Para Bellum

Si vis pacem, para bellum

過ぎたるは猶

バトン」を書いて、久々に『上村将軍言行録』(昭和5年)を出してきた。
というのも『上村大将追悼録』(大正6年)、『言行録』と編者は同じである上、内容も被っている所がある気がして。
確かめたら被ってたわ。気付くのが遅すぎですねそうですね。節穴ですねそうですね。

『追悼録』が『言行録』に再録されている。
海軍兵学校15期辺りの日露戦争辺りの追悼ばっかり読んでいたので、幕末~維新辺りの話は記憶が完全に飛んでました。笑
全然覚えてねえわ。
ただ省略されている部分もあるので、元になる『追悼録』も見られて良かったです。


海軍の父山本権兵衛


「上村副長に鉄拳制裁」

こちらは『海軍の父山本権兵衛』(中村嘉寿/水産社/S17)から。
著者中村は山本と交流のあった薩摩生まれの国会議員(元はジャーナリスト)で、山本やその周辺から親しく色々な話を聞く事が出来た人物。
本人にようそんなこと聞いたな、と思うようなことも聞いていて、読み物としても結構面白い本。


上村といえば酒豪として知られ、しかもそれが結構乱暴な酒だった。
兄妹かのように仲が良かったと言われる海軍料亭小松の女将、コマツさんからも
「ずば抜けて酒に強かったが、酒癖もずば抜けて悪かった」
と言われるほど。oh…

若い頃からであったようで、海軍兵学寮にいた時も酒を飲んでの乱暴狼藉を随分繰り返していた。
監督官らが上村があと一度狼藉を働いたら放寮処分にするという協議をしていた矢先に、門限過ぎにいい気分で帰ってきた上村。うわー
締め出されていたんでしょう、窓ガラスを割って部屋に入ろうとしたらしい。
それを見かけた山本が、さっと手を伸ばして上村を引き上げ、事なきを得たという話があるそうです。


海軍の父山本権兵衛 


で、表題の上村副長に山本が鉄拳制裁、という話なのですが。
この話では山本が艦長、上村が副長なのですね。
調べたら両者が同艦勤務になったのは明治19~20年頃の天城艦しかなく、当時山本は艦長で上村は分隊長でした。


或る夜の事、提督は例の如く乱酔して陸から帰艦、乱暴を遣りだしたと見るや、
伯は何思ひけん静かに二言三言副長に囁やいて其の儘連れ立つて甲板の方に行かれた。

この様子をハムモツクの上から目撃した富岡少佐は、コレハ何事か起るぞ…
と内心怕々ながら就寝を装つて覗いてゐると、伯は提督を強か打擲したが、
提督は一言の抗争もせず、さるゝが儘に服従して居られた。


提督は上村、伯は山本。
富岡少佐は名前が載っており、富岡延治郎のこと。
富岡定恭の弟で、機関科なのですが本書では砲術長とある。

色々と間違いすぎている。笑
あれこれと齟齬がありますが、富岡も同時期に少機関士として天城艦に乗り組んでいるので、著者の記憶違いだろうと思います。

富岡は思いの外山本艦長の腕っぷしが強いのに驚いたのだけれど、


艦長の態度、其折檻の凡てが友情の迸りであり、
又之を甘受して只管自己の罪を悔いて居る副長の平生の傲岸にも似ぬところに、
味はひ尽せぬ友情美と感受性に富める点は、実に後世に教訓を垂れたものであり、
多くの学ぶ可き美徳である、といつも親しき人達に(※土原註:富岡が)話して居られたとの事である。


教訓云々はひとまず措いて、”漢”だなあという感じがします。笑
関連記事

バトン

上村彦之丞は日露戦争の蔚山沖海戦で撃沈した露艦の将兵627人を救助したことでよく知られる提督でもあります。

『上村大将追悼録』には佐藤鉄太郎も寄稿していますが、やはり日露戦争時の話が中心でその話にも触れられている。
佐藤はこの話を割とあちこちでしているようですね。
確かに色々な面で話しやすい内容ではあると思う。


