代中後期/幕末

東福寺*清水寺

敢てカテゴリーを史跡にしてしまう強引さ。笑
京都国立博物館に行くついでに東福寺に行ってきました。


東福寺


先週の土日辺りが一番きれいだったのではなかろうか…
雨で散ってた感じだったなー


東福寺


ほぼ床紅葉。
開園?が8時半だったので8時頃に着いたのだけれど、それでもちょっと並びました。
もっとゆっくり行けばよかったかなという感じだったけれど、帰る頃(9時半ごろ)には団体客とか団体客とか団体客とかが…
早く行ってて良かった。天気があまりよくなかったけど。


東福寺


お陰で写真の写りもあまりよくないのであった…
ぼけてるし…
東福寺に行くのは15年ぶり?多分それ以上な気もするが^^;
本当に久しぶりだったので良かったです。


東福寺 


庭観たり。
ぶらぶら即宗院の前まで行って帰ろうかと思いきや、


東福寺 即宗院


特別公開されている…!
普段非公開で入れない所なのですよ、ここ。やったー。
というか今の時期は毎年開いてそうやけど。
ちなみにこの特別公開の看板の後ろには「鹿児島藩招魂碑」という碑が建っている。

東福寺は薩摩と所縁の深い寺院でして、塔頭即宗院は薩摩藩主の近畿の菩提寺。
鳥羽伏見の戦いの際は薩摩の屯営が置かれたのもこの東福寺になります。
そういう関連もあって西郷隆盛関連の史跡があるのですね。


東福寺 即宗院 


そのひとつが招魂碑。
またこちらには田中新兵衛、奈良原喜左衛門のお墓もあるそうです。
驚いたのだけれど、中井弘の墓所もこちらだった。
ひとつ上の写真、看板の下の石碑に「中井桜州山人墓所」とあります。
三者のお墓は、一般の墓地と同じ敷地内にあるようです。
うろうろしたけれど見当たらなかったので。
その墓地の方は進入禁止になっていたので、お参り不可でした。
残念。


東福寺からぶらぶら歩いて京博まで(20分かからない位で行ける)。
完全に住んでいた時分の生活圏で(笑)、本当に懐かしい辺りでした。
七条の辺りは本当に変わってしまいましたが、今熊野の方は相変わらず。

京博では27日までの坂本龍馬展を再見。
荷物も上着も全部預けて、正に手ぶら。ケータイも財布すらも持ってない!(笑)
変な目で見られてたけどいいんだ。平気。笑。
文書を読みながら、途中でちょっと眠くなりながら(笑)、3時間半…もうちょっといたか?

帰り際に宮川禎一さんが展示室を見廻りしていたのに遭遇。
話しかければよかったけど、最後の方はもう頭の芯が疲れていて休みたかった…
いつぞやごちそうになったお茶とお話しは大変おいしかったです…

前回見に行った時は気付かなかったのだけれど、重文指定されている史料の中に広瀬武夫の父の名前がありました(しかし名前の羅列であるだけで意味のある史料ではない)。
そういや宮川さんから頂いたメールでそういうことが書かれていたような気がすると確かめてみたら、書いてありましたわ。
ちょっと忘れてた。

陸援隊に参加していた山縣小太郎(広瀬の先生)なら坂本も知っていただろうし、会った事もあっただろうけれど、広瀬の父はどうだろうね。
龍馬も名前くらいは知っていたのだろうけれど、会ったことはなかったと思う。
物理的にちょっと難しい。


清水寺


京博を見学してからこれまたぶらぶらしながら清水寺まで。
相変わらずの観光地である…
人多すぎて疲れる。


清水寺


紅葉を見るというより人を見に来ている感じ。笑


清水寺


そして境内にある西郷隆盛関係の石碑。笑
月照上人は清水寺の塔頭成就院の住職でした。その関連。

しかし京都もどこ行ってもK国人C国人ばっかりで、もう本当に行く気がなくなるというか。
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)