上村彦之丞 秋山真之 東郷平八郎 瓜生外吉 加藤友三郎 舟越楫四郎


其の当時上村将軍は日に月につもり来たりし我艦隊乗員の鬱憤の
或は露国艦隊の将卒に向て発せんことを惧れられたので殊更に
「捕虜を好遇せよ」との命令を発せられたのである。


大丈夫だろうか国の名誉を傷つけるようなことをしはしまいかと心配する佐藤先任参謀をよそに、日本の兵員達は捕虜となった露兵を大変丁寧に扱った。
兵員達の行動もさることながら、武士道を重んじ敵の将兵を厚遇した上村の態度が広く称賛されました。

上村のこうした行動は西郷隆盛の姿から学んだものであったようです。
具体的な話としては戊辰戦争の際の会津藩の降伏の話が出ていたのだけれど、庄内藩の事ではなかろうか…(東郷吉太郎の寄稿による)
曰く、


薩州の兵隊の居る宿舎は戸を閉め道路に居る兵隊には背面を向かしめ降将を見せしめなかつた
而して降将は礼を以て遇し決して辱かしむべきものではないと老西郷は云はれた(※土原註:と上村が言っていた)


私は知らなかったのだけれど、日清戦争時、秋津洲艦長であった上村は拿捕した敵艦操江の艦長以下を西郷同様に遇したらしい。
秋津洲に収容する際には総員を艦の前部へ移動させ、後甲板の人払いをした後、艦長室に降将を引見した。
そう東郷に話した上で「敵の降将を遇するに決して辱かしむべきものではない」と、今度は上村が東郷に伝えている。

東郷吉太郎(海兵13期)は日露戦争終盤時は朝日の副長でしたが、露艦アリョールを捕獲した際、上村の話をすぐに思い出したそうです。
アリョール艦長の死没に際しては、少なからぬ同情と礼儀を尽くさざるを得なかったと回顧している。

読んでいて、なるほどなあこうして受け継がれていくものなのだなと、正直感心しました。
げにありがたきは優れた先達かな。


こうした敵の名誉を重んじる行動については、同じく日清戦争時の連合艦隊司令長官伊東祐亨の話がよく知られています。
降伏を申し入れてきた敵将丁汝昌に対する扱い、また自殺した丁の遺骸をジャンクで送らせてくれと申し入れてきた清国側に激怒して決して許さなかったこと。
伊東は処分されるのを覚悟の上で独断で没収する筈であった商船をリストから外し、丁の棺を送らせています。


東郷平八郎 伊東祐亨 井上良馨


伊東もまた薩摩出身です。
薩摩だけではなかったと思うけれど(乃木希典の水師営の会見の例もあるし)、士風というものがあるのだろうなと思う。


先日鹿児島に行った際に、伊東祐亨の誕生地にも行ってきました。
清水馬場やったわ…!
桐野利秋さんちから近いやん…


伊東祐亨誕生地 


しっかし非常に冷たいこの仕打ち。
石が建っているだけで(しかもゴミステーション…)、伊東に関する解説版すらなかった。
凄い提督なんやぞ、伊東。
好きな提督だけに悲しいわ…
関連記事

帰りなん、いざ(2)

明治6(1872)年の所謂征韓論争で敗れた西郷隆盛が下野するや、同調する薩摩人が雪崩を打って官職を投げ打った。
当時海軍兵学寮の学生であった山本権兵衛も帰郷したひとり。
そして同様に海軍兵学寮生であった上村彦之丞も帰鹿しています。

『上村大将追悼録』の所収の言行録には当時の話の聞き書きがある。
ひとつは東郷吉太郎(東郷平八郎の甥)のもの。
もうひとつは谷山初七太郎・江口国彦(共著)のもの。

帰郷後、上村は西郷隆盛に会いに行くのですが、山本権兵衛同様そこでめちゃめちゃ怒られた。笑。
後者の話によると、武村の西郷邸(下写真が跡地、武屋敷跡)


鹿児島 


…を訪ねると先客がおり(恐らく桐野利秋、辺見十郎太だろうとのこと)、彼らとは別室にて面会してくれた。
上村は西郷が鹿児島に帰って活動?していることについて、意を得ないからはっきり説明してくれと議論をふっかけたらしい(笑)

西郷は煙管の吸い口を目の辺りにぐりぐり当てて、暫く黙っていた。
これ、西郷が考えている時の癖だったそうです。
考えるというより普通に頭が痛かったんだろう…^^;


君等は一体何の為に帰来せしか、
これ男子として第一前約に背くにあらずや、
初め一身を捧げて海軍に従事すと誓いし言は今何くにかある。
君等は目下兵学校の書生にあらずや、
当に課業に是親しむべきの時なり、
何を以て約束を忘れ課業を抛ち倉皇として帰来せしか。


西郷は畳み掛けるようにして上村を叱った。
更に続けて言うには、山本権兵衛が上村以前に帰郷していたとのこと。


先きに山本(伯)も左近允と共に、還り来たれり。
故に同様説諭して、帰郷せしめたり。
君等は他日、日本の海軍を率ゐて国難に当るべきの人なり。
須らく其責任を知らざるべからず。


上村はこの説諭に応じて東京に帰ることにした。
また山本も左近允隼太も西郷の言に納得して帰京しました。
ただ左近允は一旦東京に戻ったものの再度帰鹿、西南戦争に参加して城山で戦没したようです。


西郷邸を辞した後、上村は実家に直帰はせずその隣家に宿泊。
すると翌日早朝から上村はいるかと門を叩く者がおり、隣家の主人が、
「西郷さんの所では」
と気を利かせて言ってくれた為、彼等は西郷宅を訪ねて行った。

後に彼らと会えば
「西郷先生の用で上京するんだって?」
と口々に言う。
西郷は尋ねてきた彼らに
「上村は西郷の要を帯びて再び上京する」
と伝えていたようなのですね。
実際のことを知ると、要らざる諍いが起こる。
上村の身に危険があるかもしれないという西郷の思慮だったようです。

上村は西郷の配慮もあって一週間程鹿児島に滞在した後東京に帰ります。
一方の山本は、西郷に説得されて直ちに東京に引き返そうと思ったらしい。
ただ出身郷中である加治屋町の二才(にせ)ら3・40人が、山本が帰ってきているから話を聞こうと集まった。

そこで山本は時局について一席ぶち、最終的には彼等に自重を促したそうです。
山本。笑
ところがそれで大喧嘩になってしまい、すわ血の雨かと思った時に助けてくれた人が居た。


貴島清


貴島清。
この場に居合わせたのですって。
「危険だから直ちに上京した方がいい。今夜の内に出発しろ」
そう言って逃がしてくれた。
山本は家にも帰らず、そのまま東京に戻っている。

上村も西郷の配慮がなければ山本同じような事態に陥っていたでしょうねえ。
西郷にしても貴島にしてもありがたい先輩だなと思う訳です…


官軍本営跡


西南戦争の大詰め、官軍が本営を置いていたのが旧薩摩藩の米蔵。
現在の鹿児島市役所の辺り。
今回初めて見た…のではないと思うのだけれど、昔の写真ないわー。
初めて?(聞くな
貴島は米蔵襲撃の際に戦死しとります。
そうか、この辺りで亡くなったのですね…


関連記事

帰りなん、いざ

鹿児島の県立図書館、開館時間が平日は夜9時までだった。わーい。
一通り観光した後で閉館時間頃まで郷土資料をいくらか見ていたのですが、なぜか一番盛り上がったのが『上村大将追悼録』っちゅう。
あれ?桐野…

上村将軍言行録』なら持っているのだけれど、この本については存在すら知らなかったので、これは収穫でした。
上村彦之丞が亡くなった翌年、大正6(1917)年の地方出版で非売品である本が開架されていたことに驚いた。


http://blog-imgs-58-origin.fc2.com/m/u/r/murakumo1868/DVC00032.jpg


内容の半分ほどは追悼のために寄せられた詩歌だったのだけれど、所縁ある数人が言行録を寄せています。
野間口兼雄だったり佐藤鉄太郎だったり東郷吉太郎だったり。
東郷は東郷平八郎の甥ね。

早崎源吾は序文を書いていた。
2年程前に既出ですが、覚えている人は少なかろう。
早崎は三笠の初代艦長になります。
三笠兵員のストライキ@イギリスの責任を取らされるような形で予備役に編入されている(「戦艦三笠のストライキ」)。


花田仲之助の名前もあって少し驚いたのですが、そういや薩摩やったなと思いきや会文舎長という肩書で寄稿している。


鹿児島


会文舎、単に薩摩義士の顕彰会が入っている建物(上写真、石碑の右後ろに見えている建物)の名前なのかと思いきや、昔からあったんですね。
財団法人として現存、詳しいことは分からんが近世の郷中が引き続いているような感じに思える…

花田についてもかつて触れました。
といっても名前だけ。
陸軍軍人でして、日露戦争の際は大陸で馬賊を利用した後方活動をしていた(退役後)。

この時の後方活動は3班に分かれておりまして、第1班が花田、第3班が橋口勇馬少佐。
この第3班に加わっていたのが、辺見十郎太の長男、辺見勇彦になります。
ついでに言えば橋口少佐は樺山資紀の甥っ子。(「忘れがたみ~辺見勇彦、馬賊、日露戦争」)


秋山真之、広瀬武夫、上村彦之丞、黒井悌次郎


上村は19歳の時に維新を迎えております。
鳥羽伏見の戦いにも参加しておりまして、所属は5番隊。

ちなみに当時鳥羽伏見当時の薩軍の主メンバー。
2番隊長辺見十郎太、3番隊長篠原冬一郎(国幹)、4番隊長川村与十郎(純義)、5番隊長野津七左衛門(鎮雄)、6番隊長野津七次(道貫) 。

調べたら辺見くんと上村さま同年生まれやったわ…!


上村大将追悼録


桐野の名前も出てきたり…(名前だけな)

戊辰戦争後は海軍兵学寮に入るのですが、明治6(1872)年の所謂征韓論で西郷隆盛が下野するや、上村も勉強を擲って帰鹿します。


続く(すまん…
関連記事

プリペア

そろそろ財部彪日記を見に行くための準備をしなければならないのだが。
前回見に行く際にかなりの下調べをしたので、何となく気持ちがたる~ん。
何と云ふことでせう。

とはいえ見たいと思うところはあってですね!
特に気になっているのは明治32年の部分。
広瀬武夫がロシア駐在、そこへ朝日回航委員の竹下勇、イギリス駐在員の財部彪がやってくる。





その時の記念写真が上のものですが、前列中心に座っているのが上村彦之丞です(中心…
来露したこの御一行様の面倒を主に見ていたのが広瀬でして、ロシアを発つ時も駅でお見送りをしている。

その時にね、上村がちょいちょいと広瀬を呼んで突然ほっぺたにチューするのですよ!
ほっぺにちゅー!(代わってー!)(こらこら

いやー…
私、この話は長らく島田謹二さんの作り話かと思っていたのですがね、竹下勇がとある席の回想で語っておるのですよ。
見てたんか竹下君。
それならきっと財部君も見てるはず。
それにこの一行と広瀬がどういう話をしていたのかとか、そういうのも財部日記からなら分かるのじゃないかと思う。
広瀬書簡を見ていると、広瀬はこの頃、ちょっと悩み多き時期であった節があるので、そういった話を聞いてないかとも思う。

あと財部の縁談の所かなあ…
ほんっと複写物が薄すぎて辛い。
原本見せてもらえないか聞いてみたいのだけど、ちょっと無理そうだよなあ。
1日、2日分だけなのだけれど。

あーやっぱり準備しとかんといかんわ。笑
関連記事
Copyright © 土原ゆうき(ヒジハラ)